尾田栄一郎のメモ書きも! ジャンプ付録「ONE PIECE×京都」コミックス風ガイドブックに大反響

マンガ・アニメ

2017/10/14

img01
『週刊少年ジャンプ』45号(集英社)

 2017年10月7日(土)発売の『週刊少年ジャンプ』45号に、『ONE PIECE』の794巻がふろく冊子として同封された。これには「やばいめっちゃこれ嬉しいんだけど!」「付録欲しさに3冊買ってしまいました」「単行本派だけど今回ばかりは本誌を買うしかない!」と歓喜の声が続出している。

 今回の付録は10月7日(土)から22日(日)にかけて開催されている、「ONE PIECE 20th × KYOTO 京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」をさらに楽しむための冊子。

 同イベントでは、京都市の各所に麦わらの一味が登場してコラボ商品などを発売中。また、ルフィとコラボした京都駅ビルでは巨大コミックス型オブジェが登場したほか、大階段で「麦わら道中記のグラフィカルイルミネーション」を実施。京都市営地下鉄東西線ではナミプロデュースの広告&マナーポスターが出現し、駅構内でしか聞けないナミの特別アナウンスもやっているという。

 これには「1日かけて京都のワンピスポットを巡りたい」「二軒茶屋のサンジのコースター。男女の違いが半端なくて笑った」「東西線でいきなりナミの声が流れてきてびっくりした」といった声が。

 今回の付録の794巻には、そんな各所の紹介が記載されているほか、作者・尾田栄一郎が取材で訪れた場所の地図、尾田がその場で描いたスケッチやメモ書きの一部が掲載されていたり、スタンプラリーの台紙用のページが用意されていたりする。

 そのため「794巻手に入れたから京都を冒険してくる!」「794巻見てたらめっちゃ京都行きたくなってきた」「794巻はガイドブックだな。見てるだけでワクワク」と、794巻によって気持ちを動かされる人が続出。少しでも気になった人は、是非794巻を片手に京都に訪れてみよう!