注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
8件

芥川龍之介の記事一覧

TVアニメ「文豪ストレイドッグス」とのコラボで『人間失格』など名作文庫の売上好調

 宮野真守、神谷浩史、上村祐翔などの豪華声優の共演でも話題のTVアニメ『文豪ストレイドッグス』の放送を記念し、角川文庫では3月より太宰治『人…

だいだい10ページ。“史上最も肩のこらない文学入門” 中島敦『山月記』を読む

 有名すぎて、今さら読んでいないとは言えないあの名作…。有名すぎて読んだのかまだだったのか自分でもわからなくなってしまったあの傑作…。いまさ…

作家がみんな、読書好きとは限らない? 芥川龍之介から朝井リョウまで、偉大なる作家たちの本に対する想い

『本なんて! 作家と本をめぐる52話』(芥川龍之介、朝井リョウ、浅田次郎ほか/キノブックス)  今年、著書『火花』(文藝春秋)で芥川賞をとっ…

火に焼かれる娘さえ見殺しにする壮絶な“創作欲”―芥川龍之介『地獄変』| 連載第6回

『地獄変』(芥川龍之介) 「愛おしき変態本」第6回は、日本一有名な文学賞である「芥川賞」にその名を残す、大正時代に活躍した芥川龍之介の『地獄…

「怖くて不思議な文学展」開催 東雅夫講演、京極夏彦展も

『怪談えほん いるの いないの』(作:京極夏彦 画:町田尚子/岩崎書店)  香川県高松市の菊池寛記念館にて、菊池寛記念館第23回文学展として…

【青空文庫で名作を】 読むほどに痩せる! 湿っぽいとはいわせない。純文学の業火をくらう!
『蜘蛛の糸』(芥川竜之介/青空文庫)

インフェルノ!! 読み終えて感じたのは、まさしくそんな感覚でした。焦げ臭いというか、まるで自分が燃した紙きれみたく、チリチリと赤熱するような…

つぶやきシローの青空読書 芥川龍之介の『地獄変』を読んだよ

ツイッターフォロワー数 50 万人のつぶやきシローが大人になった今だからこそ読みたい、なぜか青空が似合う文豪たちの名作文庫を真面目に読書…

おぞましさの美を描いた芥川の代表的傑作をコミック化
『マンガで読む名作 地獄変・河童 1巻』(芥川龍之介/日本文芸社)

芥川龍之介というのは芥川賞のゆかりになっているからパリパリに糊のきいたような純文学作家みたいな気がするけれど、どうしてたいへんな物語作家だ。…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ