超低賃金、求められる高クオリティ…元アニメーターが描く、技術ゼロの新人アニメーターの成長記

アニメ・マンガ

2017/7/8

アニメ制作会社に入社した新人の幸(みゆき)。しかし、現実は厳しい!
【新人アニメーターの試練1】求められる高クオリティ。

【新人アニメーターの試練2】最強の敵、「超低賃金」現る。
出来高制のため、このままでは時給は5円という現実。

それでも、夢をあきらめない。上手く描けるようになりたい!掃除当番の時には先輩アニメーター達のゴミ箱から“宝探し”。

そして、とにかく描く。描きまくる!

自分が関わった小さなシーンが放映された時、これ以上ないほどの感動がこみ上げてきた。夢だけではやっていけない厳しい世界だけれど、幸は前に進む。

 私たちに夢や感動を与えてくれるアニメ。その制作現場を新人アニメーターの目から描いているのが本作です。

 著者の花村先生は元アニメーターとのことで、制作現場の息遣いを感じるようなリアリティがあり、アニメ好きに限らず「へぇ」の連続です。
 滑らかな動きのために要求される0.1ミリ単位の正確性や、迫力ある爆発シーンを描く秘訣。
 魂を込めて、高いクオリティを追求するアニメーターたちの姿勢には、ただただ、頭が下がる思いです。

 その一方で、“夢”や“好き”だけではやっていけない厳しい業界でもあります。
「自分には向いていないのでは」とか、「努力がなかなか報われない」…という主人公・幸の悩みは社会人なら誰もが共感できること。
 それをズバッと叱咤激励する偉大な先輩たちの言葉が刺さります。
 夢いっぱいに見えるアニメ業界にだって、涙と汗があふれているのです。

 苦しい中でも、目標に向かって小さな成長を積み重ねていく幸の姿に、元気をもらえる熱血マンガです。

アニメーター:アニメの制作工程において、作画工程の原画、動画を担当する人全般を指す。

(C)花村ヤソ/講談社