男性が好きなはずなのに「男が嫌い」。その原因が父親かもしれないワケ/そんな親、捨てていいよ。毒親サバイバーの脱出記録⑤

マンガ

更新日:2021/12/1

親を捨てたら、人生を取り戻せた。
生きるために毒親から逃げました。』『こんな家族なら、いらない。』の漫画家・尾添椿が、さまざまな毒親サバイバーたちを取材。彼らはどうやって毒親を捨てたのか、そして捨てたことで得られたものとは。毒親「捨て方指南」コミックエッセイ! 今回の主人公は、ライターとして活躍している富岡すばるさん。富岡さんは、ゲイなのに「男嫌い」。数年前に整形した理由は「父親に似た自分の顔が嫌になったから」。いったいどんな父親だったのか、お話を聞きました。

この記事には不快感を伴う描写が含まれます。ご了承の上、お読みください。

そんな親、捨てていいよ。毒親サバイバーの脱出記録

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

こんな家族なら、いらない。【電子限定特典付き】

著:
出版社:
イースト・プレス
発売日:
尾添椿●漫画家。著書『生きるために毒親から逃げました。』『こんな家族なら、いらない。』