一生に1度、たった4日間で健康的に痩せる! 「薬をすすめない薬剤師」が教える安心・確実なプログラム

健康・美容

2020/6/6

『4日間で脂肪だけをキレイに落とす本』(坂田武士/学研プラス)

 だんだん暑い日が増え、夏が近づいてきたのを感じる。薄着になると、気になるのがボディライン。でも、どうしたら痩せることができるのだろう。運動も食事制限も長続きしないし、すぐにリバウンドしてしまう。今からでも間に合うダイエット法があるならば、実践してみたいのだが…。

 そんな人にオススメしたいのが、『4日間で脂肪だけをキレイに落とす本』(坂田武士/学研プラス)で紹介されている究極のファスティングプログラムだ。ファスティングとは、一定期間、固形物を控えて胃腸を休めるダイエット法のこと。「薬をすすめない薬剤師」として株式会社サムライフを経営する坂田武士氏の「オプティマム・ファスティング」は口コミだけで5000人に広がり、98%以上の人がダイエットに成功したというのだから驚きだ。「オプティマム・ファスティング」とは一体どのようなダイエット法なのだろうか。

たんぱく質を積極的にとることで、筋肉量をキープ

 ファスティングは、食事を酵素ドリンクなどに置き換える方法が一般的。だが、酵素ドリンクによるファスティングでは、糖質をメインにとるため血糖値が乱高下し、すぐにおなかが空いて、どうしてもイライラしてしまう。また、たんぱく質が不足しがちになり、脂肪だけでなく筋肉まで落ちてしまうことも少なくない。

 しかし、坂田氏考案の「オプティマム・ファスティング」では、断食期にプロテイン、豆乳、甘酒をミックスしたドリンクを飲む。これならば、糖質や脂肪を適量に補え、血糖値の上昇と下降をゆるやかにして安定させるため、おなかが空きにくい。たんぱく質を積極的にとることもでき、食事をドリンクに置き換えても筋肉量をキープすることができるのだ。

 作り方も至って簡単。プロテインシェーカーに無調整豆乳300ml、砂糖不使用の甘酒100ml、ホエイプロテインを20〜25g加えて、よく振るだけ。かなり手軽に健康的なドリンクを作ることができるのだ。

期間は4日間、ドリンクのみの食事になるのは2日間だけ

「オプティマム・ファスティング」の期間はたった4日間だ。

 1日目は、胃腸を整えるための「準備期」。朝と昼に魚を主菜にした和食をとり、夕食は、断食用のドリンクに置き換える。そして、2〜3日目の「断食期」は、1日3食をドリンクのみで過ごす。さらに、最終日となる4日目の「回復期」は、朝食は野菜と果物、昼食はおかゆを食べ、夕食だけドリンクを飲む。

 固形物をとらずにドリンクのみの食事になるのは2日間だけ。この方法なら、仕事があっても、ライフスタイルに合わせて無理なく行えるだろう。ファスティングで、体に必要な栄養素だけをとると、血液の質がよくなり、筋肉や皮膚など細胞の新陳代謝がアップする。消化器官を休めることで、代謝酵素の働きが高まり、エネルギー代謝が活発になって、痩せやすい体を手に入れることができるそうだ。

 短期間で簡単に、かつ、健康的に痩せられる「オプティマム・ファスティング」。ダイエットが長続きしないという人やすぐリバウンドしてしまうという人は、試してみてはいかがだろうか。

文=アサトーミナミ