注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
17件

綿矢りさの記事一覧

松岡茉優が恋愛ド素人OL役に! 綿矢りさ原作「勝手にふるえてろ」で映画初主演決定

 『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさの恋愛小説『勝手にふるえてろ』が2017年に映画化されることが発表された。主演に…

“遊び”に人生をかける“怪物”たち! 岸田繁(くるり)、前田敦子、綿矢りさを魅了した犬童一心の初小説『我が名は、カモン』

『我が名は、カモン』(犬童一心/河出書房新社)  「ジョゼと虎と魚たち」、「のぼうの城」など数々の名作映画を手がけた映画監督・犬童一心の初小…

再び大地震に襲われたらあなたはどんな行動をとりますか?
『大地のゲーム』(綿矢りさ/新潮社)

 根を下ろして生活していたはずの大地が揺れ、大切にしてきたものを全て失ったとしても、私はこの地を離れられないだろう。過去への未練か執着か。そ…

注目の新刊 『大地のゲーム』 ダ・ヴィンチ2013年9月号

私たちは、世界の割れる音を聞いてしまった――。大暴れした大地は、ふたたび高らかな咆哮を上げるのか? 機能不全に陥った国家と、ひとりのカリスマ…

やっぱり恋愛は御法度!? 綿矢りさが描く、アイドルの栄光と凋落!
『夢を与える』(綿矢りさ/河出書房新社)

 「笑って! 笑っているだけで良いんだよ! 何も考えなくて良いよ!」  たまにモデルの仕事をするのだが、そんな言葉を掛けられることも多い。受…

オタク女子の部屋をのぞき見! 濃すぎる写真集が話題

 売り上げは130万部を超え、2012年上半期のベストセラーにおいても総合2位に選ばれた『人生がときめく片付けの魔法』(近藤麻理恵/サンマー…

なぜ、彼氏は結婚を先延ばしにしたがるのか?

 カップルが長く同棲生活を続けるうち、何となく結婚のきっかけを逸してしまうというのはよくある話。こういった“同棲モノ”で言えば、最近だと日暮…

デジタル雑誌「yomyom pocket」が始動

 21日より、デジタル雑誌『yomyom pocket(ヨムヨム・ポケット)』が、オープンした。  『yomyom pocket』は新潮社の…

血液型「川柳」&「あるある」を大募集!

 『B型自分の説明書』(Jamais Jamais/文芸社)をはじめ、あなたの血液型「自分の説明書」シリーズが大反響を記念して、キャンペーン…

子役&アイドルブームを予見!? 早すぎた綿矢りさの小説

 “こども店長”の加藤清史郎のブレイクにはじまり、大ヒットドラマ『マルモのおきて』でピークを迎えた子役ブーム。芦田愛菜に鈴木福、『家政婦のミ…

注目の新刊 『ひらいて』 ダ・ヴィンチ2012年9月号

華やかで高慢な女子高生・愛が、もっさりした男子高校生・たとえに恋をした。だが彼には中学時代からつき合っている恋人がいて……。やみくもに、自分…

綿矢りさ、最新作はライトノベル!?

 綿矢りさの新作はなんとライトノベル!?…

『1Q84』聖地巡礼のススメ

 社会現象となった村上春樹の長編小説『1Q84』。待望の文庫版も、完結となる『1Q84 BOOK3〈10月-12月〉前編』『1Q84 BOO…

大江賞受賞の綿矢りさ、最新作は百合小説!?

 『かわいそうだね?』で第6回大江健三郎賞を受賞した、綿矢りさ。17歳でのデビュー以来、寡作だった綿矢だが、ここ2年ほど精力的に作品を発表し…

あなたにはありますか? 愛しさよりも、もっと強い気持ちで”蹴りたい背中”
『蹴りたい背中』(Kawade Shobo Shinsha Ltd. Publishers)

レビューであれ、個人の日記ブログであれ、なんらかのまとまった文章を書く場合、筆者は、文章の始め方には特に気を使うものですよね。ましてや小説と…

当時17歳のベストセラー作家、綿矢りさによる「自称変わり者の寝言」
『インストール』(Kawade Shobo Shinsha Ltd. Publishers)

もうどうにでもなーれ、って思ったこと、ないですか? 自称変わり者の脱力系な女子高生、朝子は、学校生活からドロップアウトすることを決めて不登校…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ