注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
7件

伊藤潤二の記事一覧

伊藤潤二「漫勉」に登場、ペン入れシーンに大反響

『伊藤潤二傑作集1 富江』上巻(伊藤潤二/朝日新聞出版)  浦沢直樹が人気マンガ家の仕事場に密着し、それぞれの創作の秘密に切り込む番組「浦沢…

伊藤潤二『溶解教室』は、ホラー好きの心を一気につかむ最強のコミック
『溶解教室』(伊藤潤二 /秋田書店)

 一連の「ゾンビ」ものというのは、まことに、つまらねえ映画であるといつも思う。同工異曲の外貌をした死者がギクシャクと現れヒトを喰らい、たまに…

子どもは見ちゃダメ!? ホラー漫画家・伊藤潤二が描く「本当に恐ろしいポケモン」の姿

「ポケモンだいすきクラブ」公式サイトより  あなたは「ホラー漫画」を読んだことはあるだろうか。血しぶきが飛び散る残虐な描写、おどろおどろしい…

『富江』や『うずまき』の伊藤潤二による最悪かつ珠玉のホラーアンソロジー
『新・闇の声 潰談』(伊藤潤二/朝日新聞出版)

テレビドラマ化ならびに映画化された「富江」シリーズや、こちらも映画化された『うずまき』など、摩訶不思議で狂気渦巻く独自のホラーワールドを描き…

魚介類の脅威が人類の生存を脅かす
『ギョ (1)』(伊藤潤二/小学館)

どうやら2012年にアニメ化するという動きがあるようですが、それは読み終わったあとで知りました。これを動画にしようとはなかなか勇気ある試みか…

ホラーが苦手な人にもゼッタイオススメ! 超自然的魔少女の魅力に、身も心も滅ぼされたい!
『富江』(伊藤潤二/朝日新聞社)

富江は誰もが目を奪われる絶世の美少女。 と同時に、ナルシストで自己中心的な、天性の悪女でもあります。    男たちは彼女の魅力に狂わされ、思…

うずまきに支配された街におこる不気味にしておぞましい事件の連鎖
『うずまき (1)』(伊藤潤二/小学館)

仕事柄、連日連夜のべつ本やらマンガやらを手にしているのだが、だんだん作家のイマジネーションが辿る軌跡みたいなものを、ストーリーの中に読み込め…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ