注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
300件

人間関係の記事一覧

「語彙力」と「教養」が高まる最強のツール“四字熟語” あなたは正しく使えてますか?

『すぐ使える! 四字熟語 頭のよさは「語彙力」で決まる』(齋藤孝/ビジネス社)  頭と心に響き、すぐに使いたくなる美しい日本語を徹底解説した…

自分の「心のクセ」知ってますか? 心のクセを理解していれば人間関係の悩みがラクになる!

『ポチ・たまと読む心理学 ほっとする人間関係』 (林恭弘/PHP研究所)  自分の感情との向き合い方や相手の感情への寄り添い方など、心地よい…

「誰も、愛してくれなかった」――発達障害に理解のない家族・学校、理不尽な暴力…自らの壮絶な体験を克明に描いた衝撃の「奇跡の物語」

『COCORA 自閉症を生きた少女 1 小学校 篇』 『COCORA 自閉症を生きた少女 2 思春期 篇』  『COCORA 自閉症を生きた…

たった一言で人間関係が円満に! 相手の心を動かす言葉が身につく「モノの言い方」

『たった一言で印象が変わる!モノの言い方辞典』(佐藤幸一/総合法令出版)   何かにつけて一言多い人って、周囲にいませんか。他人事ではなく、…

1秒で相手を思いのままに! 顧客も上司もあなたの言いなりになる「3つのテクニック」とは?

『コミックでわかる相手の脳を支配するヤバ過ぎ心理術』(ヤギエ:著、日本博識研究所:原著 /KADOKAWA)  仕事をしていると、どうしても…

人間関係で悩まないためにやめるべきこと

『わずらわしい人間関係に悩むあなたが「もう、やめていい」32のこと』(石原加受子/日本文芸社)  人間関係の悩みを解決するための、『わずらわ…

「クチャクチャ」「ガツガツ」食べてない?「とりあえずビール」はマナー違反? 身に付けておきたい“美しい食べ方”

『「食べ方」を美しく整える:仕事ができる人ほど大切にしたいこと』(小倉朋子/実務教育出版)  楽しいお食事の席でも、すぐ近くにアレがいるとと…

「印象」と「結果」が180度変わる!仕事ができる人の「話し方」3つの例

   あなたのまわりの「あの人は仕事ができる!」「いい仕事をしている!」という人を思い出してみてください。実際の仕事ぶり以外にも共…

うつ病の「心」の状態とは? 症状以外から説明するうつ病―そもそも「心」イコール「脳」なのか?

『脳はいかに意識をつくるのか 脳の異常から心の謎に迫る』(ゲオルク・ノルトフ:著、高橋洋:訳/白揚社)  誰にとっても身近な病である「うつ病…

誰とでも「3分」でうちとける! 場の雰囲気がよくなる話し方のルール

『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』(鈴木あきえ/かんき出版)  「王様のブランチ」のリポーターとして10年、アイドルやお笑い芸人…

一瞬で「どんなナルシストか」「出会いたい運命の相手」が分かってしまう! 人の心を丸裸にする心理テスト3問

 『当たりすぎてつい眠れなくなる心理テスト』(三笠書房)は、TV・ラジオ・雑誌など幅広いメディアで好評を博すパーソナリティー研究家の中嶋真澄…

クヨクヨ、イライラ…「負の感情」どう整理してる? どんなに頭がよくて優秀でも“感情的”だったら損! 上手な気持ちの整理術

『感情的にならない気持ちの整理術 ハンディ版』(和田秀樹/ディスカヴァー・トゥエンティワン)  「身勝手な人に振り回されてばかり」や「口先ば…

脳を上手に使うためには「片付け」が重要だった! 思っていることを口に出す、仕事を敢えて途中でやめてみる…

『いつも結果がついてくる人は「脳の片づけ」がうまい!』(米山公啓/青春出版社) 「片付け」は多くの方にとって大きな課題ではないだろうか。常に…

極度のあがり症だったアナウンサーが発見した“うまく伝えられる簡単なコツ”

『あがってうまく話せない人でも大丈夫 10秒で伝わる話し方』(荒木真理子/日本実業出版社)  気象キャスター・荒木真理子が話し方のコツを教え…

モヤモヤはその日のうちに。イライラ、クヨクヨ、自己嫌悪…こんがらがった「感情」の片付け術

『気持ちの片づけ術』(笠原彰/サンクチュアリ出版)  アスリートが実践するメソッドをビジネスマン向けに変換した、世界最先端のメンタルマネジメ…

自分の出世のために、次々に部下をつぶしていく「クラッシャー上司」の実態

『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』(松崎一葉/PHP研究所)  医学博士である松崎一葉が、相手の心を攻撃する「クラッシャー上…

「人は、1日1回は誰かと話さなくてはいけない」 100歳の精神科医が見つけた“ちょうどよく生きる”真理とは?

『こころの匙加減』(高橋幸枝/飛鳥新社)  生きていると楽しいこともあれば、辛く悲しいこともある。人生という長く短い時間の中でたくさんの喜怒…

「男はいつもそう…」「だから女は…」 と愚痴ってしまう前に…。いい関係を築くために知っておきたい男女の違い

『男と女の心理学入門』(齊藤勇/かんき出版)  「女の長電話と、だらだらしたメールが理解できない」「男って、どうしてメールや電話にそっけない…

いじめのサインは「太平洋の真ん中の漂流者の信号」をキャッチするよりも難しい―被害者が「見えなくなる」いじめの構図を解き明かす

『いじめのある世界に生きる君たちへ – いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉』(中井久夫/中央公論新社)  いつだったかテレビ…

「殺し文句」はビジネスの武器! スティーブ・ジョブズが、格上の会社から役員を引き抜く際に放った言葉とは?

『ザ・殺し文句』(川上徹也/新潮社)  読者諸氏は「説得」に自信があるだろうか。私はまったく自信がない。どうすれば相手が納得してくれるか、考…

当たりすぎて怖いと大反響! ゲッターズ飯田も推薦する、1400万人のデータに基づく統計×心理学「ディグラム性格分析」とは?

『1400万人の新ディグラム性格診断』(木原誠太郎、ディグラム・ラボ/ポプラ社)  新しい年、何か新しいことを始めるならば、まず自分自身を知…

『結局、人は顔がすべて』―整形手術をしなくても顔は変えられる?! 「いい顔」を手にいれるための方法

『結局、人は顔がすべて』(竹内一郎/朝日新聞出版)  初めて誰かに会った時に、最初に目がいくのは顔ではないだろうか。そして、何らかの印象を受…

【大人の会話力講座】雑談上手になれる5つの極意

 年末年始は、親戚の集まりや同窓会など、雑談をしなければならない機会が増える時期。しかも、世代が違ったり久しぶり過ぎて話題が見つからなかった…

ドンくさい部下もナマイキな後輩も、モヤモヤする自分自身ともサヨナラ! 人間関係のストレスを行動科学でサクサク解決しよう

『めんどくさがる相手を動かす技術』(冨山真由・石田淳/永岡書店)  「あ~、なんでこの人こうなんだろ……!」会社でもご近所づきあいでも、はた…

「いい人」を目指さなくていい! 「褒められたい」なんてなぜ思う? 心おだやかな日々を過ごす方法とは?

『気にしない練習(知的生き方文庫)』(名取芳彦<なとり・ほうげん>/三笠書房)  あっという間に2017年が始まり、日常モードに戻った。今回…

「きょうだい型」性格の特徴をつかめば義実家でもうまくいく!

 正月休みと浮かれてばかりはいられないのが、夫(妻)の実家訪問。顔を合わせると何かしら余計なひと言を繰り出す義姉に、偉そうな義兄。お調子もの…

『できるかな』のノッポさんが教えてくれる、子どもとのつきあい方、大人とのつきあい方

『ノッポさんの「小さい人」となかよくできるかな?: ノッポ流 人生の極意』(高見のっぽ/小学館)  子どもの教育方法の一つに、「子どもの目線…

9つのタイプを把握すると人間関係は大きく変化する!ビリギャル著者が教える、仕事と対人関係がはかどる「マル秘メソッド」

『人間は9タイプ 仕事と対人関係がはかどる人間説明書』(坪田信貴/KADOKAWA)  「なぜあの人とうまくいかないの?」「なぜ仕事力が伸び…

「なんで人を嫌いになっちゃいけないの?」 子どもからの「なんで?」にあなたはなんと答える?

『ねえねえ、なんで?』(高島大/ワニブックス)  ドキッとする子どもからの質問に、あなたならなんと答えますか? 4歳のなぜなぜ星人とお父さん…

「教養のない人」がやりがちな3つの失敗って? 20代で身につけるべき“本当の教養”

『20代で身につけるべき「本当の教養」を教えよう。』(千田琢哉/学研プラス)  年収がアップする20代は「知りません」を言わない!? 20代…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ