「ネコ愛が止まらなすぎるっ!」超変態的!? マニアック写真集『ネコの裏側』―芳澤ルミ子 最新写真集

暮らし

2018/1/6

『ネコの裏側』(芳澤ルミ子/辰巳出版)

「何の変哲もないネコの写真集だけじゃ満足できない!」「ネコたちへの愛が止まらない!」そんなことを常々考えているネコ好きの人に朗報だ。このたび発売されたネコ写真集『ネコの裏側』(芳澤ルミ子/辰巳出版)が、そんなあなたの“超変態的!?”な欲望にお応えする。

『ネコの裏側』のいったいどこが“超変態的!?」なのだろうか。実は、「裏側」は文字通り「裏側」を意味しているのである。本書が収録しているネコたちの写真はどれも、透明ボードの上に乗ったネコたちを下から撮ったものだ。敏感な肉球をあらわにしながらこちらをじっと見つめる愛らしいネコの姿や艶やかで優雅にくつろぐネコの裏側、16の肉球をいっぺんに楽しめる4匹の子ネコたちの裏側など、普段の生活では見ることのできない、ネコのおなかや足の裏のぷにぷに肉球をこころゆくまで楽しめるマニアックな写真が満載だ。

 これまでにないスタイルの本書が、「そういえば、三毛猫の肉球の色って…」「ネコの鼻と口って…」といったこれまでにあまり知られていなかった「ネコの裏側」にとことん迫る。普段見られない「ネコの裏側」に、思わず食い入ってしまうこと間違いなし。普通のネコ写真集では満足いかなくなったあなた、本書を手に取りネコたちへの止まらない愛をさらに深められてはいかがだろうか。

文=ムラカミ ハヤト