注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
15件

ヤンキーの記事一覧

「農業の固定観念を壊したい」日本の農業を救うのは“ヤンキー魂”!? 【インタビュー】

『ヤンキー村の農業革命』(宝島社)  鉈出殺殺。いかにも凶悪な字面である。しかしその読み方は「なたでここ」。ちょっとかわいくておいしそうだ。…

偏差値30台の元ヤンが世界一の公立大学に! 試行錯誤して見つけた人生を変えるメソッド

『自分を動かし続ける力 元ヤンだった僕がカリフォルニア大学バークレー校で身につけた「最大限に成長する」習慣』(鈴木琢也/大和書房)  誰でも…

【連載】ニャンキーズ(NYANKEES)第3話「猫鬼(びょうき)の尾」

 不良たちの世界は厳しい―― 縄張り(テリトリー)を守るためなら喧嘩も辞さない。 しかし、彼らが戦うのは意地やプライドだけのためではない。 …

【連載】ニャンキーズ(NYANKEES)第2話「猫鳴町のボス」

 不良たちの世界は厳しい―― 縄張り(テリトリー)を守るためなら喧嘩も辞さない。 しかし、彼らが戦うのは意地やプライドだけのためではない。 …

【連載】ニャンキーズ(NYANKEES)第1話「ヤツの名(にゃ)は…」

 不良たちの世界は厳しい―― 縄張り(テリトリー)を守るためなら喧嘩も辞さない。 しかし、彼らが戦うのは意地やプライドだけのためではない。 …

新たなヤンキー、「マイルドヤンキー」の消費スタイルをさぐる
『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』(原田曜平/幻冬舎)

 『クローズZERO 3』『ホットロード』とヤンキー系映画が話題になったり、70年~80年代、かつての「ヤンキー文化」を再考する展示会が開催…

映画『ホットロード』 能年玲奈のママ役に木村佳乃!能年「会う度こちょこちょってされるのが面白かった」

(c)2014『ホットロード』製作委員会  集英社少女漫画史上最速で100万部突破! コミックス全4巻で700万部という驚異的な発行部数を誇…

『ごちそうさん』で人気急上昇中 東出昌大が“ワルメン”で新境地

『クローズ』(高橋ヒロシ/秋田書店)  3月末に最終回を迎えたNHK朝ドラ『ごちそうさん』。放送開始から視聴率21%超をキープし、社会現象と…

【Renta】東出昌大主演の映画「クローズEXPLODE」公開! 『クローズ』『WORST』各1~3巻が半額!(4/14まで)

 電子貸本Rentaでは、東出昌大主演の映画『クローズEXPLODE』公開にあわせ、『クローズ』と『WORST』の各1~3巻が半額で読めるキ…

『クローズ』&『WORST』1~5巻 無料キャンペーン実施中!

 最強伝説『WORST』(高橋ヒロシ)がついに12月6日に33巻をもって完結する。そこで、 国内最大級のマンガの電子書籍ストアeBookJa…

なぜBLではヤンキーが“受け”が定番なのか?

『睨めば恋』(ゆくえ萌葱/海王社)  みなさんがヤンキーと聞いて思い浮かべるのは、どんな人だろう。強面の人や目付きの悪い人。ガタイが良くて腕…

もしもヤンキーがデブになったら……

ヤンキーのリーダーといえば、子分から恐れられ憧れられる漢の中の漢。そんなヤンキーが、もしもデブになってしまったら……?…

草食系男子がタイムスリップした1979年はヤンキー天国!

 待ち合わせで10分ほど遅れそうなとき、ケータイで連絡するのが今では常識。だけど、ケータイが広まる90年代半ばまでは誰もそんな便利なアイテム…

リーゼント頭が主人公!? 昭和の香り漂うヤンキーBLの魅力

  10月26日に発売されたBLコミック『夜明けのブルース』(羽生山へび子/白泉社)は、タイトルと表紙を見てもわかるようにどこか懐かしい昭和…

キムタクは“ヤンキーの美学”の到達点!?

 日本人は、昔もいまもヤンキーが大好きだ。オタクからギャルまでが使用する“半端なことではない”の略語「パネェ」の語源はヤンキー言葉だし、清純…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ