その姿はまるで淫女。色情のままに行動する奔放な母親に苦しめられる娘の運命は?

文芸・カルチャー

2018/6/17

『香華(こうげ)(新潮文庫)』(有吉佐和子/新潮社) 「こじれた母娘関係」という括りの中にも、実にさまざまなこじれた関係性が存在する。そのうちのひとつに、「自分勝手な行動や思考で娘を困らせる母親」というものがある。自己中心的で短絡的な母親を、娘のほうが親であるかのように世話をしたり制御したりと、その様子を見ていると、... 続きを読む