注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
12件

津田大介の記事一覧

そうだったのか! 池上彰と津田大介が教える「テレビ・新聞・ネット」を読む技術

『池上彰×津田大介 テレビ・新聞・ネットを読む技術(中経の文庫)』(KADOKAWA)  テレビのニュース解説でおなじみの池上彰と、ウェブメ…

在日コリアン×日本人の純愛コミックが23年の時を経て、単行本化された理由 【津田大介×津田ひろみ対談<前編>】

『夜明けのエレジー』(津田ひろみ/双葉社)  2015年8月15日。終戦から70年を迎えたこの日は、韓国にとっては日本からの解放70年であり…

津田大介「日韓関係の今後に対して、半分は悲観的だけど、半分は楽観的」【津田ひろみ×津田大介対談<後編>】

『夜明けのエレジー』(津田ひろみ/双葉社)  在日コリアンと日本人の国際恋愛を描くコミック短編集『夜明けのエレジー』(津田ひろみ/双葉社)の…

注目の新刊 『メディアの仕組み』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

アナウンサー出身で、テレビでニュース解説者として絶大な人気を誇る池上彰。ネットメディアを黎明期から活用し、その可能性に言及し続けてきた津田大…

注目の新刊 『Tweet & Shout ニュー・インディペンデントの時代が始まる』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

デジタル・メディアの変遷と音楽との関係、さらに政治などへの影響をメディア・アクティビストが紐解く。日々激変するコンテンツ業界で、既存の仕組み…

Kindleストアで年間ランキング1位を獲得した、津田大介氏入魂の一作!
『ウェブで政治を動かす!』(津田大介/朝日新聞出版)

古くはWinMXやWinny等のファイル共有ソフトウェアのエキスパートとして、最近ではベストセラーである自著『Twitter社会論』のiPh…

衆議院解散後1週間で売れた政治本ベスト5

自民党の安倍総裁が年内の衆議院解散を求めたのに対し、野田総理は今月14日に宣言してとうとう16日に解散したラコね。第46回の衆院選は、12月…

特に、Twitterを情報収集のツールとして使う方法を知りたい人へ
『情報の呼吸法』(津田大介/朝日出版社)

『情報の呼吸法』。 なるほど、うまいタイトルだと思いました。 「情報とは吸うだけではなく、吐き出すものである」 まさにそのとおりで、ジャーナ…

津田大介さんや岩井志麻子さんも参戦!「角川文庫×ナマケット」夏の“生”書評バトル、決戦迫る!

 「祭」をコンセプトにした今夏の角川文庫は、「今年も本がワッショイ!ワッショイ!」をサブテーマに、にぎやかなフェアを開催中です。今年の目玉は…

「電子書籍アワード2012」受賞作7作品いよいよ発表!

電子書籍の文化や市場を活性化することを目的として昨年創設された「電子書籍アワード」。第二回の受賞作がいよいよ3月21日(水)に発表される。…

東日本大震災で活躍したTwitter。マスメディアを超える日がくる?
『Twitter社会論 Deluxe Edition』(Natasha)

震災でツイッターがさらに注目されています。震災直後音声電話等すべてがつながらないなか、3G回線のツイッターはつながったからです。    津波…

電子書籍ビジネスの理論&実践がこの1冊で学べる最高の教科書
『ブックビジネス2.0 ウェブ時代の本の生態系』(Jitsugyo no Nihon Sha)

3月25日にiPad2の発売も決定され、今後ますます熱を帯びていきそうな電子書籍業界。この書籍は、そんな電子書籍業界をビジネスの側面から考え…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ