注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
13件

恩田陸の記事一覧

「2017年本屋大賞」決定! 大賞は恩田陸『蜜蜂と遠雷』

   全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞 2017」の受賞作が決定した。  ノミネート作品10作品の中から大賞に選ばれ…

大賞はどの作品に!?「2017年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋) 『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)  2017年1月18日(水)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本…

構想12年、取材11年、執筆7年! 直木賞受賞作、恩田陸『蜜蜂と遠雷』大型重版で累計発行部数27万部に!

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)  2017年1月19日(木)に発表された第156回「直木三十五賞」。同賞の受賞作『蜜蜂と遠雷』の大型重版が…

「芳醇な読書体験をさせてくれた作品!」 芥川賞・山下澄人さん&直木賞・恩田陸さんに決まって、多くの読書ファンから納得の声続出!

『しんせかい』(山下澄人/新潮社) 『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)  2017年1月19日(木)に第156回目となる「芥川龍之介賞」と「直…

特別なクリスマスプレゼントに素敵な一冊を! “X’mas”を彩る5冊の本

 街はすでにクリスマスムード一色。サンタさんからのプレゼントを心待ちに待っている子どもたち。家族や友人、大切な人たちと一緒に過ごすひと時を楽…

バイセクシャルの主人公が元カレと再会!? 旅情あり、謎あり、恋ありの恩田ミステリー

『ブラック・ベルベット』(恩田陸/双葉社)  「旅情」という言葉を辞書で引くと、「旅先で感じるしみじみとした思い」といった説明が書いてある。…

バラエティに富んだ優雅なゴーストストーリー
『私の家では何も起こらない』(恩田陸/KADOKAWA / メディアファクトリー)

 ある一軒の家を舞台にした連作形式のゴーストストーリー、つまり幽霊屋敷の話である。しかし恩田陸が怪談を書くと、こうも優雅に、エレガントになる…

ナゾ×学園×アクション! 近未来の日本で刀を武器に戦え!
『雪月花黙示録』(恩田陸/KADOKAWA / 角川書店)

 「イヤでござんす、ペリーさん」と1853年浦賀での黒船来航を語呂合わせで覚えたものだが、当時の人々にとっては「イヤ」では済まない天変地異だ…

【直木賞候補作―(恩田陸)】鳥肌立ちっぱなし! 超能力で大量殺戮!?
『夜の底は柔らかな幻(上)』(恩田陸/文藝春秋)

「智恵子は見えないものを見、聞えないものを聞く。」「わたしをよぶ声をしきりにきくが、智恵子はもう人間界の切符を持たない。」高村光太郎は晩年の…

注目の新刊 『夜の底は柔らかな幻(上・下)』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

犯罪者や暗殺者たちが住み、国家権力さえ及ばぬ無法地帯である〈途鎖国〉。特殊能力を持つ〈在色者〉たちがこの地の山深く集うとき、創造と破壊、歓喜…

実写化熱望! 臨場感、迫力満点の恩田陸版『ガラスの仮面』
『チョコレートコスモス』(恩田陸/KADOKAWA / 角川書店)

久しぶりに読み直してみて、「なぜこの作品がまだ実写化していないのか!」と地団駄を踏んでしまいました。 伝説の映画プロデューサーによる「女二人…

恩田陸、角田光代、辛酸なめ子らが笑った本

 『考える人』(新潮社)夏号の、「“笑いの本”マイ・ベスト3」がおもしろい。作家や学者、ミュージシャンなど著名人総勢38人が「笑い」について…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ