猫の兄と人間の弟!? ふたりの3年間の交流を収めた写真集“ザクロとたい”

エンタメ

2017/12/17

 13歳の猫と3歳の男の子との友情を収めた写真集、『ザクロとたい』が2017年12月26日(火)に発売される。著者はフォロワー数6万5,000人の人気インスタグラマー・もりもとりえ。

 白黒模様の猫・ザクロが9歳の時に、もりもとの息子・たいが産まれた。もりもとが「ザクロ、弟のたいだよ。ザクロは今日からお兄ちゃんだね。よろしくね」と語りかけたところから、猫の兄と人間の弟の物語が始まったという。

img02

 同書では人間と猫の垣根を越えて、本当の兄弟のように友情と愛情を育んでいくふたりの3年間を、母親であるもりもとの優しい眼差しを通して追いかけていく。

img03

 自分より小さなたいを慈しむザクロ。弟の匂いを嗅いでいるようすに思わずほっこり。

img04

 ザクロを膝の上に乗せて笑顔を見せるたい。とうとう兄を抱きかかえられるほど大きくなった姿が微笑ましい。

img05

 心温まるショットがいくつも収められた同書。ふたりの交流のようすから、生きることや思いやること、支えあうことの大切さを感じずにはいられない。

img06

 ふたりの友情だけでなく、母・もりもとの愛情にも想いを馳せながらページをめくってみてはいかが?

img07

もりもとりえ
1987年生まれ。新潟市在住。専業主婦。2歳の時から猫と暮らしている。好物は猫の肉球とお腹の匂い。許されることなら耳後ろの毛並みを一生撫でていたい。留学中に出会った広島男児の夫(同書では触れられていないけれど、世界中に自慢できるくらいの素晴らしい夫!)とザクロとたいと共に、幸せすぎて明日朝起きたら禿げてるんじゃないかな、と思うくらい毎日笑顔で暮らしている。2014年からInstagramでザクロとたいの日常を「#ザクロとたい」のハッシュタグで投稿し始め、2016年にはブログ「ザクロとたい」を開設。同書が初の著書となる。

※掲載内容は変更になる場合があります。