注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
47件

いじめの記事一覧

1軍、2軍、3軍…「人気者」ってどんな人? スクールカースト最下層の米国人が見つけた「格づけを上げる方法」とは?

『マーヤの自分改造計画―1950年代のマニュアルで人気者になれる?』(マーヤ・ヴァン・ウァーグネン:著、代田亜香子:訳/紀伊國屋書店)  昨…

いじめられない子を育てる秘訣とは? わが子が「友達関係」で悩まないために、親ができること

『わが子が「お友達」関係で悩まない本』(フォレスト出版)  小学生の子どもを持つ親の、一番の心配ごとは「わが子の人間関係」だという。子どもが…

【今週の大人センテンス】苦しんでいる子供たちのために図書館ができること

 巷には、今日も味わい深いセンテンスがあふれている。そんな中から、大人として着目したい「大人センテンス」をピックアップ。あの手この手で大人の…

いじめや性…。子どもが直面する問題を解決するには? 『どうなってるんだろう? 子どもの法律』【著者インタビュー 前編】

『どうなってるんだろう? 子どもの法律~一人で悩まないで!~』(山下敏雅、渡辺雅之:著、葛西映子:イラスト/高文研)  キャメロン・ディアス…

いじめ、虐待、DV…“不道徳な行動”の裏にある生存戦略とは―進化生物学で読み解く

『いじめは生存戦略だった!? 進化生物学で読み解く生き物たちの不可解な行動の原理』(小松正/秀和システム)  いじめ・児童虐待……人間社会に…

わが子が「お友達」関係で悩まないために親ができることは?

『わが子が「お友達」関係で悩まない本』(風路京輝/フォレスト出版)  子どもが人間関係で悩まずにいられる方法、親が子どもの“お友達関係”を応…

スクールカーストを巡るちょっぴり切ない学園ミステリー『石黒くんに春は来ない』

『石黒くんに春は来ない』(武田綾乃/イースト・プレス)  心から「学校生活は楽しかった」と言っている大人を見ていると、憧れとも嫉妬ともつかな…

【連載】『不登校の17歳。』最終話「進路はどうする?」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

【連載】『不登校の17歳。』第5話「バイト始めました」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

【連載】『不登校の17歳。』第4話「いじめ事件発生!」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

【連載】『不登校の17歳。』第3話「体調不良の変化」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

【連載】『不登校の17歳。』第2話「親友ができました」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

【連載】『不登校の17歳。』第1話「不登校のはじまり」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

『中学なんていらない。』の続編!いじめ、体調不良、進学問題……、さまざまな苦難を乗り越え不登校児が大人になるまで

『不登校の17歳。出席日数ギリギリ日記』(青木光恵/KADOKAWA)  不登校の娘 ちゅんこさんが、いじめや、体調不良、頼りない担任、内申…

【連載】『不登校の17歳。』「プロローグ」

「不登校」の基準は、年間30日以上休むこと――。 中学校で受けたいじめからの不登校を乗り越え、公立高校に進学したちゅんこ。しかし荒れるクラス…

心の問題を抱える子どもたち、大人たちに贈る、夜回り先生・水谷修の「いのちの授業」

 様々な問題を抱えた中高生と向き合ってきた、夜回り先生・水谷修による『どこまでも生きぬいて 夜回り先生50のヒント』が2017年2月20日(…

いじめのサインは「太平洋の真ん中の漂流者の信号」をキャッチするよりも難しい―被害者が「見えなくなる」いじめの構図を解き明かす

『いじめのある世界に生きる君たちへ – いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉』(中井久夫/中央公論新社)  いつだったかテレビ…

容疑者はかつてクラスで壮絶ないじめを受けていた同級生―衝撃の北欧ミステリー『刑事ファビアン・リスク 顔のない男』献本プレゼント実施中!

 株式会社ドワンゴが運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、株式会社KADOKAWAが発行する本とコミックの情報サイト「ダ・ヴィン…

いじめ、癒着… 刑務所の闇にスポットを当てた窪田正孝主演ドラマ「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」が話題に

『獄の棘』(大門剛明/KADOKAWA)  2017年3月19日(日)よりWOWOWで放送される、窪田正孝主演ドラマ「ヒトヤノトゲ~獄の棘~…

「色々な地獄があるけれど、陽が射す瞬間がある」芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【後編】

 著書『ヘヴン』で、ひどいいじめを受ける“僕”とコジマが、少しずつ心を通わせながらも、辛い現実にさらされる様子を描いた川上未映子さん。映画『…

いじめ、母親からの虐待…思春期の闇と光、逃げることもできない15歳を描くリアリティとは? 芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【前編】

(左)甲斐博和さん、(右)川上未映子さん  思春期という、誰もが通過する、甘酸っぱいけれど残酷な時代。大人と子どもの間のような複雑な心境は、…

「住んだアパートはストーカー大家が出現するいわくつき物件」「パワハラ・セクハラ相談窓口担当の上司から執拗ないじめ」…無事に生き残ったから語れる、絶体絶命の体験談

『命を狙われる体験をしたので言わせて下さい。 』(安斎かなえ/竹書房)  これからの季節に気をつけたい火事の死因の多くは、焼死ではなく窒息死…

突然子どもが不登校になったら…親はどう対処すべき? 絶対にやってはいけない3つのNG行動とは?

『娘が不登校になりました。「うちの子は関係ない」と思ってた』(小林 薫/ぶんか社)  平成27年度の文部科学省による学校基本調査で、中学生不…

「子供ができないのはお前のせい」 嫁姑マンガの常識を打ち破る名作『かんかん橋をわたって』驚きの展開とは?

『かんかん橋をわたって』全10巻(草野 誼/ぶんか社)  ファッションや音楽の流行がめまぐるしく移り変わる一方、変わることなく人々を魅了し続…

ゴミ出しも正装、持ち物チェック、強制ランチ…今話題の「タワマンカースト」の実態

『InRed(インレッド)』11月号(宝島社)  近年増えている「タワーマンションカースト」。ママ友や職場、タワーマンション内での人間関係に…

貧困、虐待、ネットいじめ…。子どもたちを救う「学校の保健室」と「養護教諭」の必要性とは?

『ルポ 保健室 子どもの貧困・虐待・性のリアル(朝日新書)』(秋山千佳/朝日新聞出版)  保健室で保健の先生と話すと、なんだか安らぐ。なんで…

援助交際、リストカット、万引き…。「最下層女子校生」が抱える闇とは?【インタビュー前編】

『最下層女子校生 無関心社会の罪(小学館新書)』(橘ジュン/小学館)  1972年から2014年の42年間で、18歳以下の自殺が突出して多か…

「学校に居場所がない高校生は、大人が思っているよりもつらい思いをしている」付き合いベタ女子高生の“青春”から学ぶ、肩肘張らない生き方

『いつもうっすら黒歴史』(お肉おいしい/KADOKAWA)  友情、恋愛、部活、そして勉強。高校生活とはそういうものだと決めつけてはいないだ…

女友達って大切で、めんどくさくて、時々ものすごく怖い――。女子高生の人間関係をリアルに描く衝撃作

『17歳の塔』(藤沢もやし/講談社)  中高一貫の女子校に対する印象はいかなるものだろうか。「お嬢様」「イジメがすごい」「百合の世界」などな…

女子高生のリアルないじめを描いた『傷だらけの悪魔』実写映画化に期待大! 「実写化だと!? すごい内容になりそう!」

(C)澄川ボルボックス/comico  Webコミックサイト「comico」で連載されている、女子高生のいじめを題材とした『傷だらけの悪魔』…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ