注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
12件

日本文芸社の記事一覧

岡村星×犬山紙子 本音ダダ漏れのトークイベント開催

『ラブラブエイリアン』(岡村星/日本文芸社)  マンガ家・岡村星の新刊『ラブラブエイリアン』の刊行を記念して、ゲストにブロガーでコラムニスト…

長瀬智也・剛力彩芽主演でドラマもスタート! 『クロコーチ』単行本1・2巻同時発売

『クロコーチ(1)』(リチャード・ウー/作 コウノコウジ/画 日本文芸社) 『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で連載中のマンガ『クロコーチ』(…

注目の新刊 『決定版 日本史新聞』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

「列島南北で“縄文都市”誕生」「平清盛――太政大臣に就任」「ペリー艦隊、浦賀来航」などなど、縄文時代から西南戦争までを新聞記事そっくりの体裁…

注目の新刊 『立ち止まれば、見えてくるもの 悲しみを喜びに変える352の呟き(ツイッター)』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

フォロワー数12万人を擁するカリスマTwitterユーザーにして、ハーバード大学で修士号を取得した異色の韓国人僧侶、恵敏(ヘミン)によるエッ…

ザ・松田って、誰ですか?
『ザ・松田 ブラックエンジェルズ (1)』(平松伸二/日本文芸社)

小学生のとき、「北斗の拳」見てました。内容はほとんど覚えていないのですが、当時「戦う男」の代名詞だったように思います。ニヒルでカッコイイ。言…

ミナミの金貸しにお金の価値を学ぶ
『ミナミの帝王1』(天王寺大/日本文芸社)

主人公の萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)は、トイチの金貸し。トイチというのは、お金を借りると10日で1割の金利がつくこと(じつに年利365%…

美味しい「名古屋メシ」の数々をマンガで紹介。読むと食べに行きたくなる!? 
『美味しい名古屋を食べに行こまい』(榊こつぶ/日本文芸社)

世の中、ご当地グルメとか名物料理なんてものが全国各地にいろいろありまして、俺なんかもときたま1人でバイクを転がしたり、仲間とレンタカーを借り…

おぞましさの美を描いた芥川の代表的傑作をコミック化
『マンガで読む名作 地獄変・河童 1巻』(芥川龍之介/日本文芸社)

芥川龍之介というのは芥川賞のゆかりになっているからパリパリに糊のきいたような純文学作家みたいな気がするけれど、どうしてたいへんな物語作家だ。…

スポーツ根性ものに経済観念を盛り込んだ、三田紀房の初期の意欲作
『クロカン (1)』(三田紀房/日本文芸社)

「ドラゴン桜」「マネーの拳」「砂の栄冠」で有名な三田紀房が描いた高校野球マンガ。というより、むしろ高校野球監督マンガ。    主人公は高校野…

色・大きさ・草丈・季節から花の名前がわかる! マメ知識も楽しいiPhone用の花図鑑
『季節の野草・山草図鑑』(ロゴヴィスタ株式会社)

「あ、きれいな花。なんて名前だろう?」 道端に咲く草花を見かけてそんな風に思うこと、誰でも経験ありますよね? でも小さな疑問は、慌ただしい日…

素直に読んで犬の生きざまに熱くなる! 「犬が…」と突っ込みながら読み、2倍楽しめる!!
『銀牙伝説ウィード1』(高橋よしひろ/日本文芸社)

「おい! 傷つけるなよ オレの女に!!」「いや…離して…」「何よ あんな女… 幸せそうな面(ツラ)しやがって」「やめろよ 今時そんなのキモイ…

田舎のモーテルを舞台に、ワケありな人々が入り混じり取り乱しまくるノンストップ☆群像活劇
『MOTEL(モーテル)』(岡田ユキオ/日本文芸社)

「かっこいいのに、エロくておもしろい」とか、ほんっとタチ悪いですよねー。 もうね、何だかんだ言っても夢中にさせられちゃうんですよ。そして、す…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ