注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
13件

行政の記事一覧

80万人の待機児童問題も解決!? 「子育て支援」1.4兆円が経済成長率を上げ、子供の貧困・自殺率を下げるワケは?

『子育て支援と経済成長』  2016年の流行語にも選ばれた「保育園落ちた日本死ね」。衝撃的なタイトルで世間を騒がせた匿名の投稿から1年以上が…

「発達障害の子どもたち」のケア疲れで辞める保育士が増加…保育現場で必要とされる「発達障害支援」の役割とは?【前編】

発達支援チーム 田中雅子さん  文科省の調査によると、小・中学校の通常学級に在籍している発達障害者の割合は約6.5%。保育園にも発達障害の子…

健康保険組合から出産手当40万円がもらえる!? 「公的給付金」を申請してお金をもらう方法とは?

『最新版 届け出ひとつでお金がもらえる本』(花輪陽子、風呂内亜矢:監修/宝島社)  夫の突然の死。一家の大黒柱を失って茫然となることだろう。…

「保育園落ちた日本死ね」騒動があっても、保育士給与は、たったの月6000円増。「保育士の仕事って本当に軽く見られている」【後編】

『戦うハニー』(新野剛志/KADOKAWA) ▶【前編はこちら】修羅場続きの保育園を描いた『戦うハニー』。すべて実話がモデルの小説から見えて…

修羅場続きの保育園を描いた『戦うハニー』。すべて実話がモデルの小説から見えてくる保育業界の実情と課題とは?【前編】

『戦うハニー』(新野剛志/KADOKAWA)  「保育園落ちた日本死ね」騒動で政界がようやく目を向けた保育業界だが、問題はまだまだ山積みだ。…

グランプリに勝つことが目的化した「ゆるキャラ・B級グルメ」の地域PRは、儲からない失敗策か

『地域再生の失敗学』(飯田泰之、木下 斉、川崎一泰、入山章栄、林 直樹、熊谷俊人/光文社)  地方創生担当大臣が誕生したりふるさと納税制度が…

本ではなく「人」を貸す図書館も! 自宅より居心地のいい町の図書館に人が集まる仕組みとは?

『拝啓 市長さま、こんな図書館をつくりましょう』(みすず書房)  町の図書館といえば、書架と机が整然と並んでいて、本や雑誌を無料で借りられる…

ローマ法王に米を食べさせ、過疎の村を救ったスーパー公務員の圧倒的な仕事ぶりとは―『ナポレオンの村』原案本を読む

 TBSテレビ日曜劇場『ナポレオンの村』のモデルになった『ローマ法王に米を食べさせた男』(高野誠鮮/講談社)が新書版になりました。廃村寸前だ…

少子化なのに待機児童が生まれるワケ

『「子育て」という政治 少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか?』(猪熊弘子/KADOKAWA 角川マガジンズ)  「保活」という言葉が浸透…

地域を活性化! まちをつくる農業の本ランキング

『もやしもん』(石川雅之/講談社)  少子高齢化がすすみ、かつて賑わいを見せていた地域も輝きが失われつつある悲しい現実。しかし昨今では地方か…

閉館後の図書館で行われる「ぬいぐるみお泊まり会」が話題

『ぬいぐるみおとまりかい』(風木一人:著、岡田千晶:イラスト/岩崎書店)  今、全国の図書館でとあるイベントが話題となっている。それは、“ぬ…

TSUTAYA図書館を誕生させた樋渡市長の行政改革物語!
『沸騰!図書館 100万人が訪れた驚きのハコモノ (角川oneテーマ21)』(樋渡啓祐/KADOKAWA 角川書店)

「なぜ、図書館が年間95日も休み、なぜ、図書館が夕方5時には閉まるのか、また、なぜ、誰も来やしないレプリカだらけの歴史資料館を放置しておくの…

【インタビュー】魅力度最下位の県は蘇るのか? 水戸の無料情報誌『mitonote』の挑戦

 ここ最近「地域ブランド」が次々と商品化されているように、「地元文化を紹介する冊子」も増えているようす。その街を象徴する写真を大きく使った表…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ