「買わずに死ねるか!」 アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』ねこ娘のキャラクターブック発売決定!

マンガ・アニメ

2018/10/3

img01.jpg
『ゲゲゲの鬼太郎 CHARACTER BOOK ねこ娘大全』(監修:水木プロ、東映アニメーション、岩佐陽一/文藝春秋)

 これまで幾度となくアニメ化され、幅広い世代から愛されている水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』。同作のキャラクター・ねこ娘にスポットを当てた電子書籍『ゲゲゲの鬼太郎 CHARACTER BOOK ねこ娘大全』が、2018年10月2日(火)に発売された。

 今年でアニメ化50周年を迎え、4月からは6期目が放送されている同作。また第6期は歴代のアニメ版と比較し、キャラクターがデフォルメされたことでも話題を呼んだ。特にねこ娘は8頭身のモデル体型に描かれたことで、スタイリッシュな美少女に大変身。普段は誰に対してもクールに振る舞っているツンデレキャラも相まって、一躍人気キャラクターへと躍り出た。

img02.jpg

 アニメが放送される度、毎回話題になるねこ娘のツンデレっぷり。第2話では鬼太郎が死んだと聞いて駆けつけたが、無事が判明したため「死んでないんだ。つまんない」と赤面しながら発言。第18話では鬼太郎のために毎日野菜を届けていたことがバレるも「私、野菜なんか知らないわよ」としらを切り、「めっちゃ萌えキャラになってる(笑)」「なんというレベルの高いツンデレ…」と視聴者を喜ばせた。

 新たなファンの獲得にも繋がり、結果的に成功を収めたねこ娘のキャラ変更。しかし制作を手掛ける東映アニメーションのプロデューサーは、「日本の誰もが知っている『ねこ娘』をここまで変えたことは、我々作り手としてはすごく大きな挑戦でした」「石を投げられる覚悟でやりました」と振り返っており、大胆な路線変更にプレッシャーがつきまとっていたことも明かしている。

 今回発売される電子書籍は第6期を中心に、設定画&名場面集、声優やスタッフへのインタビューなどで歴代ねこ娘の魅力を徹底解説。さらに描き下ろしの第6期ねこ娘イラストが6種類収録され、「ねこ姐さんの専門書が遂に…!」「光の速さでポチったわ」「声優インタビューとかこれはぜひ手に入れたい」「買わずに死ねるか!」とファンは歓喜に湧いた。

img03.jpg

img04.jpg

 書店に行かなくても気軽に購入できるので、気になった人はぜひダウンロードしよう。

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」
放送日時:毎週日曜 9:00~
原作:水木しげる
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/