糖質制限中でも外食OK! 手軽に糖質オフできておいしく楽しめる外食チェーンメニューまとめ

健康

2017/10/29

 減量だけでなく、体質改善にも効果的といわれる糖質制限。1日に摂取する糖質量を抑えるため、主食となる米や麺、パンの摂取量を控え、代わりに肉・魚・大豆製品などのたんぱく質と野菜を多く摂る必要があります。そのため、「糖質量を見直すなら、自炊を心掛けなければいけない」と考えるのが一般的でしたが、その考え自体が今は昔となりつつあるようです。

 ここ数年で、ファーストフード店、外食チェーン店でも糖質制限メニューが増え、「糖質0」や「低糖質」を謳う店舗が増加しています。そこで、米・麺・パン(バンズ)の3ジャンルから、外食でどのような低糖質メニューを味わえるのかをチェック。糖質制限にチャレンジするなら、活用しない手はありません。

■お寿司はシャリ抜き! 牛丼はご飯の代わりに豆腐に-ご飯編-

無添 くら寿司

シャリ野菜/各108円 ※写真は「シャリ野菜 ビントロ」

シャリの代わりに大根の酢漬けを使用。糖質オフシリーズとして「7種の魚介らーめん 麺抜き」「シャリプチ」もある。

すき家

牛丼ライト(お肉ミニ)/390円

ご飯の代わりに豆腐を使用することでヘルシーな牛丼を実現。ゆずポン酢がアクセントに。

松屋

牛焼肉定食(ライスを湯豆腐に変更)/640円

定食メニューのご飯を湯豆腐に変更できるサービスを実施。「湯豆腐」単品は210 円で購入も可。

【主な対象メニュー】
牛焼肉定食/カルビ焼肉定食/豚バラ焼肉定食/豚バラ生姜焼定食/ブラウンソースハンバーグ定食/ブラウンソースエッグハンバーグ定食/定番朝定食/焼鮭定食/ソーセージエッグ定食

吉野家

牛皿/並盛330円、大盛450円、特盛580円

牛丼のご飯抜きバージョン。お酒のおつまみにもピッタリ。

さらに、こんなメニューも!

サラシア牛丼/並盛480円

糖の吸収をおだやかに、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれる「サラシア」が入った牛丼。吉野家のおいしさをそのまま、健康的に牛丼を楽しめると注目を集めている。