注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
18件

みうらじゅんの記事一覧

自由奔放、女癖、クズさが魅力!? 「バンドマンの生態」を知るマンガ3選!

 近年、世間を賑わせているバンドマンの恋愛事情。不倫が発覚して謝罪したり、SNSでネタにされたりと、大盛り上がりですよね。バンドマンといえば…

ローラが語る“おせんべい愛”! あなたの「好きすぎるもの」は何ですか?『FRaU』3月号は「偏愛のある人生」特集

『FRaU』3月号(講談社)  「偏愛のある人生」を特集した、ライフスタイル誌『FRaU』3月号が2017年2月10日(金)に発売された。 …

「クソゲー」とは愛情表現の一種!? ファミコン時代に生み出された「クソゲー」の数々を回顧する

『ファミコンクソゲー番付』(マイウェイ出版)  2016年11月10日に発売された『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とい…

音楽の視覚的要素にのみスポットを当てると…。BSの人気深夜番組『笑う洋楽展』が書籍化! 爆笑ものの洋楽映像を紹介する音と無関係な音楽論

『笑う洋楽展』(みうらじゅん、安齋 肇:著/マイクロマガジン社)  音楽とは文字通り「音を楽しむもの」として知られている。しかし、ミュージッ…

台本なし、打ち合わせなしの即興演奏的トーク番組を書籍化! みうらじゅん&安齋肇の『笑う洋楽展』

『笑う洋楽展』(みうらじゅん、安齋肇/マイクロマガジン社) 「『笑う洋楽展』の時間でございます」  みうらじゅん氏のひとネタのあとのこの言葉…

大人になったけどわからないことはわからない。そうだ、みうらじゅん&クドカンに聞いてみよう!

『みうらじゅんと宮藤官九郎の世界全体会議』(みうらじゅん、宮藤官九郎:著/集英社)  子どもにはわからないことも大人になるとわかるはず―。き…

「どうして『寝てない』と言って寝てるの?」 「なんで大人は急いでいるんですか?」子どもの率直な質問へのみうらじゅんの回答が大人にも刺さる

『大人に質問!「大人ってどのくらい大変なんですか?」』(みうらじゅん+児童館の子どもたち/飛鳥新社)  子どもとは実にするどい生き物だ。大人…

サブカルの帝王は努力家で戦略家だった! みうらじゅんの仕事術が明かされる『「ない仕事」の作り方』

『「ない仕事」の作り方』(みうらじゅん/文藝春秋)  「ゆるキャラ」というネーミングとブームの生みの親であり、もらって困るお土産「いやげもの…

「ほんとう」のわたしが分からない青春の彷徨を描いた切ない物語
『自分なくしの旅』(みうらじゅん/幻冬舎)

 一頃、「自分探し」という言葉が、吹き荒れる紅蓮の炎のように列島に渦巻いていた。道を行けば角ごとに自分を探している人がいた。『わたしを見かけ…

ふなっしーの秘密がわかる1冊。じわじわくる写真もいっぱいなっしーー!!
『ふなっしーの本なっしー!!』(ふなっしー/KADOKAWA / 富士見書房)

私の友達にひとり、ふなっしーの大ファンがいます。彼女は、先日行われたふなっしーのDVD発売イベントに行ったらしく、その時撮った動画を嬉しそう…

橋下発言から考えた日本における童貞の差別史

『日本の童貞』(渋谷知美/文藝春秋)  波紋を広げ続けている橋下徹大阪市長の「慰安婦は必要だった」「米軍は風俗営業の活用を」発言。橋下氏本人…

ゆるキャラや様々なブームの発信源・みうらじゅん的ポジティブな生き方
『さよなら私』(みうらじゅん/KADOKAWA )

マンガ家としてデビューしたみうらじゅんさん。今はそれ以外のことが脚光を浴び、もはや何をしている人か分からない。そんな立ち位置にも関わらず、常…

大人気ゆるキャラ 「くまモン」関連本でゆる~く癒される!?

 これまで地道に活動していた郷土のマスコットキャラクターが、みうらじゅんにより「ゆるキャラ」と命名されて以来、がぜん注目を集めるようになった…

壇蜜人気は女性にも? ビッチが女性に支持される理由

 福山雅治やみうらじゅんをはじめ、いま、数多くの男性たちから熱烈な支持を受けている檀蜜。現在公開中の映画『私の奴隷になりなさい』の舞台挨拶で…

人気マンガ家が講義! 京都精華大学マンガ学部に潜入

 近年、マンガを学べる大学が増加している。しかしマンガとは学問として学べるものなのか? 学んだ先にはなにがあるのか? そんな素朴な疑問に応え…

「文系男子は40歳で鬱になる」は本当か!?

 「最近、うつっぽいんだよね」。そんな会話が日常的に交わされるほど、現代はまさに鬱病ブーム。さらには“新型うつ”や“擬態うつ”など、従来の鬱…

注目の新刊 『どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか』 ダ・ヴィンチ2012年2月号

2010年の春、ふとした会話から始まった2人の対談。人生、仕事、そして生と死について、1年にわたり真剣に語りつくした言葉は、多くの人が自分の…

胸を張って宣言します! 「ボク宝に指定します」。そんな大切なもの持ってますか?
『ボク宝〜国宝よりも大切なボクだけの宝物〜』(みうらじゅん/光文社)

「ボク宝」とは、ボクの宝物。 子供の頃、誰しも「宝物」を持っていた。大人から見ればガラクタばっかりなんだけど、自分ではとても大切な物。でも、…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ