注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
63件

イースト・プレスの記事一覧

『狂書伝』『月の森の真弓子』連続刊行! 勝山海百合新作を語る

『月の森の真弓子』(勝山海百合/イースト・プレス)  2014年5月に『狂書伝』(新潮社)、6月に『月の森の真弓子』(イースト・プレス)を連…

注目の新刊 『迷惑メール、返事をしたらこうなった。詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ』 ダ・ヴィンチ2014年2月号

ロト6攻略法、一攫千金、あやしい通販、出会い系、架空請求、海外メールなど、日々受信ボックスに送られてくる迷惑メール(スパムメール)の数々。「…

注目の新刊 『やってはいけない開運術』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

占術研究家のマギーが、NGな開運術を指南。「ネイルが一部はげている」「有名なパワースポットを巡り歩く」「手帳にものをたくさんはさむ」「汚れた…

注目の新刊 『ニャントさん』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

小さな村にやってきた「なんでもや」のニャントさん。誰もおらず薄気味悪く思っていると、子どもが3人いるだけ。「村人たちは妖怪に食べられた」とい…

注目の新刊 『オンナノコウフクロン』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

かわいい子のほうが得をする。でも、幸せになれるかどうかはわからない。結婚2回、42歳で4人目を出産して、ようやく気づいた女のシアワセ。美、オ…

注目の新刊 『おばけにょうぼう』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

「ばけのかわが はがれんようにな」。お見合いの席で、「いろが しろうて、めが ぱっちりで、かわいい くちもとの」娘に、仲人のばあさまがそっと…

注目の新刊 『まんげつのこどもたち』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

「まんげつのよるが きた。さあ しゅっぱつしよう」。満月が怪しく輝く夜、家をそっと出て行く子どもたち。その向かう先には何が待っている? 大人…

「僕と結婚してください」…イケメン神父から、まさかのプロポーズ!?
『恋するエクソシスト』(梨沙/イースト・プレス)

この世界には、普通の人には見えないモノやセカイを見ることのできる人がいると言う。果たして、その見えるモノやセカイというものは、一体どんなもの…

注目の新刊 『クーナ』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

話題のドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(主演:阿部寛、山口智子)に登場するこびと「クーナ」が絵本になった。世界的映画監督と人気イラストレー…

注目の新刊 『原子力宇宙船地球号』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

放射能の問題が深刻な昨今。そんな中、とてつもない小説が飛び出した。度重なる原発事故で、地球上では20億人が死亡。人々は6000万人が搭乗でき…

注目の新刊 『ボクのかしこいパンツくん』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

「イェーイ! ボクはパンツくんだ! ヨロシク!」。算数の授業中に、ボクの白いブリーフパンツが突然しゃべった。そして、ボクたちは友達になった。…

注目の新刊 『新装版 谷川俊太郎の問う言葉答える言葉』 ダ・ヴィンチ2012年11月号

名詩『朝のリレー』から、老境の想いを綴る最新エッセイまで、稀代の詩人の言葉を凝縮した一冊。2008年刊行のベストセラーが、新装版になって登場…

注目の新刊 『十五少年漂流記 まんがで読破』 ダ・ヴィンチ2012年11月号

文庫サイズ、手頃な価格で古今東西の名作をコミックで楽しめる人気シリーズの最新刊。今回も長尺の原作を手際よくまとめている。19世紀半ば、無人島…

注目の新刊 『おにぎりゆうしゃ』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

朝・昼・晩、おやつにもおにぎりを食べるというハルタくん。ついにおにぎりと友達になった彼だが、おさらがめの国でたこのタコベエがあばれていると聞…

あなたの周りにもひとつはあるはず
『嘘みたいな本当の話 [日本版]ナショナル・ストーリー・プロジェクト』(内田樹/イースト・プレス)

本書は、アメリカの一般人が寄稿したショートストーリーを紹介するアメリカのラジオ番組『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』の日本版。選者が内…

深い森の奥で思索する…そんな時間を持ちたいあなたに
『孤独の愉しみ方 森の生活者ソローの叡智』(服部千佳子/イースト・プレス)

著者であるヘンリー・ディヴィッド・ソローなる人物、まったく存じ上げませんでした。が、この本の表紙がなんとも素敵。深い緑の森の苔むす樹木を背景…

注目の新刊 『自省録 まんがで読破』 ダ・ヴィンチ2012年8月号

第16代ローマ皇帝 マルクス・アウレリウス。哲学を熱心に学び、40歳より国を治め、「哲人君主」と尊敬を集めた。災害や領土侵略など数々の困難に…

注目の新刊 『人間仮免中』 ダ・ヴィンチ2012年8月号

夫の借金と自殺、自身の病気と自殺未遂、過激なAV女優業、統合失調症、殺人願望、顔面崩壊と失明……。壮絶な人生を送ってきた女性マンガ家は、25…

本当に「スグ効く!」。即効性に太鼓判!
『1行リフレッシュ術 スグ効く!医師がすすめる疲れをためない方法114』(西多昌規/イースト・プレス)

つい1ヶ月前、引越しをした関係で連日忙殺されているので、迷わずこういうお助け本を買いました。 「本読んでるひまがあれば、片付けろ!」と天から…

思い悩んだときには、体操をしよう
『幸福論 -まんがで読破-』(アラン企画・漫画/イースト・プレス)

恋愛論、人生論、リーダー論、政治論、資本論…。書名に「論」がついただけでもうむずかしそう、めんどうそうで、見ただけで拒否反応。それを、まんが…

死後の旅を完全サポート! 快適な来世を死者の書で!
『死者の書 -まんがで読破-』(バラエティ・アートワークス/イースト・プレス)

「死者の書」とはなんぞや、という部分から入りまして「これこれこういうことなんだよ」と教えてくれた本書です。 初めに「死者の書」という単語を聞…

信頼と利息の果てに、その天秤はどちらに傾くのか
『ヴェニスの商人 -まんがで読破-』(シェイクスピア企画・漫画/イースト・プレス)

シェイクスピアの描く、商売人の鉄則と恋物語のバランスがとても良い作品です。時代背景は大航海時代真っ只中な感じなので、やはり交易を題材にすると…

産業革命も、現代のグローバル化も本質は一緒なんです
『共産党宣言 -まんがで読破-』(マルクス+エンゲルス企画・漫画/イースト・プレス)

著者マルクス&エンゲルスという時点で、おおよそどんな内容かは察しがつくかと思います。 まんがで読破の同シリーズで「資本論」というタイトルも出…

何故、人は神様という装置を生み出したのか
『人間的な、あまりに人間的な -まんがで読破-』(ニーチェ企画・漫画/イースト・プレス)

「ニーチェ」ってよく耳にしますけど一体何を考えていた人なんでしょうね。そんなふとした好奇心がぼくに本書を手に取らせました。 ぼくは駆け出しの…

かつて中国に存在した義理人情がここにあり!
『水滸伝 -まんがで読破-』(施耐庵企画・漫画/イースト・プレス)

本作は僕が「水滸伝」と名の付くものに触れた初めての作品となりました。 漫画ということもあり、おそらくは原典より省かれた面も多々あるかと思いま…

資本主義の正体見たり! そこから浮かび上がる商売の本質とは?
『資本論 -まんがで読破- 』(マルクス企画・漫画/イースト・プレス)

漫画で読破シリーズの『資本論』ですね。資本主義を理解するには避けては通れない教典です。ですが、資本論をちょっとかじりたいというライトな読者が…

あっけらかんとしたブタ公と哲学をかじる
『4コマ哲学教室』(南部ヤスヒロ画/イースト・プレス)

相原コージの「コージ苑」、昔愛読していました。そして私ゴトながら、哲学科出身なので、アンテナにピンとひっかかり購入。 ご愛用のeBookJa…

動物的感覚を呼び起こされる1冊
『カンの正体 「直勘力」で逆境に強くなる』(桜井章一/イースト・プレス)

すみません。麻雀のことは何も知らないのです。著者が伝説の雀士ということも今回初めて知りました。読後、興味が湧いていろいろネットで検索してみる…

123

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ