読みたい本がここにある

微霊感体質まちこ

微霊感体質まちこ

微霊感体質まちこの記事一覧(8件)

誰もいない部屋から聞こえた物音。 小さい頃に見た噴水の水面に浮かぶ不思議な影。 金縛りと布団の上にまたがる「何か」。 友人の新居探しで部屋に入った瞬間に感じた悪寒と視線。 部屋で毎夜、同じ時間に聞こえる「人くらいの大きさの何か」が床に落ちる音。 PCモニタにいつの間にかついていて、いつの間にか消えていた子供の手形。 友人が体験した、夫に憑いたある女性の生霊。 「絶対にいる」とは言えないけれど、今日もやっぱり微妙に感じる微霊感体質・まちこが描く、日常のなかの実話ホラーコミックエッセイ。

●灯まちこ
霊感があるのかないのか自分でもよくわからない、幽霊はいるのかいないのかいまいちよくわからない、でも幼少期から何度も不思議な体験をしている漫画家。
2016年、新コミックエッセイプチ大賞受賞。アメブロトップブロガー。

ツイッター:@toumachiko
ブログ:微霊感体質な私の奇妙で不思議な毎日

RANKING

特集