「逃したら絶対後悔する…」藤田和日郎、画業30周年記念原画展にファン大興奮!

アニメ・マンガ

2018/9/5

img01.jpg
『うしおととら』1巻(藤田和日郎/小学館)

 2018年11月12日(月)から11月20日(火)まで、藤田和日郎の画業30周年記念として「藤田和日郎原画展」が開催決定。ファンからは「昔から大ファンなので絶対行きます!」「この機会を逃したら絶対後悔する…」と歓喜の声が上がっている。

 藤田は1988年に「第22回新人コミック大賞」で入賞し、翌年『週刊少年サンデー』に連載した『うしおととら』が人気を博して一躍有名に。その後『からくりサーカス』『月光条例』『双亡亭壊すべし』など数多くの作品を生み出し、手に汗握るストーリー展開で多くのファンを魅了している。10月からは『からくりサーカス』のアニメ放送が決定していて、今もなお第一線で活躍し続ける大人気漫画家だ。

 原画展では画業30周年を記念として、『週刊少年サンデー』連載4作品の原画を展示。未公開を含むカラー原画や漫画原稿は合計で200点以上にも及び、本邦初公開の設定資料の出展が予定されている。この情報にファンからは「からくりサーカスの設定資料が1番観てみたい!」「原画を生で見たら迫力凄いんだろうな…」「1日で観終わらなさそうなくらいのボリュームだね!」「今年1番の大イベントだわ」「うしおのカラー原画は是が非でも目に焼きつけたい」と喜びの声が続出。

 さらに本展ではオリジナルグッズや、直筆サイン入りの複製原画も販売されることが明らかに。他にも藤田による直筆サイン会の開催が決定しており、ファンは大喜びのようす。「グッズが出るんだったら2倍楽しめるじゃん!」「サイン会混みあいそうだし、絶対ほしいから早めに行かないと」「複製原画買ったら家宝にしたいと思います!」「できれば3回くらい足を運びたい」といった反響が起こっている。

 原画ならではの美しい色彩や、臨場感あふれる原稿を間近で見れる貴重な機会。あなたも原画展を訪れて、世界観を体験してみては?

■「藤田和日郎原画展」
開催期間:2018年11月12日(月)から11月20日(火)
開場時間:午前10時から午後9時
※11月18日(日)は午後8時閉場。
※最終日11月20日(火)は当会場のみ午後6時閉場。
※ご入場は各日閉場時間の30分前まで。
開催会場:西武池袋本店 西武ギャラリー
公式サイト:http://fujita-kazuhiro.gengaten.com/index.html