「文章だけでも飯テロだったのにアニメ化はヤバイ!」 グルメファンタジーアニメ「異世界食堂」2017年夏スタート!

アニメ・マンガ

2017/4/24

    img01
    『異世界食堂』3巻(著:犬塚惇平、イラスト:エナミカツミ/主婦の友社)

 大人気ライトノベル『異世界食堂』のTVアニメ放送が2017年夏に決定した。この朗報にさっそくファンからは「文章だけでも飯テロなのにビジュアルついちゃったらヤバいじゃんw」「夏か! お腹すかせて待ってる!」と期待の声が上がっている。

 犬塚惇平原作の『異世界食堂』は、2013年より「小説家になろう」で連載を開始して以降、2015年に文庫化、2016年にはコミカライズもされた大人気グルメファンタジー。とある街の商店街の一角にある、7日に一度異世界とつながる洋食店「ねこや」を舞台に、次々とやって来る生まれや種族、文化のまったく違う“向こうの世界の客”との温かい交流を描く。

 同作は発表された当初から緻密な“グルメ描写”が話題に。読者を飯テロの渦に巻き込み、2016年に“アニメ化企画が進行中”という情報が公開されると「ただでさえ飯テロ小説なのに映像化されたらもう逃げ場ないわ」と、ますますファンを色めき立たせていた。

 さらに今回のアニメ化でアニメーションを担当しているのが、これまで多くのライトノベル作品を手掛けてきた「SILVER LINK.」ということも反響が大きい理由の1つ。放送時期の発表とともに公開されたティザービジュアルは、木洩れ日が輝くエルフの森にたたずむ大木と、大木の根元にある「ねこや」につながると思われる扉が描かれた美麗なもの。これには「安定のSILVER LINK.アニメーション、ほんと好きだなあ」「こんなビジュアルで異世界グルメ描かれたら最高でしかないよ!」「すげーきれい…。こんな世界観の中で描かれる料理とかもはや想像つかん」といった声が。

    img01
    (C)犬塚惇平・主婦の友社/「異世界食堂」製作委員会

 空腹での視聴には注意が必要になりそうだが、グルメファンタジーという“一味違ったエッセンス”を加えた「異世界食堂」の扉が開かれるのが今から待ち遠しい。

■アニメ「異世界食堂」
原作:犬塚惇平
原作イラスト:エナミカツミ
監督・シリーズ構成:神保昌登
キャラクターデザイン:佐野隆雄・佐野恵一
アニメーション制作:SILVER LINK.
公式サイト:http://isekai-shokudo.com/