シリーズ史上華やかさ最高潮!? 大人気マンガ『コレットは死ぬことにした』最新13巻に反響続出!

マンガ・アニメ

2019/5/28

『コレットは死ぬことにした』13巻(幸村アルト/白泉社)

 2019年5月20日(月)に、大人気マンガ『コレットは死ぬことにした』の最新コミックス13巻が発売。物語はこれまでにない展開を迎え、ファンから「いよいよキターって感じでしたね。ドキドキワクワクが止まりませんでした」「幸せ過ぎる展開に鼻血が止まらん…。大満足です」と大きな反響が巻き起こっている。

 本作は、マンガ家・幸村アルトが手掛ける“人間×神様”のファンタジーロマンス。ある日主人公の薬師・コレットは、終わることのない仕事から解放されたくて井戸に飛び込んでしまう。しかし目が覚めると、井戸の向こうには冥府の世界が広がっていた。なぜか牢屋に幽閉されていたコレットだったが、自分が薬師だと告げたところ「冥王・ハデスの病を治してほしい」と頼まれる。思いがけずハデスの治療をすることになり、そこからコレットの運命は大きく変わっていく―。

 そして最新刊ではついにコレットの想いがハデスに届き、それを知った家来のガイコツ達はコレットに対して“様”をつけるべきかという問題に悩まされる。また神の1人であるディオの手伝いをするため天界を訪れたコレットは、そこで新たな騒動に巻き込まれ…。

 美男美女の神が大集合し、シリーズ史上華やかさ最高潮の13巻。ファンの間では“コレットとハデスのやり取りにキュンキュンする派”と、“他の神々で目の保養をする派”に分かれているよう。「ハデス様のコレットに対する愛情が加速しててヤバイ…。終始ニヤニヤしながら読んでました」「登場人物みんな魅力的で読んでて幸せな気持ちになる」「今巻はガイコツたちのギャグパートでめちゃくちゃ笑った。神様たちもいいけど、自分はガイコツ推しです(笑)」など、好評の声が相次いでいる。

 ちなみに6月5日(水)に発売予定の『花とゆめ』13号は、『コレットは死ぬことにした』作者の幸村アルトが大活躍する“幸村号”だ。巻頭カラーには幸村の新作読み切り『福衛門レース』が掲載され、『コレットは死ぬことにした』のSP番外編も収録されており、さらに最新13巻との連動プレゼント企画もあるようだ。“新作×コレット”の貴重なコラボ表紙が目印なので、発売日にはぜひ書店へ足を運んでみよう。

 コミックスも大きな盛り上がりを見せる『コレットは死ぬことにした』。この機会にチェックしてみてはいかが?