読んだら眠れなくなる!? 少年が見た「あさみちゃん」とは――精神的に“くる”、日本的ホラー

2分で読める
特集

決して派手ではないものの、生理的な恐怖感、おぞましいほどの嫌悪感を描かせたら右に出る者がいないのではないか。高港基資さんは、まさにそんなマンガ家だ。 彼がその本領を発揮しているのが、『恐之本』シリーズ…

本文を読む