彼氏と遊園地デート。観覧車に乗ったら、彼が前のゴンドラの異常に気づいて…/意味が分かると怖い話②

文芸・カルチャー

公開日:2021/12/5

意味が分かると怖い話 (5分シリーズ+)

著:
出版社:
河出書房新社
発売日:

 藤白圭著の書籍『意味が分かると怖い話』から全5回連載でお届けします。今回は第2回です。一見何の変哲もない普通のストーリーのようだけれど、「あれ? 何かがおかしい…」と気づいた瞬間、思わずゾクゾクッとする。そんな“本当の意味”が分かると身の毛がよだつお話をまとめた1分で読めるショートショート69編収録。累計30万部突破の大人気5分シリーズから派生した、病みつき確実の新感覚ホラー短編集!『意味が分かると怖い話』から「観覧車」「家族の異変」を紹介いたします。怖い話が苦手な方は、ご注意ください。

意味が分かると怖い話
『意味が分かると怖い話』(藤白圭/河出書房新社)

観覧車

 遊園地デート。

 ジェットコースターやお化け屋敷などで絶叫しまくり。最後に乗ったのは、定番の観覧車。

 どんどん高くなる中で、彼氏の視線が固まった。

「前の人たち、なんで外を見ていないんだ?」

「高所恐怖症じゃない?」

「なんで片方のシートに集まってるんだよ」

「高いところが怖いんでしょ」

 せっかく二人っきりなのに、一つ前のゴンドラに乗る家族ばかり気にする彼氏に、溜息が漏れる。

「じゃあさ。一切、ゴンドラが傾いていないのはなんでだ?」

 その一言で、観覧車も絶叫マシーンの仲間入りを果たした。

意味が分かると怖い話

ゴンドラの片側に家族が集まっているということは、片側のみに百キロを超える重さが加わっているはず。
にもかかわらず、ゴンドラが傾かないということは、彼らには「重さ」がないということ。
すなわち――人ならざるものであるということである。

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

意味が分かると怖い話 (5分シリーズ+)

著:
出版社:
河出書房新社
発売日:
ISBN:
9784309027098