美人の秘訣は筋肉にあり! 後ろ姿で惚れられる美シルエットの作り方とは?

健康・美容

2018/7/18

『美人はキレイな筋肉でできている』(高稲達弥/KADOKAWA)

「あの人って、美人だな」と振り返られるためには魅力的なメイクをするだけでなく、キレイな筋肉をつけ、美しいプロポーションを保つことも大切だ。夏はアクティブに出かける機会も増えるため、出会いのチャンスも多くなる。そんな季節だからこそ読んでほしいのがYouTubeで再生回数9000万回超えを記録したMuscleWatching(マッスルウォッチング)エクササイズ動画のトレーナー・高稲達弥氏が手がけた『美人はキレイな筋肉でできている』(KADOKAWA)だ。本書には1日1種目、1カ月分の初心者向けエクササイズが記されている。本稿では、実際にどんなトレーニング法が記されているのかを具体的にご紹介していきたい。

■今から痩せられる「1分・美脚スクワット」

 数年前に買ったボトムスが履けなくなったという方は、太ももを細くする「美脚ワイドスクワット」で昔の体型を取り戻してみよう。ダイエットは体重を落とすことばかりに目が行きがちだが、代謝のよい身体を作りながら健康的に痩せるには体脂肪率を減らし、筋肉量を増やすことこそが大切になる。そこで鍛えたいのが、お尻の横にある中臀筋や内ももの内転筋、太もも裏のハムストリングスといった筋肉だ。この部分を鍛えれば、下半身痩せが期待できるのだという。太ももをスッキリと引き締められる「美脚ワイドスクワット」は運動が苦手な方にこそ、試してほしいエクササイズだ。

■脱いでも自信が持てる! 美人背中を作るマル秘エクササイズ

 背中についた贅肉は老けた印象を与えやすく、落ちにくいものだ。しかし、肩甲骨を動かして背中を引き締める「肩甲骨寄せエクササイズ」をマスターすれば、無駄な脂肪が落ち、後ろ姿にも自信が持てるようになる。そもそも背中に余分な脂肪がついてしまうのは、肩甲骨まわりの筋肉が衰えて硬くなっているからなのだそう。スマホを見る頻度が多い現代人は日常的に猫背の姿勢になりやすいため、肩甲骨を動かして背中を引き締めるエクササイズが効果的なのだ。肩甲骨寄せエクササイズは背中や肩のこりを改善してくれる効果も期待できるので、デスクワークの方もぜひ試してみよう。

■ゴロ寝でゆるく続けられる「お腹痩せエクササイズ」とは?

 ウエスト周りの脂肪は、ハードなトレーニングを行わないと落ちない…と考えている方も多いだろう。しかし、高稲氏が提唱するエクササイズはなんと、ゴロ寝をしながらお腹をひねるだけで、ウエスト周りをすっきりとさせられるのだ。おなかをひねる動きはわき腹の「腹斜筋」という筋肉を使うため、脂肪を落とすことができ、細いウエストが手に入る。手軽にできるこの「お腹痩せエクササイズ」は、体を動かす楽しさも教えてくれるはずだ。ハードなトレーニングが続かない方はこうした、家に居ながら行えるエクササイズを日常の中に取り入れて、ダイエットに励んでみてはいかがだろうか。

■美尻を作りあげる「美尻サイドキック」

 キュっと上がったヒップは、同性の目から見ても魅力的に見える。ヒップに自信が持てると、服を選ぶ楽しみも増えるだろう。高稲氏いわく、そもそもヒップが垂れたり広がったりしてくるのは、中臀筋が衰えてくることが原因なのだそう。そのため、美しいヒップラインを手に入れるには、「美尻サイドキック」で中臀筋をしっかりと働かせよう。このエクササイズは、日常生活であまりとらない動きが組み込まれているのも特徴だ。体型をカバーする服ばかりを選んでいる方は、ぜひこれを機に洋服選びを楽しめるようなボディを手に入れてみよう。

■腕立て伏せより手軽にできる「美胸クロススクワット」

 ダイエットを行った後は、バストのサイズが小さくなってしまうことも多い。しかし、高稲氏が勧めている「美胸クロススクワット」ならサイズを落とさず、バストの形も綺麗にキープできる。胸の筋肉を鍛えるため、腕立て伏せをする方は多いかもしれないが、腕立て伏せはハードであるため3日坊主になってしまいやすい。それに比べてこのトレーニングは腕を体の前でクロスさせ、スクワットを行うだけなので隙間時間でも手軽にでき、長続きさせやすい。腕立て伏せのように肩や腕に筋肉がついてしまわないため、女性らしい体型を維持したい方にもぴったりだといえるだろう。

■「ペタ腹エクササイズ」でぽっこり下腹をへこませよう

 タイトスカートやスキニーパンツを履いたときに気になるのが、ぽっこりと出た下腹。そんな下腹部の脂肪には椅子に座って行う「ペタ腹エクササイズ」が効果的なのだそう。このエクササイズは椅子に背筋をつけながら足を上げ下げし、おなかの前面にある腹直筋という筋肉を鍛える。日頃運動をしていない方は最初のうち、キツイと感じることもあるだろうが高稲氏は、完璧にできなくてもよいので、まずは自分の体の筋力はどこが弱いのかを知ってほしいと語っている。メリハリボディを作るためジムに通おうと考えている方にこそ、手軽にできる本エクササイズを一度試してみてほしい。

 今年こそ、食事制限やジム通いを徹底して絶対に痩せよう。そんな決意がなかなか実を結ばない方は、自宅で簡単に行えるエクササイズで、無理のないダイエットにチャレンジしてみよう。本格的なエクササイズでついたキレイな筋肉は、きっとあなたを美人に見せてくれるはずだ。

文=古川諭香