「手作りセックスチケット」「精が付きすぎる料理」でも撃沈…セックスレス漫画まとめ

マンガ・アニメ

2018/10/27

「セックスレス」、最近はテレビで特集を組むと、とんでもない反響がある話題のひとつだという。結婚しても、子どもができても、いつまでも「女」として見られたい…これも女性の社会進出の影響のひとつなのだろうか。人知れず悩み、誰かに相談したいけれど、恥ずかしくてなかなか口にできない…そんな“禁断の”話題セックスレスについて、女性の著者たちが赤裸々に描いた漫画を5つ紹介したい。

■性欲の格差社会は夫婦間にも

『実は私セックスレスで悩んでました』(とがめ/KADOKAWA)は、著者の赤裸々な性の悩みの実話を元にしたコミック。男女の体の関係“初心者”同士の著者と旦那。けれどふたりには大きな「性欲格差」あり。旦那の性欲はうすくて、著者の性欲は馬並み。旦那の性のボルテージを上げるため、ダイエット、化粧、コスプレ、食事への精力剤混入…など、著者は涙ぐましいほどにありとあらゆることを試みるも、あえなく撃沈。ひとりエッチで自分を慰めても虚しさが残るだけ。心は満たされているのに、カラダだけが満たされない…。

 セックスレス問題を抱えつつも明るく前向きに突き進む著者の姿はいじらしく、エールを送りたくなる。

■しあわせだけど、「ごぶさた」です

『ごぶさた日記 子育て夫婦世代の寝室事情ルポ』(たかせシホ/メディアファクトリー)は、結婚10年目の子育てまっただ中の著者夫婦のセックスレスぶりを、コミックエッセイという形でコミカルに描いている。寝室で夫婦の間に入り込み、「かすがい」になるどころか夫と妻の距離を隔てる娘、せっかくヤル気になっても部屋干しした靴下や子どものパンツなどの洗濯物が目に入り、一気にテンション急降下…という、ちょっと思いあたる“あるあるネタ”に思わずクスリ。エッチなことは皆無だけれど、にじみでてくるような夫婦の仲のよさに、あたたかくてほんわかした読後感を覚えることができる。

■ミステリアスすぎる夫との生活は…

『レス婚「してくれない夫」と結婚してしまいました』(武蔵野みどり/秋田書店)は、著者のちょっと風変わりな旦那様とのお話。「結婚にはHが重要」といえば次のデートで真昼間からラブホテルに連れて行き、「そのうちに一緒に暮らせればいいね」といえば即、大家さんに同居の許可をとる、極端なくらいにストレートで真面目な旦那様。ほんのささいなすれ違いで陥ってしまったセックスレス状態の解消のために必死で努力する著者だが、別々の寝室の部屋に鍵をかけて眠る彼の不可解な行動に不安と疑惑を覚え…著者のモヤモヤはどんどん膨らみ、ちょっと痛くて身につまされる。「愛する」って、「愛される」って何?と問いたくなる1冊。

■シャイすぎて、触れることができない

『スキンシップゼロ夫婦』(まゆ/ワニブックス)は、「ふれず、口づけせず、君を愛す、君との空気を愛してる」ではじまる、著者と奥手でシャイすぎる夫のみーさんのお話。知人の紹介で知り合ったふたりは、寝室は別々、セックスどころかキスをすることも、手を繋ぐこともない。手を繋ごうとすれば拒まれ、みーさんの裸を見たこともない。そんな信じがたい夫婦生活を綴った話題のブログを書籍化したものだ。著者の必死のアプローチにも、夫のみーさんはただただ照れて拒否を繰り返す。かわいらしいイラストと相反して、増していく著者の苦悩。その極端すぎる夫婦の問題に、なすすべはないのだろうか。

■女のしあわせってナニ…?

『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント嫁日記~』(ポレポレ美/ぶんか社)は、超多忙な芸能レポーターの夫を持つ著者の、おもしろおかしくも切ない実録コミックエッセイ。「手作りセックスチケット」、「精が付きすぎる料理」、「切手で夫のEDチェック」…“してもらえない”著者は、セックスレスから脱け出すために、あの手この手を尽くすが、いつもあえなく撃沈。夫が携帯を手放さない、職場の美女との浮気疑惑、そんな日々を乗り越えてやっとのことでふたりで裸でベッドに入るも、夫は…。

 他の男性からの誘いを断り夫への愛を貫く著者だが、セックスレスからの脱出にはさらなる試練が続いていく。

 少子高齢に歯止めがかからない日本。セックスレスはもはや夫婦間だけの問題ではない。本稿で紹介した作品に共通していることは、「夫婦仲はよいのにセックスレス」だということと、妻が求めているのに夫が応じないということ。家族としての愛情が深まりすぎると、「女」として見られなくなってしまうのか。

 解決策を探しみんなもがいているが、答えを見つけるのは、まだまだ難しそうだ。

文=水玉璃