注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
43件

立花ももの記事一覧

ファン垂涎! 写真集代わりにもなる、向井理主演舞台の電子パンフレット
『舞台ブルボン プレゼンツ 「ザ・シェイプ・オブ・シングス〜モノノカタチ〜」公演プログラム』(HoriProInc./HoriProInc.)

かわいい女の子が大好きです。 宮崎あおいとか蒼井優とか、もう、見るだけでうっとり。かつて黒川智花の写真集を買おうか本気で悩んで、6歳下の妹に…

ラノベ風味の極上大河ロマン! 琉球版「とりかえばや物語」は学べて笑えて面白い
『テンペスト 第一巻 春雷』(池上永一/KADOKAWA)

「テンペスト」というのは「嵐」の意ですが、同作はまさしく吹き抜ける嵐のようなエンターテインメント。「琉球」という言葉の響き、表紙のいかめしさ…

30代独身男の子育て! ゆっくりやさしく「家族になる」ことを教えてくれるコミック
『うさぎドロップ (1) (FC (380))』(宇仁田ゆみ/祥伝社)

松ケンがイクメンに挑戦!といった煽り文句で宣伝された映画『うさぎドロップ』。アニメ化も決定し、いまやイクメン漫画の代表格(イクメンという造語…

あまりの濃さに説明不可能! とにかく読んでほしい、ファンタジー×キャラクター小説
『放浪の戦士 - デルフィニア戦記1』(茅田砂胡/中央公論新社)

高校時代、全16巻を3日で読破したこの小説。 やはり同じ勢いで読んでしまい、「わー楽しかった!」と大満足だったのですが、いざレビューを書こう…

すべての片恋妄想人に捧げたい。滑稽、痛快、愚かしくも愉快な青春小説
『夜は短し歩けよ乙女』(森見登美彦/KADOKAWA)

森見作品は何冊か読んでいましたが、気になりつつもなんとなく手つかずだったこの小説。2007年の本屋大賞では惜しくも2位でしたが直木賞候補にも…

仕事帰り、道端に好みの男子が落ちてたら――忙し女子へ、癒しのべた甘小説
『植物図鑑』(有川浩/角川書店)

とにかく胸きゅんしたい、どきどきしたい、ときめきたい、恋がしたい…という人におすすめなこの1冊。いつまでも夢を見ていたい大人女子にぴったりの…

練られた伏線と魅力的なキャラクター! ラノベとあなどるなかれ、青春小説の傑作!
『涼宮ハルヒの憂鬱』(谷川流/KADOKAWA)

なんかもうね。9巻も一気読みすると言いたいことがありすぎて、文字数足りません。むり。だって思っていたよりすげえ面白かったんだもん! 偏見もっ…

ホームズやポアロにひけをとらない名探偵! 謎解き爽快感と悲哀に満ちたミステリー
『トーキョー・プリズン』(柳広司/KADOKAWA)

柳広司さんにハマったのはご多分にもれず『ジョーカー・ゲーム』がきっかけですが、こちら『トーキョー・プリズン』も、文体の軽妙さと思わず引き込ま…

実写映画が待ちきれない! のぼう様にうっかり惚れてまう、コミカルな大河ロマン
『のぼうの城 上』(和田竜/小学館)

あまりに話題だったので「ふふん、そんな前評判には乗らなくてよ」と斜にかまえて読み出したものの、中盤まんまと涙しそうになり、すっかりのぼう様の…

常識&記憶力なしの名探偵! 元論理学教授と三つ子姉妹が織りなす最強のミステリー
『名探偵夢水清志郎事件ノート (1) そして五人がいなくなる』(はやみねかおるまんが/講談社)

みなさんにとっての「名探偵」って誰ですか? ホームズだったりポアロだったり、金田一耕助だったり少年だったり、いろいろいるかと思いますが私にと…

ホラー×ミステリー×キャラクター! 怖いのにコミカル、しかも泣ける贅沢一級品
『ゴーストハント (1)』(小野不由美/講談社)

怖い話は苦手です。   『グレムリン』で泣き、『スクリーム』を観れば1週間も悪夢にうなされ、『リング』は小学生の妹を抱えて大絶叫(呆れた彼女…

懐かしの名ドラマ原作! 何度でも会いたい、池袋のアウトローたち
『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)シリーズ』(Bungeishunju Ltd.)

上京してすぐのころ、池袋西口公園で「おお! ここがウエストゲートパーク!」と感動したものです。ちなみに新宿駅では、椎名林檎の歌をなぞって感激…

ダイエットにも有効! 心をすっきり整理させたい人へ、適切に「考える」ための整理術
『考えない練習』(SHOGAKUKAN INC.)

これはもしかしたら新しいタイプのダイエット本だったのかもしれない……!!    と、第5章「食べる」を読んで驚愕。ちょっと前に話題になったこ…

おかしみあふれていとおしい、コミカルな図書館青春小説
『図書館の神様』(瀬尾まいこ/筑摩書房)

夢をあきらめ、さしたる目標もないまま、なんとなく教職をとって高校に赴任した清。 なぜか、文芸部の顧問に任命されたのをきっかけに、熱意もやる気…

長い! でも不思議とハマる。初恋小説の匂いが薫る、ちょいミス時代小説
『蝉しぐれ』(Bungeishunju Ltd.)

最初に申し上げておきますが、文庫とはいえ非常に長い小説です。だって本文終了、1247ページです。文句なしに大長編。でも気づいたらハマっていて…

恋も仕事も両方欲しい! 幸せを求める女はいつでも誰でも貪欲
『サプリ (1)』(おかざき真里/祥伝社)

女って怖いね! 欲張りね! 肯定的な意味でね!    いやあ、これはハマりますね。ebookjapanでは6巻まで公開されていますが、あまり…

優しくてあったかい、家族になっていく二人の食卓&お弁当レシピ・コミック
『高杉さん家のおべんとう 1』(柳原望/KADOKAWA)

レシピになるマンガの人気の理由って、“シチュエーション込みで楽しめる”ことだと思うんですね。   ほら、誰もが憧れる「ハイジの白パン」! あ…

心静かに、でも明るくやさしい気持ちになりたいときに。手書き文字とイラストに癒される短歌集
『枡野浩一短歌集 ロングロングショートソングロング(字と絵=後藤グミ)』(solosolo)

詩とか短歌とか素敵にたしなめる女子になりたいなーと思い続けて20うん年が経ちますが、いまだに野望は達成されておりません。ごくごくたまにピンポ…

冷蔵庫にあるものでぱぱっと…忙しい&初心者にぴったりのレシピ本
『酒肴道場』(株式会社Media Shakers)

仕事がおわって、ああつかれた~すぐ食べたい~、でも冷蔵庫には半端に残った野菜だけ、あーもうどうすんだーめんどくさーい、買って帰るかー、なんて…

『ご近所物語』のキャラも登場! 1コマ1コマが胸に突き刺さる号泣必至の恋愛コミック
『Paradise Kiss (1)』(矢沢あい/祥伝社)

えー、向井理さんについて先日熱く語りすぎましたが、例のパンフレットの巻末に映画『パラダイス・キス』の広告がありまして、久しぶりに読み返したく…

『ご近所物語』のキャラも登場! 1コマ1コマが胸に突き刺さる号泣必至の恋愛コミック
『Paradise kiss (1) (Feelコミックス)』(矢沢あい/祥伝社)

えー、向井理さんについて先日熱く語りすぎましたが、例のパンフレットの巻末に映画『パラダイス・キス』の広告がありまして、久しぶりに読み返したく…

『ご近所物語』のキャラも登場! 1コマ1コマが胸に突き刺さる号泣必至の恋愛コミック
『Paradise Kiss/矢沢あい』(hagiwara Printing co.)

えー、向井理さんについて先日熱く語りすぎましたが、例のパンフレットの巻末に映画『パラダイス・キス』の広告がありまして、久しぶりに読み返したく…

義理人情あふれる、これぞ浅田節! 自衛隊が舞台の泣けて笑える青春グラフィティ
『歩兵の本領』(浅田次郎/講談社)

唐突ですが私、自衛隊に入隊したことがあります。 大学2年の秋。「自衛隊行くんだ!」とうきうきしている私に、周囲はまったく理解を示してくれませ…

このエロかわいさ、クセになる! 沫野家5姉弟のちょっと不埒な恋模様
『DROPS』(阿仁谷ユイジ/太田出版)

もともとはBL漫画家として人気の著者ですが、わたしはこの作品が初読。 両親を亡くした沫野家のコドモタチ、それぞれの恋愛をオムニバス形式で描い…

旅のお供の旅本にこそ持ち運び便利な電子書籍を。楽しくて便利な機能が満載です!!
『ことりっぷ - 女性向け旅行ガイドブック 働く女性が週末に行く、2泊3日の小さな旅を提案します。』(Shobunsha Publications)

どこでも持ち運べてかさ張らないのが大きな利点でもある電子書籍ですが、旅のお供の旅本は、まさにこの電子書籍の良さを一番に発揮するものだと思いま…

おとぎ話のような世界が一転、生物の教科書に。絵本と知識の融合
『ヌカカの結婚』(Muu Muu Co.)

皆さま、虫や昆虫はお好きですか。   わたしは嫌いです。というか苦手です。こわいです。生物の生態って実はおもしろい、ということを知ってはいて…

常に全裸のイケメンと馬鹿な大人に疲れた処女のルームシェア! やりたい放題感が大爽快
『ドントクライ、ガール』(ヤマシタトモコ/リブレ出版)

やー、笑った! 変態とギャグと恋愛のコラボレーション! もう最高! と、読み終わって大興奮。ますますヤマシタさんが好きになりました。 このレ…

恋する(あるいは恋したことのある)乙女の必読書! 決して古びない初恋コミック
『小さな恋のものがたり (1)』(みつはしちかこ/学研パブリッシング)

「私の片恋の思い出は、あの遠い、夕やけ色をしたびわの実のように、今もなお、心の奥にはほのかなあかりをともしていて、寂しいときや、つらいときな…

男の子ってなんでこんなに馬鹿なんだろう…呆れるほどにうらやましいオチコボレ高校生の青春
『レヴォリューション No.3』(金城一紀/KADOKAWA)

チーム男子の代表作ともいえる『レヴォリューション No.3』。 ご存知『SP』の原作者、金城一紀さんの作品。 馬鹿騒ぎに全力をそそぐオチコボ…

努力、根性、勝利、ライバル! 少年マンガの王道を見事にとりいれた女子の青春スポーツ小説
『武士道シックスティーン』(Bungeishunju Ltd.)

引く手あまたの才能をもった主人公が、宿命のライバルを追って高校へ入学し、雪辱を果たすためライバルに近づくも、向こうは自分なんかを覚えていなく…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ