「思う存分からかわれたい」と期待の声続出! 『からかい上手の高木さん』VRアニメ化プロジェクト始動

マンガ・アニメ

2019/9/15


 山本崇一朗が手がけるラブコメ『からかい上手の高木さん』のVRアニメ化プロジェクトがスタート。告知用の映像も公開され、「夢のようなプロジェクトだな!」「まさか西片になれる日が来るとは」とファンの間で話題になっているようだ。

 同作は、とある中学校の教室で繰り広げられる“からかいバトル”の物語。教室の一番後ろの席に座る男子・西片は、隣の席の高木さんにしょっちゅうイタズラを仕掛けられている。西片が反撃に出ることもあるが、最終的に赤面するのはいつも西片のほう。「2人が話してるだけの漫画なのになぜかときめいてしまう」「西片がうらやましすぎる!」「こんな青春を送りたかった」など、夢中になる読者が続出している作品だ。

 2018年にアニメ第1期が始まり、2019年7月からは第2期の放送もスタート。西片と高木さんのクラスメイト・ユカリちゃんが主人公となる『恋に恋するユカリちゃん』や、本編から数年後を描いた『からかい上手の(元)高木さん』などのスピンオフ作品も人気を集めている。

 今回のプロジェクトで制作されるのは、VR体験装置「Oculus Quest」で視聴できるアニメーション。まるで自分が西片になったような視点で、高木さんに話しかけられたり一緒に遊んだりすることが可能だ。原作の人気エピソードだけでなく、オリジナルストーリーも登場する予定。プロジェクトの始動に合わせて、クラウドファンディングもスタートしている。

 公開された告知用映像は、高木さんに「やっとこっち向いた。ねぇ西片、VRって知ってる?」と話しかけられる場面からスタート。数パターンの角度で映し出される高木さんの姿に、ファンからは「高木さんが近いっ!」「西片はいつもこんな風景を見ているのか」「思う存分からかわれたい」と興奮の声が後を絶たない。

 クラウドファンディングは、2019年10月30日(水)まで実施中。ここでしか手に入らない限定グッズが手に入るプランもあるので、プロジェクトを応援したい人はチェックだ。

◆「からかい上手の高木さん」VRアニメ化プロジェクトクラウドファンディング公式サイト:https://www.makuake.com/project/takagi3

img01
『からかい上手の高木さん』11巻(山本崇一朗/小学館)