檜山大輔「TVで流して大丈夫なんでしょうか」『ピーター・グリルと賢者の時間』がテレビアニメ化決定!

マンガ・アニメ

2019/10/3

img01
『ピーター・グリルと賢者の時間』4巻(檜山大輔/双葉社)

 『月刊アクション』で連載中のファンタジー漫画『ピーター・グリルと賢者の時間』がテレビアニメ化されることが明らかに。ファンからは「色々とギリギリなアニメになりそうで楽しみ」と歓喜の声が相次いでいる。

 檜山大輔が手がける同作は、人間がさまざまな種族と共存する世界を舞台とした物語。主人公となる人間の青年・ピーターは、同じギルドに所属している恋人と結婚を約束していた。彼女との結婚を認めてもらうために出場した武闘祭では、多種族の男たちをすべて倒して見事“地上最強”の称号を獲得。しかしその喜びも束の間、彼は強い男の遺伝子を求める女性たちから言い寄られることに。欲望に抗えないピーターは、うっかり彼女たちと一夜を共にしてしまう―。

 誘惑に弱いピーターと魅力的な女性たちが繰り広げるラブコメディは、「子種を巡るハーレムってあけっぴろげすぎて超面白い」「俺もこんな主人公になりてぇ!」「一周回ってエロが健全なものに思えてくる軽快さがツボ」と読者に大好評。単行本は現在4巻まで発売されており、オーガやエルフ、オークといった種族の女性たちが登場する。

 2019年9月25日(水)発売の『月刊アクション』11月号では、アニメ化決定の告知と共に同作が表紙に登場。5人のキュートな異種族ガールズと、青ざめた表情のピーターの姿が描かれた。作者の檜山は、自身のツイッターにピーターとオーガ姉妹の妹・ミミのイラストを投稿。「なんとTVアニメにして頂ける事になりました」「TVで流して大丈夫なんでしょうか」とコメントも寄せている。

 アニメ化についてファンからは、「絶対無理だと思ってたけど意外とアリなんだね⁉」「全裸シーンがどういう演出になるのかめちゃくちゃ気になる」「アニメ化された暁には世界中の男子におススメしたい」と期待の声が。キャストや放送時期についてはまだ未発表なので、今後明かされる続報を見逃さないようにチェックしておこう。

img02
『月刊アクション』11月号(双葉社)