注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
29件

誉田哲也の記事一覧

高杉真宙主演で誉田哲也『世界でいちばん長い写真』実写映画化決定! ファンからは期待の声続々

『世界でいちばん長い写真』(誉田哲也/光文社)  実話を基にした青春群像小説『世界でいちばん長い写真』が、高杉真宙主演で2018年に映画化さ…

歌舞伎町が再び血に染まる…誉田ノワールの真骨頂『歌舞伎町ダムド』ついに文庫化!【インタビュー】

『ジウ』の戦慄から6年――伝説の殺し屋集団〈歌舞伎町セブン〉が、新宿の裏社会に現れた! 誉田ノワールの決定版として話題を呼んだ『歌舞伎町セブ…

誉田哲也氏最新作は、「ジウ」×「姫川玲子」の衝撃のコラボ作品!動機も真実も闇に堕ちる戦慄のノワールサイドとは

『硝子の太陽N ノワール』(誉田哲也/中央公論新社)  誰だって、闇の世界に溺れたくなる時がある。それは、理不尽な事態に直面した時。全うな道…

【ダ・ヴィンチ2016年7月号】誉田哲也特集番外編

編集T 『ストロベリーナイト』の登場で、警察小説というジャンルに全く新しい風を吹かせた「姫川玲子」シリーズ、サスペンスとアクションが熱い、ダ…

警察小説や青春小説だけじゃない! 誉田哲也版『世にも奇妙な物語』

『あなたの本』(誉田哲也/中央公論新社)  ホラーや不思議な物語は、何も夏だけに楽しむものではない。寒さが厳しい季節に読むのもなかなか味わい…

歌舞伎町が騒ぐ・揺れる!誉田哲也が描く歌舞伎町アンダーグラウンドエンターテインメント第2弾

『歌舞伎町ダムド』(誉田哲也/中央公論新社)  新宿・歌舞伎町は、おそらく日本で最も有名な繁華街である。深夜・早朝を問わずに眠る事を知らず、…

誉田哲也『ストロベリーナイト』スピンオフ作品が無料公開

『ストロベリーナイト』(誉田哲也/光文社)  誉田哲也の小説『ストロベリーナイト』のスピンオフ作品「落としの玲子(全5話)」が無料公開される…

「姫川玲子」シリーズ番外編が読める! 誉田哲也書き下ろし新作を無料公開

とある広場で“あの人”と 今月の“あの人”は…「姫川玲子」シリーズの 姫川玲子(ひめかわれいこ) 『ストロベリーナイト』 誉田哲也 / 光文…

彼らが売れっ子作家になれた理由とは。作家志望者は読むべき1冊
『作家の履歴書 21人の人気作家が語るプロになるための方法』(阿川佐和子/KADOKAWA / 角川書店)

 作家になるには努力が必要。作家志望者は新人賞に応募したり、WEBで発表したり、出版社に持ち込んだりとさまざまなことを行う。作家になる道はい…

読売新聞×ダ・ヴィンチ ミステリーブックフェア2014 スペシャル記事 誉田哲也編

今回のフィーチャーは……誉田哲也 誉田哲也さんをフィーチャーしたスペシャル記事をお送りします! お子さんとの交流と趣味が融合した、とっておき…

人気ミステリ作家集結! すべて新作、オール読み切り
『宝石 ザ ミステリー 〈3〉 ― 電子特別版』(小説宝石編集部/光文社)

 今をときめく人気ミステリ作家による、オール新作のアンソロジーの3巻目である。紙では毎年年末の恒例だが、いずれもやや遅れて電子化されており、…

読売新聞×ダ・ヴィンチ ミステリーブックフェア2014 【座談会】今野 敏×貫井徳郎×誉田哲也×湊 かなえ

全国のフェア参加書店で実施している「ミステリーブックフェア」。2014年の実施にあたり、ミステリー作家4名によるスペシャル座談会が行われまし…

注目の新刊 『Qros(キュロス)の女』 ダ・ヴィンチ2014年2月号

「週刊キンダイ」芸能記者の矢口慶太は、CMで話題沸騰中の美女「Qrosの女」の正体を探るが、核心に迫る情報を得られない。共演した俳優の自宅に…

超能力で何でも解決? いやいや、そんなに甘くない
『増山超能力師事務所【電子版限定特典付き】』(誉田哲也/文藝春秋)

『ストロベリー・ナイト』でぐちゃぐちゃどろどろの猟奇殺人事件を描き、『武士道シックスティーン』で瑞々しい青春スポーツ友情ものを描いた著者が、…

注目の新刊 『増山超能力師事務所』 ダ・ヴィンチ2013年9月号

いまや超能力が事業認定される世の中。増山超能力師事務所では、所長の増山はじめ、能力も見た目も凸凹な5人の所員たちが、浮気調査や家出人探しなど…

青春、思い出しませんか? あのころに戻れる青春小説!
『世界でいちばん長い写真』(誉田哲也/光文社)

いつも一緒だった親友が転校してから、冴えない毎日を送っている主人公・宏伸。何もやる気が起きず、唯一参加している写真部でも、幽霊部員化し部長に…

連続する凄惨な撲殺事件を追う姫川玲子。疾走感抜群のシリーズ5作目
『ブルーマーダー』(誉田哲也/光文社)

『ストロベリーナイト』、『ソウルケイジ』、短編集『シンメトリー』、『インビジブルレイン』、と続いてきたベストセラーシリーズ姫川ものの第5弾で…

質の追求で民放ドラマと差別化WOWOWの「連続ドラマW」

 地上波のテレビドラマの視聴率が振るわないなか、WOWOWオリジナルのドラマシリーズ「連続ドラマW」が存在感を増している。作品の質が高いとい…

真っ白な少女を掻き乱す妖艶な罪人たちの、罪深く見苦しい告白本
『月光』(誉田哲也/中央公論新社)

人間のどろどろとした欲望や、登場人物達の愛狂う姿に幾度となく目を背けました。 身勝手だ、卑怯だ、卑劣だ、 そういった描写の中に見え隠れする、…

ただのスピンオフじゃない、「姫川玲子シリーズ」アナザーストーリー
『感染遊戯』(誉田哲也/光文社)

代表作「ストロベリーナイト」のドラマ化で広く認知され、今や日本で一番有名な警察小説となった感のある、誉田哲也の姫川玲子シリーズ。この「感染遊…

注目の新刊 『痛み』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

犯罪と量刑のあり方を問う「見ざる、書かざる、言わざる ハーシュソサエティ」(貫井徳郎)、警視庁保安課刑事と通訳捜査官の活躍を描く「シザーズ」…

すでに“警察小説”の人気ブランド、「姫川玲子シリーズ」の長編エピソード
『インビジブルレイン』(誉田哲也/光文社)

“警察小説”とされる作品は、すばらしいものから殆ど読む価値のないものまで、それこそ掃いて捨てるほどある。それだけ人気が高く、裾野の広いジャン…

注目の新刊 『あなたの本』 ダ・ヴィンチ2012年4月号

映像化された『ストロベリーナイト』『ジウ』、爽やかな剣道小説『武士道シックスティーン』などで絶大な人気を誇る著者。しかし警察小説や青春スポー…

『ストロベリーナイト』作者・誉田哲也 「最初に目指したのはマンガ家だった」

 子供の頃はマンガ家に憧れ、青春時代はプロのミュージシャンを目指していたという誉田哲也。30歳を機に小説家の道を選んだのも、やはり自分の内な…

作家・誉田哲也が、椎名林檎に破られたミュージシャンの夢

 子供の頃はマンガ家に憧れ、青春時代はプロのミュージシャンを目指していたという誉田哲也。30歳を機に小説家の道を選んだのも、やはり自分の内な…

竹内結子語る『ストロベリーナイト』姫川玲子が特別な理由

 誉田哲也初のテレビドラマ化作品となった『ストロベリーナイト』(光文社)。2010年11月、スペシャル版として放映され、好評を博したのも記憶…

注目の新刊『ドルチェ』ダ・ヴィンチ2011年12月号

練馬署強行犯係・魚住久江、42歳。いまどき肩身の狭い喫煙者。本部への復帰を断りつづけ、所轄を渡って10年が過ぎた。みんなに頼られてしまう性格…

『警察』という組織の中でクールなニューヒロインが事件に挑む
『ストロベリーナイト』(誉田哲也/光文社)

ある溜池の近くから発見された、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体。不可解な死体の遺棄場所、残虐な殺し方。謎が多い死体に警察はお手上げ状態だ…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ