久保田梨沙「グイグイいけるタイプじゃないけど、人に優しく接したい」【声優図鑑】

アニメ部

2020/6/8

久保田梨沙"

 キャラクターの裏に隠された自分自身をありのままに語る、ダ・ヴィンチニュースの恒例企画『声優図鑑』。第242回目に登場するのは『このはな綺譚』(蓮役)、『オンゲキ』(藤沢柚子役)などに出演する久保田梨沙さん。今年は『Lapis Re:LiGHTs』ロゼッタ役、『100万の命の上に俺は立っている』新堂衣宇役、『おちこぼれフルーツタルト』関野ロコ役など、TVアニメのレギュラー出演が続きます。

どんな質問にも楽しく答えてくれる久保田さん。お仕事のことはもちろん、プライベートやファンへの率直な気持ちなどもたくさん話してくれました。声優として「どうしても演じてみたい役」にも注目です。

――久保田さんの幼少期はどんな子どもでしたか?

久保田:保育園の時は外で遊ぶのが好きで、毎日ドッジボールをしていました。その頃から人見知りで、友だちが多かったわけではないんですけど。近所の子どもたちが集まって、夕ご飯の時間までずっと遊んでいました。

――プロフィールに書かれた「特技:ジャンプ」が気になっていたんですが。

久保田:人より得意なことがあまりなかったので(笑)。ハードルや棒高跳びは苦手だけど、立ち幅跳びみたいに何もないところを飛び越えるのが好きで、縄跳びも小学校のクラスでいちばんでした。みんなで二重跳びをして、つまずいた人から座るんですけど、いつも最後まで残っていて。みんなにずっと見られるのがだんだん恥ずかしくなって、わざとつまずくという(笑)。

――じゃあ得意だったのは体育?

久保田:そうですね、体育と図工と家庭科。特に、材料をきっちり測って正確にお菓子を作ることにはまっていました。マジパンをピンクに着色してバラを作ったり、アップルパイのリンゴを薄く切ってバラに似せてみたり。絵はヘタですけど、組み立てる作業は今でも好きです。

――学生の頃に夢中になっていたことはありますか?

久保田:高校生になってからも、お菓子作りは続けていました。バレンタインに、金箔シートや転写シートを使って、お店で売れるようなクオリティのチョコに挑戦したりとか。女子校だったので、女の子のために一生懸命作りました。声優か、お菓子を作る仕事につきたいと思うくらい好きでしたけど、計算が苦手だから、お店は無理だなと。

――女子校でモテていたんじゃないかな?と思ってしまいました。

久保田:いえいえ。大勢で話すのが苦手だし、決してクラスの中心にいるような人物ではなく、3〜4人の仲のいい子といつも一緒にいました。出席番号が近くて話してみたら、なんとなく心地良くて、一緒にいるような感じ。趣味はバラバラでしたけど、友だちが好きなアイドルグループの話を聞いたり、私はお笑い番組の話をしていたかな。その頃、うしろシティさんが好きで。お友だちと昼休みに廊下でコントの真似をしていたら、見られていることに気づいて、「恥ずかしいね」ってそっとやめたり(笑)。

――その様子が思い浮かぶようです(笑)。自分でもやってみるくらい好きだったんですね。

久保田:真似事です(笑)。お笑いって、作ってる側は難しいけど、見ているほうは只々、楽しくて笑えるところがいいですよね。芸人さんが集まったらコントが始まるような独特な雰囲気が好きだし、自分のコンプレックスを武器にできるところがすごい。自分がされたら泣いちゃうと思うけど、それを武器にして笑わせてくれるなんて尊敬です! 最近はカジサックさんとか、芸人さんのYouTubeを観ることが増えて。緊張しそうなお仕事の前とか、楽しい気分でお仕事したい時に観ちゃいます。

――そんな学生時代を経て、声優デビューを。今年はすでに、3本ものTVアニメのレギュラーが発表されています。魔法をVRで表現したライブが話題の『Lapis Re:LiGHTs』は、アニメ化も楽しみですね。

久保田:私が演じているロゼッタは、勉強好きで、クラスで委員長をするようなしっかり者なのに、私は勉強が得意じゃなくてのんびりしていて。時々、しっかり者をちゃんと演じられているのか心配になることがあります。でも、「抜けている」ところは似ているかも。

――今年は久保田さんのいろんな声が聴けそうですね。これから演じてみたい役や、声優としての目標はありますか?

久保田:ずっと目標なのは、赤ちゃん役の主人公を演じること。なかなか作品がないんですけど、この気持ちを忘れずに練習しておこうと思います。最近は自分ひとりじゃできないことが多すぎて周りの人からの助けを実感することが多いので、その恩を忘れない声優でいたいです。

――以前に比べて、周りに感謝することが増えたということですか?

久保田:はい。最初は自分のことで精一杯でしたけど、後輩ができると変わりますね。後輩を見ていると、自分の過去のことを思い出すので。先輩からも後輩からも与えられることがいっぱいあって、みんなに感謝の気持ちを伝えたいけどグイグイ前に出れるタイプではないから、せめて優しさを持って人に接するようにしたいです。

――すてきな心がけですね。プライベートでは、最近、断捨離をしているそうですが。

久保田:物がいっぱいあるから模様替えしたいなって。片付けは苦手ですけど、タンス、棚、マットレス…めちゃくちゃ捨ててスッキリしました! IKEAでほしい棚があったのに売り切れていて、でも捨てたいから先に古い棚を捨てました。

――やりたいことに対する行動力がすごいです。

久保田:やりたくないことはすごく遅いです(笑)。でも最近は家の中に目を向けることが多くなって、人間力が上がっている気がします。お洗濯とか、最初は「お父さんと弟の洗濯物の違いがわからない」「自分より大きな洗濯物を干すのって大変」って毎日泣いていましたけど。メンタル弱すぎる…。それでも頑張ってやっているうちに、どんどん成長しているなって。

――間違いなく人間力が上がっているかと(笑)。SNSではDIYも披露していましたが。

久保田:白い家具を買い揃えたいんですけど、白とオフホワイトの色が微妙に違っていたらどうしよう…と思って、ペンキを塗る練習をしました。でも今となっては、そこまで気にならないかも。イベントで会えない時期に、SNSでコミュニケーションをとってみようと思ってTwitterにのせたら、みんなから「ニスを塗ったほうがいい」とか教えてもらえて。楽しかったし、みんな意外とDIYしているんだなって驚きました。

――おうちでの一人時間が充実していますね。

久保田:そうですね。最近は折り紙も始めました!ヒマワリしか折れなったから、YouTubeでお花やワンピースの作り方を見つけて。取っておきたくて部屋に飾っているから、お部屋が花まみれです(笑)。少し前はメイクを人にすることにはまって、「顔、貸してください」って同期のおうちに遊びに行っていました。私の顔はピンク系だから、オレンジ系のアイシャドウは一生使われないのかな…と思ったらかわいそうになって、オレンジがすごく似合う子の顔を貸してもらいました。自分の顔にコンプレックスがあるから、少しでも改善したくてメイクを始めたんです。今では趣味と言えるくらい好きなので、興味あることって成長が早いなって思います。

――以前はメイクに興味がなかったんですか?

久保田:自分に何が似合うのか全然わからなかったので。とにかく人に見られたくなくて、普段からマスクをしている時間が長かったと思います。写真を撮られるのも、本当に苦手。子供の頃の写真を見ても全部笑ってなくて、「どこ見てるんだろう?」っていう写真ばっかり。その頃から苦手だったんだろうなと。

――普段、声優同士でよく遊ぶのは誰ですか?

久保田:同じ事務所で同期の日野佑美の家に遊びに行きますし、田中貴子は養成所のクラスが一緒で、もう4年以上のつきあい。どちらかが所属できないかもしれないっていう時間を共にすごしてきたので、今ではプライベートの悩みもなんでも話せる仲ですね。

他の事務所では、LiGHTsの向井莉生ちゃんとか、別ユニットで嶺内ともみちゃんとメイクの話をしたり。声優図鑑で、ともみちゃんが私の名前を出してくれたって言ってました! 『オンゲキ』のユニットでは、春野杏ちゃん、赤尾ひかるちゃんが仲良くしてくれています。この前は『Lapis Re:LiGHTs』のメンバーで「人生ゲーム」をしました。生放送の待ち時間とかにすぐ緊張しちゃうので、ボードゲームをしたり、直前までしゃべったりしています。

――収録前はそんなふうに過ごしているんですね。ユニットを持つことで交遊関係が広がっていて。

久保田:はい。以前は他の事務所の人たちとどうやって仲良くなればいいのかわからなかったから、それができるきっかけになったユニットは、やっぱりいいなと思います。

――最後に、読者へのメッセージをお願いします。

久保田:ちょっとネガティブになっちゃいますけど、「この作品に出ます」ってみんなに報告した時に、ちょっと間があいていたので、「久しぶりでうれしい」って言われたんですよね。それが私自身もうれしかったです。「そうだよね、ごめんね、待っててくれてありがとう!」って思えたし、ユニット活動は続けているけど、他の作品が決まらない時期もあったので、その中でも離れずにいてくれることに感激して。これからも、ささやかでもいいので、応援してほしいです。みんな元気に、できる範囲で応援してくれたら、うれしいです。

――久保田さん、ありがとうございました!

【声優図鑑】久保田梨沙さんのコメント動画【ダ・ヴィンチニュース】

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

久保田梨沙

久保田梨沙(くぼた・りさ) マウスプロモーション所属

久保田梨沙(くぼた・りさ) Twitter

◆撮影協力

撮影=山本哲也、取材・文=麻布たぬ、制作・キャスティング=吉村尚紀「オブジェクト