注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
38件

脳の記事一覧

41歳で突然の“脳梗塞”に襲われたルポライター そこから見えた景色とは?

『脳が壊れた』(鈴木大介/新潮社)  私は過去に『貧困とセックス』の記事を書いた。その著者である鈴木大介氏は『脳が壊れた』(鈴木大介/新潮社…

成功する人は心配性!? 脳外科医が教える「不安」を「行動力」に変える方法

『成功する人は心配性』(菅原道仁/かんき出版)  心配性を成功に結び付けるためのテクニックを教える、『成功する人は心配性』が2017年6月1…

茂木健一郎氏の人生を変えた!? 30年以上実践している「茂木式マインドフルネス」とは

 脳科学者・茂木健一郎が自分の人生を変えた「マインドフルネス」について紹介する、『脳を鍛える茂木式マインドフルネス』が2017年6月10日(…

SNSが脳を抑制し学力低下を招く!? 脳機能を高める「●●」で対抗する!

『致知ブックレット 素読のすすめ』(川島隆太、齋藤孝:著/致知出版社)  若年層のSNSの利用が広がっている。大学入学前にLINEグループに…

「眠りが浅い」「寝ても疲れが取れない」を改善! ぐっすり眠れて朝スッキリ目覚めるための方法とは?

『東洋医学の先生が教える「ぐっすり眠れない」が治る本(PHP文庫)』(福辻鋭記/PHP研究所)  「寝ても疲れが取れない」というのが、私の慢…

なぜ臨終に立ち会うべきなのか? 50年間「臨終」に立ち会ってきた医師が語る

『臨終の七不思議』(志賀貢/三五館)  女優の川島なお美さんがガンで亡くなって、1年半が過ぎた。有名なパティシエである夫の鎧塚俊彦さんのある…

「体だけで愛はないよ」「好きなのは君だけだよ」…女性はこのテの言葉に弱い。許せる浮気と許せない浮気のメカニズムとは?

『浮気の言い訳~こんなに違う男女のこころ』(姫野友美/KADOKAWA)  「浮気は男の甲斐性」だなんて、誰が言い出したのだろうか。人工知能…

「女の機嫌はわからない」をAI開発者が解き明かす! 溝が生まれる、男性脳・女性脳の違いとは?

『女の機嫌の直し方』(黒川 伊保子/集英社インターナショナル)  日本でも大ヒットした『話を聞かない男、地図が読めない女』をはじめとして、男…

ワークライフバランスをあきらめない!精神科医が教える、脳のパフォーマンスを最大限に引き出す時間術

『脳のパフォーマンスを最大限に引き出す 神・時間術』(樺沢紫苑/大和書房)  1日が24時間しかないことに、絶望した経験のある人はいないだろ…

その疲れ、身体ではなく脳かも…ぼーっとしているだけでも疲労は蓄積する!?

『脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]』(久賀谷亮/ダイヤモンド社)  17万部を突破し、日本におけるマインドフルネスブームの火付け役…

いつの間にかデスクがぐちゃぐちゃ、ついつい遅刻してしまう…。ADHD脳の「困った!」を解決する方法

『仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!?』(司馬理英子:著、しおざき忍:イラスト/大和出版)  いきなり…

人の名前が思い出せないなら○○をすれば良い! 顔と名前を一致させる方法とは?

『「名前が出ない」がピタッとなくなる覚え方』(マガジンハウス)  顔は出てきたけど、名前が思い出せない。この部屋に何にしにきたのか、忘れてし…

脳内物質を『エヴァ』にたとえると……? 精神科医が教える「脳の最適な使い方」

『脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法』(樺沢紫苑/文響社)  「脳の機能を十二分に引き出せばあなたの仕…

「他人の不幸」はなぜ蜜の味? 笑顔を作ると楽しくなるワケは? 脳の“クセ”を解き明かす

『脳には妙なクセがある』(池谷裕二/扶桑社) 「他人の不幸は蜜の味」――なんとも嫌な言葉である。他人の不幸を喜ぶなんて、自分はなんて卑しい人…

鍵をくりかえし確認してしまう、皿を洗っても本当にきれいか不安になる―強迫行為や病的な癖を克服する方法

『新装版 不安でたまらない人たちへ: やっかいで病的な癖を治す』(ジェフリー・M. シュウォーツ:著、Jeffrey M. Schwartz…

うつ病の「心」の状態とは? 症状以外から説明するうつ病―そもそも「心」イコール「脳」なのか?

『脳はいかに意識をつくるのか 脳の異常から心の謎に迫る』(ゲオルク・ノルトフ:著、高橋洋:訳/白揚社)  誰にとっても身近な病である「うつ病…

「ダラダラ癖」から抜け出すための法則

『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則』(著:メリル・E・ダグラス、ドナ・N・ダグラス、訳:川勝久/日本経済新聞出版社)  なぜ仕事が…

脳を上手に使うためには「片付け」が重要だった! 思っていることを口に出す、仕事を敢えて途中でやめてみる…

『いつも結果がついてくる人は「脳の片づけ」がうまい!』(米山公啓/青春出版社) 「片付け」は多くの方にとって大きな課題ではないだろうか。常に…

犯罪者を「脳トレ」で更生? 行動をコントロールするのは「自分の意識」ではない? 私はどこまで私なのか―『あなたの知らない脳』

『あなたの知らない脳 意識は傍観者である』(デイヴィッド・イーグルマン:著、大田直子:訳/早川書房) 「このところ自分のことがよくわからない…

他人を利用することに長け、人の痛みなどこれっぽっちも感じない。平気でウソをつき、罪悪感ゼロ…。脳科学からみた「サイコパス」

『サイコパス』(中野信子/文藝春秋)  平気でウソをつき、罪悪感ゼロ…。そんな“あの人”の脳の秘密を解き明かした『サイコパス』が、2016年…

日本人の質問の仕方は海外では通用しない! 最高の結果を引き出す“質問力”

『最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!』(茂木健一郎/河出書房新社)  これからの時代は「質問」で決まる! 正解を出すだけ…

「ぼんやり」が脳を整理する!? ひらめきを生み出す3つの法則

『「ぼんやり」が脳を整理する~科学的に証明された新常識』(菅原洋平/大和書房)  脳のリハビリテーションを専門とする作業療法士が、独自のアイ…

集中するだけでは仕事ははかどらない! 脳を超高速で働かせる極意とは?

『仕事がはかどる!超高速脳のつくり方』(梶本修身/宝島社)  効率よく仕事をするためには、できるだけ集中することが大事だと思っている人が多い…

職場で「効果的な教え方」できてる? 脳科学が明らかにする大人の学習方法

『脳科学が明らかにする大人の学習~ニューロサイエンス・オブ・アダルトラーニング』(サンドラ・ジョンソン&キャスリン・テイラー/ヒューマンバリ…

頭の回転をあげて効率アップ! デキる人になって人生も豊かになる脳トレとは?

『脳が冴える15の習慣—記憶・集中力・思考力を高める(生活人新書)』(築山 節/日本放送協会出版)  朝ぎりぎりまで寝て出社する人、ふだん運…

楽しくない・イケてない・モテないのは脳のせい!? いきいきとした人生を送るための「脳のメンテナンス術」

 脳の機能を最大限に生かして、生活と人生を変える「脳のメンテナンス」のための生活指南書『「ぐずぐず脳」をきっぱり治す! 人生を変える7日間プ…

「意識」ってなんだろう? 人間の脳とコンピュータの違いとは

『意識はいつ生まれるのか』(マルチェッロ・マッスィーニ、ジュリオ・トニーニ:著/亜紀書房)  我々は、意識という言葉を頻繁に使う。意識的・無…

上流階級はモラルが低いというのは本当か? 新しい知識を人に話したくなるのはなぜ? 脳科学から見た人間心理の構造

『脳は何気に不公平 パテカトルの万脳薬』(池谷裕二/朝日新聞出版)  人間の脳についての研究は、未だ発展途上と言ってよいだろう。日々新しい事…

社会で成功するには“学校脳”から“社会脳”にシフトチェンジ! 脳科学者が教える“人生が劇的に変わる脳の使い方”

 一流企業の経営者、東大卒のトップエリート、さらには引きこもりの学生など1万人以上の脳を診てきた脳科学者が、人生の成功法則を大公開。『人生が…

レディー・ガガやミランダ・カーのメンターによる「潜在意識」の集大成

 レディー・ガガやミランダ・カーのメンターによる「潜在意識」の集大成『あなたの運命は「意識」で変わる』が、2016年6月22日(水)に発売さ…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ