注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
98件

PHP研究所の記事一覧

一緒にいて「楽しい人」と「疲れる人」の違いとは?

『一緒にいると楽しい人、疲れる人』(有川 真由美/PHP研究所)  「一緒にいると楽しい人」って、どんな人だろうか? 話題が豊富で話がはずみ…

新キャラクター登場!渡辺麻友、稲森いずみ主演でドラマ化「書店ガール」スピンオフ!

『書店ガール』(碧野圭/PHP研究所)  AKB48の渡辺麻友、稲森いずみ主演でドラマ化され話題を呼んだ、書店を舞台としたお仕事エンターテイ…

注目の新刊 『至高の音楽 クラシック 永遠の名曲』 ダ・ヴィンチ2014年1月号

『永遠の0』がブレイク中の著者は、クラシック音楽に造詣が深いことでも知られている。本書はそんな著者がこよなく愛するクラシック不朽の名盤を、熱…

注目の新刊 『もう周りにふり回されない! 自分史上最高の幸せを呼びこむ方法』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

予約1200名待ちというカリスマコーチが、日々の考えをまとめた一冊。読者や相談者の多くが、周囲の評価や情報、SNSなどに「振り回されている」…

楽天kobo PHP研究所 全1,500冊以上 クーポン利用で30%引!(8/26まで)

 koboイーブックストアでは、8月26日(月)までの期間限定で、PHP研究所の全電子書籍(1,500冊以上)を対象に、クーポンを利用すると…

注目の新刊 『30ポイントで身につく!「ビジネスモデル思考」の技術』 ダ・ヴィンチ2013年9月号

産業自体が突然死するこの時代、イノベーションの源泉を生み出す方法がある。「実効性のあるコンサル」を柱としたコンサルティング・グループが、市場…

注目の新刊 『ウチのコ、ご近所さんに育てられました』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

不安いっぱいの子育てをスタートさせた『ツレうつ』の貂々さん。でも、コドモと一緒にいるだけで、ご近所の人々との輪が広がってゆく。コドモをとおし…

「豚しょうが焼き」に「生チョコ」も! チョーヤ梅酒を使った「目からウロコ」のレシピ集
『チョーヤ社員の梅酒レシピ』(チョーヤ梅酒株式会社/PHP研究所)

梅酒と言えば、飲むものとばかり考えていた私にとって、まさに「目からうろこ」の1冊『チョーヤ社員の梅酒レシピ』。梅酒をこよなく愛するチョーヤの…

注目の新刊 『伊藤まさこの食材えらび』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

定番から、とっておきの一品まで、これがあるから、おいしくなる――。人気スタイリストが紹介する、厳選食材の数々。鶏のパプリカ煮、干しエビと搾菜…

「こんなに時間をかけ、考えた作品は他にない」 東野圭吾、新作を語る

こんなに時間をかけ、考えた作品は他にない―― 著者である東野圭吾にいわしめた最新作『夢幻花』。 バイオ技術をキーにした新たな長編の世界は、 …

若手芸人が書き上げた「学園+ラブコメ+サイボーグ+お笑い」の青春ライトノベル
『青春サイバーアクション漫才ハードボイルドコメディな転校生』(リタ・ジェイ/PHP研究所)

小学校の頃の人気者は、いつも“おもしろいヤツ”。それが中学、高校と年齢を重ねるにつれ、“カッコよさ”や“勉強のでき”に変わり、やがて“将来性…

注目の新刊 『ホテル・メランコリア』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

横浜にかつて存在したホテルについて、人々が語る思い出話。そこに隠された甘やかな秘密とは――? 磨きあげられた文体のなかで、幻想と現実が交錯す…

注目の新刊 『オチケン探偵の事件簿』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

落語に興味がないのに、廃部寸前の学同院落語研究会(落研)に入部させられた、越智健一。通称、“オチケン”。次々にトラブルを引き寄せる能力と高い…

おもしろすぎる、対極な2人の新世代オピニオンリーダーによる「若者論」
『頼れない国でどう生きようか』(加藤嘉一/PHP研究所)

かたや、1984年生まれ、北京大学に留学し、現地の反日デモの際留学生会長として流暢な中国語でコメントしたことからジャーナリストとして活動、「…

選挙前こそ読んで考えよう。都知事選候補自身が「いま」を語る1冊
『解決する力』(猪瀬直樹/PHP研究所)

数年前、NHKの大河ドラマでやっていた『篤姫』の中のセリフ、「一方聞いて沙汰するな」というのが、なんだかずっと記憶に残っている。読んで字の如…

間違った解釈はしたくない! 我が子の、あの行動の本当の意味
『しぐさでわかる「イヌの気持ち」』(わんこ友の会/PHP研究所)

幼い頃からわんちゃんと暮らすことを夢に見ていた私にとって、実家にいる愛犬はその夢を叶えに来てくれてかけがえのない存在です。毎日は会えないけれ…

ユニクロ柳井さんによる日本の将来への提言!
『現実を視よ』(柳井正/PHP研究所)

ユニクロの柳井さんは真のドラッカー信奉者です。講演でも、ヒートテックの成功はドラッカーのいう「顧客の創造」を信じ、追求した結果であるとコメン…

1分で伝えられないなら何分話しても無駄!? 仕事で効果的に話す方法を伝授
『1分で大切なことを伝える技術』(齋藤孝/PHP研究所)

「時間を無駄にしたくない」とはおそらく誰もが思っているはず。では、「人の時間を無駄に奪わない」ということにどれくらいの人が関心を払っているの…

厳しい現状だが、希望もある!
『日本のリアル』(養老孟司/PHP研究所)

脳科学者としてより『バカの壁』著者としてのほうが、もはや通りがいいかもしれない養老先生が、日本の現実に警鐘を鳴らす対談集。…

注目の新刊 『いい言葉が、心を掃除する つらいとき、困ったときは仏教に触れてみよう!』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

わかりやすい仏教書で知られるひろさちやが監修をした、日本の名僧が残した名言集。最澄は人生の苦しさから抜け出す方法、法然は人間の存在について、…

注目の新刊 『日本が好き!』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

NHK教育『テレビで中国語』で人気を集め、ネットで「かわいすぎる」と話題になった中国人アナウンサーが、大好きな日本のことを語った書き下ろしエ…

注目の新刊 『伊藤まさこの台所道具』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

好きな道具に囲まれてキッチンに立つ幸せ。さくらんぼの種抜きや野菜の水切り、かつお節削り器、圧力鍋……。出てくる台所道具はすべて著者&…

注目の新刊 『100年先も語り継がれる トップアスリートの決定的瞬間 その舞台裏では何が起きていたのか?』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

『Number』の表紙なども手がけるカメラマンが、30年近く撮り続けた中から「これぞ」というシーンを厳選。「ファインダーを通して見た『一番す…

未来のエネルギーとどう向き合うか、その答えを探して
『地産地消のエネルギー革命 もう原発には頼らない』(黒岩祐治/PHP研究所)

「これまでエネルギー政策は、安全保障の観点から国家・政府の管轄の問題であり、それを補完することが地方の役割であり」(本書第1章より)、地方が…

Yahoo!知恵袋の質問がコミック化! 待望の第2弾!
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 〈2〉』(K.Kajunsky/PHP研究所)

Yahoo!知恵袋で話題となった伝説の質問「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」がコミック化、今回はその第2弾です! 前作を読んで、死…

伝える力を養うためには謙虚さと努力が必要。まずはこの1冊から始めてみては?
『伝える力 2 もっと役立つ! 「話す」「書く」「聞く」技術』(池上彰/PHP研究所)

とあるインタビューをした時のこと。取材対象者の、長年の苦労が報われて今があるといった内容の発言を受けて私は、「それはシフクの時を過ごされたわ…

現役自衛隊員がラノベ作家デビュー

 6月16日(土)に、スマッシュ文庫から予備自衛官が贈るライトノベルが登場する。  そもそも自衛隊員にライトノベル書いてる時間あるの?と思っ…

論理力とコミュニケーション能力を磨く競技ディベートをテーマにした青春ラブコメ
『彼女を言い負かすのはたぶん無理』(うれま庄司/PHP研究所)

「ディベート」をご存知でしょうか。あるテーマをめぐって理性的かつ論理的に行う議論です。ディベートには「競技ディベート」という競技形式のものが…

注目の新刊 『うふふな日々』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

蛍が飛び始める頃、犬の散歩の途中で出遭った、じっとこちらを見つめる白い影……。自然豊かな岡山での暮らし。平々凡々な日々のはずが、なぜか波瀾万…

注目の新刊 『漫画貧乏』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

マンガ家に憧れ、やっとの思いでデビューした著者を待っていたのは、過酷で理不尽すぎるマンガ業界だった。安すぎる原稿料、出版社との攻防。『海猿』…

1234

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ