注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
41件

LGBTの記事一覧

武田信玄が美少年に送った“弁解の恋文”――歴史を変えた男と少年の秘密の恋

『なぜ闘う男は少年が好きなのか』(黒澤はゆま/ベストセラーズ) 「美人」という言葉はもともと「美しい男性」を意味していたという。かつて、世界…

“男”であることをやめたが“女”にはならなかった―。「性」をめぐる異例の“自伝的ノンフィクション”

『男であれず、女になれない』(鈴木信平/小学館)  第23回小学館ノンフィクション大賞を紛糾させた異例の”自伝的ノンフィクション”『男であれ…

第7回『このマンガがすごい!』大賞受賞作! トランスジェンダー当事者が描く、女子バスケマンガ『ECHOES』【歩さんインタビュー前編】

『ECHOES』(歩/宝島社) (宝島社)  毎年、“その年の一番面白いマンガ”をランキング形式で発表しているガイドブック『このマンガがすご…

「トランスジェンダーは悩みのひとつでしかない」当事者が描く女子バスケマンガ『ECHOES』で伝えたいこととは?【歩さんインタビュー後編】

『ECHOES』(歩/宝島社) (宝島社)  昨年開催された第7回『このマンガがすごい!』大賞で最優秀賞に輝いた『ECHOES』(歩/宝島社…

性別適合手術ってどんな手術なのか―? 元男性の女性作者が実体験を描いた性転換エッセイ漫画

『生まれる性別をまちがえた!(角川コミックス)』(小西真冬/KADOKAWA)  日本は性同一性障害(GID)や同性婚についての取り組みが遅…

生田斗真がトランスジェンダー役に挑戦する話題の映画!――孤独な少女が知る、世の中の「普通」と「普通じゃないこと」

『彼らが本気で編むときは、』(荻上直子:原作、百瀬しのぶ:ノベライズ、今日マチ子:絵/パルコ)  普段、気に留めることはないけれど、マンショ…

「色々な地獄があるけれど、陽が射す瞬間がある」芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【後編】

 著書『ヘヴン』で、ひどいいじめを受ける“僕”とコジマが、少しずつ心を通わせながらも、辛い現実にさらされる様子を描いた川上未映子さん。映画『…

いじめ、母親からの虐待…思春期の闇と光、逃げることもできない15歳を描くリアリティとは? 芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【前編】

(左)甲斐博和さん、(右)川上未映子さん  思春期という、誰もが通過する、甘酸っぱいけれど残酷な時代。大人と子どもの間のような複雑な心境は、…

映画「彼らが本気で編むときは、」の世界観を漫画家・今日マチ子がイラストに! 書き下ろしノベライズでコラボが実現

『彼らが本気で編むときは、』(原作:荻上直子、著:百瀬しのぶ、絵:今日マチ子/パルコ)  2017年2月25日(土)に公開される、荻上直子監…

「私は男でも女でもある」「私は男でも女でもない」…男女の概念にとらわれないXジェンダーとは?

『Xジェンダーって何? 日本における多様な性のあり方』(Label X:編著/緑風出版)  例えば「私は男でも女でもある」または「私は男でも…

生田斗真のトランスジェンダー役に「女性としてのしぐさが完璧すぎる!」と称賛の声続出! 映画「彼らが本気で編むときは、」の予告解禁

(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会  2017年2月25日(土)に全国ロードショーとなる映画「彼らが本気で編むときは、」の…

生田斗真がトランスジェンダー役に挑んだ映画「彼らが本気で編むときは、」予告編映像解禁!

(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会  生田斗真や桐谷健太ら豪華キャストの共演が話題の映画「彼らが本気で編むときは、」が20…

村上春樹、よしもとばなな…人気小説に登場する「ゲイ」「オネエキャラ」から見えるものとは?

『ゲイの可視化を読む-現代文学に描かれる〈性の多様性〉?』(黒岩裕市/晃洋書房)  マスメディアで活躍する多くの性的マイノリティ=LGBT(…

セックス、浮気、LGBT、妊娠…養護教諭が明かす、子ども+おとな=「ことな」たちのリアルな悩み

『保健室の恋バナ+α』(金子由美子/岩波書店) 「大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ」という歌詞を耳にすると甘酸っぱい想いや懐かしさを感じ…

女性が直面する「結婚の悩み」を愛あふれる毒舌で解決! 話題のゲイカップル恋愛カウンセラーが伝える「結婚できる女」になる方法

『「結婚できる女」になる36の方法』(Toshi&Lithi/双葉社)  フジテレビ「バイキング」、日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話…

LGBTへの配慮はどうすればいい? ともに生きるために大切なこと

『にじ色の本棚』(原ミナ汰、土肥いつき:編著/三一書房)  2013年に、東京都文京区において「男女平等参画推進条例」の中で性的指向・性自認…

「親からの評価が絶対だった」28歳性経験なし。生きづらさを抱えていた女性が「レズ風俗」で抱きしめられるまでの赤裸々実録に共感の嵐!

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(永田カビ/イースト・プレス)  「素人童貞」は風俗嬢としかエッチ経験のない男性──、とは限らないよ…

レズビアンカップルが子どもをもうけるということ―『お母さん二人いてもいいかな!?』

『お母さん二人いてもいいかな!?』(中村キヨ〈中村珍〉/KKベストセラーズ)  人間って、何だろう。生きるって、何だろう。愛とは、何だろう。…

男は子育てに必要か?【鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子 <後編> 】

特別鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い! その3:男は子育てに必要か不要か? さきごろコミックエッセ…

「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い!【鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子 <中編> 】

特別鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い! その2:レズビアンカップルが子づくりして何が悪い! さきご…

女にとって「産む」とは何か?【鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子 <前編> 】

特別鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い! その1:女にとって「産む」とは何か? さきごろコミックエッ…

「性虐待」を伝えるということ 東 小雪×ヤマダカナン 対談(後編)

義父からの性虐待の記憶をコミックエッセイ『母になるのがおそろしい』に描いたヤマダカナンさん。同じく実父からの性虐待の記憶を持ち、パートナー・…

どう「母の呪縛」から逃れるか?東 小雪×ヤマダカナン 対談(前編)

義父からの性虐待の記憶をコミックエッセイ『母になるのがおそろしい』に描いたヤマダカナンさん。同じく実父からの性虐待を受けて育ち、パートナー・…

“ママが2人”を目指してーーレズビアンカップルの妊活奮闘記が教えてくれること

『女どうしで子どもを産むことにしました』(増原 裕子、東 小雪、すぎやまえみこ/KADOKAWA) 〈私たちってずっと『ふつうと違う』ってこ…

【連載】 女どうしで子どもを産むことにしました ♯6 ―男心もフクザツなのです

東京ディズニーリゾートで結婚式を挙げて話題になったレズビアンカップル、小雪とひろこ。家族になって3年後、二人の心には強い願い芽生えていました…

【連載】 女どうしで子どもを産むことにしました ♯5 ―シリンジ法に決めた!

東京ディズニーリゾートで結婚式を挙げて話題になったレズビアンカップル、小雪とひろこ。家族になって3年後、二人の心には強い願い芽生えていました…

【連載】 女どうしで子どもを産むことにしました ♯4 ―妊娠するにはどうしたらいいんだ?

東京ディズニーリゾートで結婚式を挙げて話題になったレズビアンカップル、小雪とひろこ。家族になって3年後、二人の心には強い願い芽生えていました…

【連載】 女どうしで子どもを産むことにしました ♯3 ―「お母さんふたり」への不安

東京ディズニーリゾートで結婚式を挙げて話題になったレズビアンカップル、小雪とひろこ。家族になって3年後、二人の心には強い願い芽生えていました…

【連載】 女どうしで子どもを産むことにしました ♯2 ―女どうしの”ふうふ”です

東京ディズニーリゾートで結婚式を挙げて話題になったレズビアンカップル、小雪とひろこ。家族になって3年後、二人の心には強い願い芽生えていました…

【連載】 女どうしで子どもを産むことにしました ♯1 ―子どもほしいね

東京ディズニーリゾートで結婚式を挙げて話題になったレズビアンカップル、小雪とひろこ。家族になって3年後、二人の心には強い願い芽生えていました…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ