注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
45件

実業之日本社の記事一覧

「朝食を作れるようになったのが小さな幸せ」 元日テレ 馬場典子アナが初エッセイを出版

 日本テレビの看板アナウンサーとして活躍してきた馬場典子さん。2014年6月末に退社してフリーランスとなった“馬場ちゃん”が、先月、初のエッ…

注目の新刊 『はじめからその話をすればよかった』 ダ・ヴィンチ2014年2月号

小説を書く理由、自著の創作秘話&解説、3人の子どもたちを愛おしむ日々、大好きな本や音楽とともにある暮らし……。2004年のデビュー以来のエッ…

注目の新刊 『真田十忍抄』 ダ・ヴィンチ2014年1月号

真田対徳川の裏にある、猿飛佐助と服部党の忍び対決。SF・ファンタジー小説の名手が、歴史上のヒーロー軍・真田十勇士を描いた長編。史実と伝奇を交…

東野圭吾 長編書き下ろし最新作『疾風ロンド』11月15日発売!

 “東野圭吾の新作が「いきなり文庫」で読めるなんて!” ――実業之日本社文庫の創刊記念として刊行され、100万部突破の記録を打ち立てた『白銀…

東野圭吾×実業之日本社文庫 書き下ろし最新刊 『疾風ロンド』刊行

『疾風ロンド』(東野圭吾 実業之日本社)  2013年秋に創刊3周年をむかえた実業之日本社文庫から、東野圭吾氏のミステリー新作『疾風ロンド』…

注目の新刊 『ラヴ・アドゥー』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

新進のマンションディベロッパー・オーキッド社のカリスマ社長、山口青児。既婚ながら次々と女を物色する青児は、自社プロジェクトに参加した美人建築…

注目の新刊 『総理の夫 First Gentleman』 ダ・ヴィンチ2013年9月号

20XX年、日本初の女性総理大臣に選出された相馬凛子。鳥類研究所に勤める夫の日和は、ファースト・レディならぬファースト・ジェントルマンとして…

注目の新刊 『ナイト キャット』 ダ・ヴィンチ2013年9月号

猫は夜行性の生き物。おうちの誰もが眠りについたら、猫たちの時間です。夜はいつも猫たちの味方。ワクワクする冒険が始まります! 愛嬌たっぷりの絵…

『いつかティファニーで朝食を』のマキヒロチが描く、11の日常系ほんわか短編集!
『旅する缶コーヒー』(マキヒロチ/実業之日本社)

「とりあえずビール」と言うよりも、黙って自販機で缶コーヒーを選ぶ背中が好きだ。120円で買えるほろ苦さ。いつでもどこでも同じ、ほっとする味わ…

昭和ネタと野球が大好き高校生探偵の愉快なミステリー
『コミック版放課後はミステリーとともに』(若狭たけし/実業之日本社)

『放課後はミステリーとともに』のコミカライズです。原作は、ドラマ化とか映画化されて超有名、『謎解きはディナーのあとで』の東川篤哉によるもの(…

注目の新刊 『多助の女 盗賊火狐捕物控』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

江戸の下町で若い女性が押し込み強盗に殺される事件が、3度続いた。八丁堀同心の大沢源之進が、数十両の金を奪う連続押し込み強盗一味の首謀者とにら…

注目の新刊 『映画にまつわるXについて』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

脚本やキャスティング、取材やオーディションなど、映画製作の現場にまつわるエピソードをはじめ、映画において裸とはどうあるべきか、震災後に訪れた…

注目の新刊 『[図解]知ってるようで知らない 食べ方の常識』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

手羽先やフライドチキンの食べ方、もつ鍋やお好み焼きの作り方を有名店に聞いた第1部、きれいな食べ方に特化した第3部など、7部構成で98通りの食…

圧倒的に“クロ”! この探偵、ほとんど犯人かも!?
『監禁探偵(1)』(西崎泰正/実業之日本社)

刑事ドラマ、探偵ドラマ。国内外問わず、ミステリーは今や娯楽作品の定番中の定番となりました。センセーショナルな事件性やトリックに趣向を凝らした…

注目の新刊 『桜の首飾り』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

美術館に勤務する私が出会った初老の男性は、狐は人の健全な心を喰うという話をしてくれた――(「春の狐憑き」)。『魚神』で泉鏡花文学賞を受賞した…

注目の新刊 『王妃の帰還』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

聖鏡女学園中等部2年の範子は、仲良しグループとともに平穏な日々を過ごしていた。ところが、公開裁判にかけられた滝沢さんを迎えることになり、グル…

猫と生きること。無骨な愛が切なく染み入る泣ける実話!
『猫なんかよんでもこない。』(杉作/実業之日本社)

4歳の愛猫を前にして「どうしてお前と会ってしまったのだろう!? いつかのお別れなんて耐えられないよぉ!」と出会いにさえ後悔し悩み転げるワタク…

注目の新刊 『禿鷹の要塞』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

16世紀末、キリシタン武将・小西行長率いる3万人の日本軍と、5000人の朝鮮軍が激突した「幸州山城の戦い」。その熾烈な戦いを朝鮮側の僧兵・一…

注目の新刊 『恋愛映画は選ばない』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

目黒花歩里、39歳独身、彼氏ナシ。40歳までのカウントダウンが迫る一年をリアルに描いた長編小説。レストラン街の中華料理店に一人で向かう心情や…

注目の新刊 『一汁一菜 飛田和緒の季節の食卓』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

人気料理家・飛田和緒の「毎日のごはん」を紹介。春夏秋冬それぞれの素材を活かした「ごはんと汁物、おかず1種」が、レシピ・カラー写真付きで全11…

注目の新刊 『初陣物語』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

有名であれ無名であれ武士ならば誰もが体験する初陣を、鮮やかな筆致で切り取った短編集。14歳の信長を描いた「大浜焼き」、信長・秀吉に仕えた名将…

注目の新刊 『煽動者』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

ふだんは善良な一般市民ながらも週末だけ政府転覆をめざすテロ組織の一員として召集されるメンバーが、閉ざされた施設で殺人事件に遭遇。無血主義を貫…

注目の新刊 『ガレキノシタ』 ダ・ヴィンチ2012年11月号

突如、高校の校舎が崩壊し多くの生徒や職員がガレキの下に閉じこめられた。甚大な被害がでたが救助活動は遅々として進まない。救助を待つガレキの下に…

注目の新刊 『さくら聖・咲く 佐倉聖の事件簿2』 ダ・ヴィンチ2012年11月号

中学生の弟を養うため、元大物政治家・大堂の事務所で事務員として働く大学生の聖は、就活真っただ中。卒業後は政治などといういかがわしいものと縁を…

注目の新刊 『金木犀の徴(しるし) 探偵・藤森涼子の事件簿』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

探偵である涼子のもとに姪の静子が訪れた。静子の部屋が何者かに盗聴されているらしいのだ。果たしてその真相は? 表題作のほか、「石楠花の詞」「夾…

注目の新刊 『だれでも簡単、すぐできる! 50℃洗い 驚異の調理法とおいしいレシピ』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

50℃洗いとは、50℃のお湯で食材を洗うこと。この処理で野菜はみずみずしくなり、肉はふっくら、魚は生臭さがとれる。本書は洗い方の具体的方法か…

注目の新刊 『竹島』 ダ・ヴィンチ2012年9月号

日韓の火種になることの多い竹島。28歳の健哉は竹島問題の決定打となる和本を有する老人・坪山と知り合う。健哉は坪山と諮り、外務省相手の交渉に挑…

主婦探偵があるんだから、絵画修復士探偵があってもいいじゃないか!
『時を巡る肖像』(柄刀一/実業之日本社)

美術品といえば、強盗がつきものです。 ―ですが、意外にも美術品(特に絵画)が大っぴらに登場するミステリーは少ない気がします。 ミステリーとい…

孤島に作られた本物そっくりの街でくり広げられる殺人シミュレーション
『七人の証人<新装版>』(西村京太郎/実業之日本社)

西村京太郎というと、十津川警部の「亀さん、(事件の起きた列車に)乗ってみよう」が奥の手で、なぜか弁当食ってる(それも地元の名物の)シーンが挟…

史上最高に真面目なヒロインがステキ過ぎる! 知性渦巻くお仕事小説
『プロトコル』(平山瑞穂/実業之日本社)

平山瑞穂作品の特徴は、と問われたら、「一作ごとに作風が変わること」と答える。マジックリアリズム的手法でファンタジーノベル大賞を受賞した『ラス…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ