注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
103件

芥川賞の記事一覧

第157回「芥川賞」は沼田真佑の『影裏(えいり)』、直木賞は佐藤正午の『月の満ち欠け』に決定

 第157回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は19日、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は沼田真佑の『影裏(えい…

又吉直樹最新作『劇場』がオリコン“本”ランキング1位獲得! 初の恋愛小説に相次ぐ高評価

『劇場』(又吉直樹/新潮社)  2017年5月22日(月)付のオリコン週間“本”ランキングが発表され、「BOOK(総合)部門」で又吉直樹の『…

【2017年本屋大賞2位】“朝ドラ化”希望の声多数!? 教えることに人生を捧げた、塾教師たちの感動巨編

『みかづき』(森絵都/集英社)  限られた時間のなかで、子どもたちに何を教えてあげられるのだろう。欠点のない大人などいないのに、彼らを立派に…

又吉直樹2作目『劇場』初版30万部に反響続々 初版発行部数は『火花』の倍

『劇場』(又吉直樹/新潮社)  芸人であり芥川賞作家・又吉直樹の小説『劇場』が2017年5月11日(木)に発売されるのだが、その初版部数が3…

「はじまりの季節」に前向きな力を与えてくれる1冊。芥川賞作家が贈る、18のユニークな道標

『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美/小学館)  2017年3月5日初版第一刷発行。そう巻末に記載されている『ぼくの死体をよろしくたのむ…

『火花』も『コンビニ人間』も採点! 芥川賞受賞作に“偏差値”をつけたら…

『芥川賞の偏差値』(小谷野 敦/二見書房)  1935年の創設以来、純文学の最高峰として君臨し続ける芥川賞。歴代受賞作には遠藤周作、安部公房…

松岡茉優が恋愛ド素人OL役に! 綿矢りさ原作「勝手にふるえてろ」で映画初主演決定

 『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさの恋愛小説『勝手にふるえてろ』が2017年に映画化されることが発表された。主演に…

売れない“クズ”劇作家とそれを支える女…又吉直樹が書いた「青春恋愛小説の中身」とは?

「新潮 2017年04月号」  芥川賞作家・又吉直樹氏の2作目となる作品『劇場』が掲載された「新潮 2017年04月号」の売れ行きが止まらな…

直木賞作家・石田衣良が小説の書き方を公開指導! 本好きにはたまらないイベント満載の「本のフェス」開催間近

 本好きでもそうでない人でも気軽に楽しめるイベントが一堂に会した「本のフェス」が2017年3月12日(日)に開催される。  昨年も開催され、…

芥川賞、本屋大賞受賞作家! 『博士の愛した数式』で知られる小川洋子さんの新刊の内容は?【インタビュー】

 一つの短編を読み終わると、次のページに記された、実在の人物や歴史的事実にまつわる短い文章にハッとさせられる。小川洋子さんの最新短編集『不時…

村上春樹のアンデルセン文学賞授賞スピーチ全文掲載! 『MONKEY』最新号

『MONKEY』Vol.11(編集:柴田元幸/スイッチパブリッシング)  翻訳家・柴田元幸責任編集による文芸誌『MONKEY』Vol.11が…

大賞はどの作品に!?「2017年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋) 『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)  2017年1月18日(水)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本…

構想12年、取材11年、執筆7年! 直木賞受賞作、恩田陸『蜜蜂と遠雷』大型重版で累計発行部数27万部に!

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)  2017年1月19日(木)に発表された第156回「直木三十五賞」。同賞の受賞作『蜜蜂と遠雷』の大型重版が…

デーモン閣下、5年ぶりのソロアルバムに芥川賞作家・羽田圭介が歌詞提供で話題に!「一体どんな曲になってるんだ…」

『スクラップ・アンド・ビルド』 (羽田圭介/文藝春秋)  デーモン閣下が、5年ぶりとなるソロアルバム「EXISTENCE」を2017年3月1…

ドラマ「火花」地上波放送が決定! 放送に先駆けて発売される文庫版にはエッセイ「芥川龍之介への手紙」も収録、累計発行部数は278万部に

 又吉直樹の芥川賞受賞作『火花』を原作としたドラマが、NHK総合で地上波初放送されることが決定した。  ドラマ「火花」は、2016年6月に動…

「芳醇な読書体験をさせてくれた作品!」 芥川賞・山下澄人さん&直木賞・恩田陸さんに決まって、多くの読書ファンから納得の声続出!

『しんせかい』(山下澄人/新潮社) 『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)  2017年1月19日(木)に第156回目となる「芥川龍之介賞」と「直…

「色々な地獄があるけれど、陽が射す瞬間がある」芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【後編】

 著書『ヘヴン』で、ひどいいじめを受ける“僕”とコジマが、少しずつ心を通わせながらも、辛い現実にさらされる様子を描いた川上未映子さん。映画『…

いじめ、母親からの虐待…思春期の闇と光、逃げることもできない15歳を描くリアリティとは? 芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【前編】

(左)甲斐博和さん、(右)川上未映子さん  思春期という、誰もが通過する、甘酸っぱいけれど残酷な時代。大人と子どもの間のような複雑な心境は、…

『サラバ!』を経て、見えてきた新たな世界――。又吉直樹 ×西 加奈子『i(アイ)』刊行記念対談【後編】

西さん、目を逸らさない。突出しているんじゃないですかね、作家のなかでも。(又吉) 書いてあることは“今の世界”。ビビッドなうちに読んでもらえ…

『サラバ!』を経て、見えてきた新たな世界――。又吉直樹 ×西 加奈子『i(アイ)』刊行記念対談【前編】

 直木賞受賞作『サラバ!』から2年。問い続けた末に生まれてきた新作『i(アイ)』は、“今”という時代に生きる意味を突きつけてくる一冊だ。それ…

『スピリッツ』“文学特集”号に絶賛の声続出「文学好きとしてもマンガ好きとしても最高の内容!」

『週刊ビッグコミックスピリッツ』2016年53号(小学館)  2016年11月28日(月)に発売された『週刊ビッグコミックスピリッツ』53号…

内容明かされず、発売前から話題騒然! ピース又吉の言葉がヒント?『サラバ!』から2年、西加奈子最新作『i』

『i』(西加奈子/ポプラ社)  “「アイ」=一人称の「I」? 主人公の名前?”“「アイ」=虚数の「i」のこと? 数学の話?”“「アイ」=親の…

又吉直樹のラブコールで実現!『鈴木先生』武富健治が『火花』をコミカライズ! 「この組み合わせしかない」とファンも絶賛

『火花』(又吉直樹/文藝春秋)  ピース・又吉直樹の小説『火花』が、「文学特集号」でもある2016年11月28日(月)発売の『週刊ビッグコミ…

「アメトーーク!」で読書芸人が大絶賛! 芥川賞受賞作『コンビニ人間』に再び注目集まる!

『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋)  11月10日(木)に放送されたバラエティ番組「アメトーーク!」の“本屋で…読書芸人”。前回の放送…

第7回「山田風太郎賞」受賞作は塩田武士『罪の声』に決定!

 過去一年間で「最も面白い」と評価されたエンタテインメント小説に贈る文学賞、「山田風太郎賞」の選考会が2016年10月21日(金)に行われ、…

あなたも“たとえ”たくてしょうがなくなる!? 芥川賞・直木賞作家も嫉妬する文筆家・せきしろの表現力の秘密

『たとえる技術』(せきしろ/文響社)  圧倒的なユーモアと豊かな文章力で定評のある文筆家・せきしろの『たとえる技術』が、2016年10月12…

羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』柄本佑主演でドラマ化決定に「正解なキャスティング!」と喜びの声

『スクラップ・アンド・ビルド』(羽田圭介/文藝春秋)  2015年に第153回芥川賞を受賞した羽田圭介の『スクラップ・アンド・ビルド』が20…

業界初の試み! 芥川賞受賞作『コンビニ人間』のサイン会を“コンビニ”で実施!

『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋)  『コンビニ人間』の芥川賞受賞を記念して、2016年8月24日(水)に著者・村田沙耶香のサイン会が…

36歳未婚・彼氏いたことなし。コンビニのバイトは18年目……芥川賞受賞作『コンビニ人間』が『火花』に次ぐ記録達成!

 2016年7月19日(火)に発表された第155回芥川賞受賞作、村田沙耶香の『コンビニ人間』の勢いが止まらない。全国的な発売日から2日が経過…

1234

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ