「ベラめっちゃ美少女…!」「妖怪人間ベム」新作アニメ放送決定、新ビジュアルが話題に

マンガ・アニメ

2019/3/7

(C)ADK-EM/ BEM 製作委員会

 2018年にアニメ50周年を迎えた「妖怪人間ベム」が、2019年に新作アニメ「BEM」として制作されることが明らかに。ベム、ベラ、ベロのビジュアルも公開され、「ベラがめっちゃ美少女だ…!」「今までのイメージと違って新鮮」と話題になっている。

 「妖怪人間ベム」は、1968年に放送がスタート。ある科学者の実験から生まれた醜い姿の“妖怪人間”が、正しい行いを積めばいつか本物の人間になれると信じて悪と戦い続ける物語だ。人間に強いあこがれを抱くベムは、知性と冷静さ、そして優しい心をもったクールな性格。悪の匂いに敏感で、普段はスーツ姿の男性として人間たちに紛れて生活している。ベムは同じ妖怪人間である女性のベラ、少年のベロと共に行動を共にしており、3人は家族のような絆で結ばれている。

 その後アニメ・実写ドラマと様々なリメイクがされ、「ベムたちの悲しみと葛藤がよく描かれてる」「心は見た目で判断できないってことを教えてくれたアニメ」「時が経っても色あせない深いテーマが魅力的」と、今なお愛され続けている作品だ。

「BEM」の放送に先駆けて開設された公式サイトには、新しいキャラクターデザインのベム、ベラ、ベロのイラストが公開され、「なにこれ、超カッコいい!」「今の時代にふさわしい見た目かも」「ベラちゃんに一目ぼれした」と話題に。ベム役を小西克幸、ベラ役をM・A・O、ベロ役を小野賢章が演じることも発表されている。

 公式サイトでチェックできるPVでは、スタイリッシュなジャズのBGMに乗せてデザイン画のようなイラストが次々登場。メイン3人以外の人物や醜い怪物のようなイラストも確認できるが、それらがどんな形でアニメに登場するのかは明かされていない。新しい時代の妖怪人間たちを心待ちにしながら、続報も見逃さないようにチェックしておこう。


■アニメ「BEM」
原作:ADKエモーションズ
監督:小高義規
出演:小西克幸、M・A・O、小野賢章
(C)ADK-EM/ BEM 製作委員会
公式サイト:https://newbem.jp