注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
30件

日常の記事一覧

『日常』のあらゐけいいち最新作!「CITY」の住民たちのぶっ飛んだ日常

『CITY』(講談社)  『日常』で人気を博した、あらゐけいいち先生の最新作『CITY』(講談社)。果たしてどんなマンガなのか。ワクワクしな…

猟奇的な連続殺人なんて起こらない! 美人な先輩と「謎解き」する超平和な高校生の日常を描く! 異色のミステリマンガ『じけんじゃけん!』

『じけんじゃけん!』(安田剛助/白泉社)  不可解な密室、鉄壁のアリバイ、謎の暗号……。これらを解き明かし、犯人の正体を暴いたときに訪れるカ…

仏滅になれば、ママとムフフなことができる!? 悟りを開いたパパとピュアな小学生・梵くんのやり取りがおもしろすぎる漫画『悟りパパ』

『悟りパパ』(澤江ポンプ/集英社)  悟りを開く――。欲にまみれた俗世間に惑わされず、物事の真理を見つめ、心穏やかに生きること。……しかし、…

【連載】ひとりぐらしもプロの域。 第4回「一人暮らしの醍醐味『一人映画祭』」

超絶人気アメブロ『半径3メートルのカオス』のカマタミワによる初書籍! 18年めになる一人暮らしのすべてをさらけ出しました。 今作から選んだエ…

【連載】ひとりぐらしもプロの域。 第3回「初めてのインフルエンザ」

超絶人気アメブロ『半径3メートルのカオス』のカマタミワによる初書籍! 18年めになる一人暮らしのすべてをさらけ出しました。 今作から選んだエ…

【連載】ひとりぐらしもプロの域。 第2回「実家あるある」

超絶人気アメブロ『半径3メートルのカオス』のカマタミワによる初書籍! 18年めになる一人暮らしのすべてをさらけ出しました。 今作から選んだエ…

【連載】ひとりぐらしもプロの域。 第1回「ズボラあるある」

超絶人気アメブロ『半径3メートルのカオス』のカマタミワによる初書籍! 18年めになる一人暮らしのすべてをさらけ出しました。 今作から選んだエ…

「普通に学校へ到着する」のはもはや奇跡! クズすぎる女子高生の”エクストリーム通学”
『ちおちゃんの通学路』(川崎直孝/KADOKAWA メディアファクトリー)

 女子高生・三谷裳ちおちゃんはとにかく学校にたどり着くまでが大変。なぜなら徹夜でネットゲームをして現実とゲームがごっちゃになったり、外国人プ…

「得意なことが何もない」のに周りから愛されるとある男子高校生・町田くんの秘密

『町田くんの世界』(集英社)  特別に美人だったり、格好良かったりするわけではない。めちゃくちゃ面白いわけでもないし、機転が利くわけでもない…

『セトウツミ』が池松壮亮×菅田将暉でついに実写化! 男子高校生のくだらなさすぎる会話に若き日の自分を見た

『セトウツミ』(此元和津也/秋田書店)  先日、池松壮亮×菅田将暉のW主演で実写映画化することが発表された『セトウツミ』(此元和津也/秋田書…

結局、料理男子が大正義。朝ごはんをステキに楽しむ、ほのぼの料理マンガ
『あさひごはん』(小池田マヤ/リイド社)

 人間は、カテゴライズというものが好きな生き物です。もう現代においては、何でもかんでも事細かにカテゴリ分けされているという状況で、昔はひとつ…

ゆるーい女子高生が繰り広げる、ノンストップハイスピード学園コメディ
『帰宅部活動記録』(くろは/スクウェア・エニックス)

 女子高生が5人でのんびりわいわい、部室でダベるギャグ漫画。『日常』や『けいおん』がストライクゾーンならばホイホイされる設定です。ハイ、一本…

バツイチ女45歳に訪れたもの
『たそがれたかこ』(入江喜和/講談社)

 たかこは、母と暮らすバツイチの45歳。アパートの大家である母親はたかこの調子の良い振る舞いに振り回される。一方で、たかこは自分の暮らしに絶…

スンゴイ効きます♪でもって“心の凝り”にもストレッチ!
『ストレッチ』(アキリ/小学館)

 みなさん、お早うございますコンニチハ今晩は。本書を読む数日前に右側の首から肩にかけての筋をヤっちまった中國卓郎です。いや寒くなって来たな~…

カラダに優しくココロに美味しい。繊細に、深く味わう日常のススメ!
『東京膜 (クイーンズコミックスDIGITAL)』(渡辺ペコ/集英社)

「大人になって味がわかるようになった」 そんなことって案外多いと思います。子供の頃は大嫌いだったのに、今では大好き! というくらい真逆に変化…

日常は思った以上にシュール? 鬼才が送る、日常系4コママンガの傑作!
『エレキング(1)』(大橋ツヨシ/講談社)

 なんだかよくわからないけど、面白い。 白黒ハッキリさせがちな現代でも、こういった体験は存外に多くあるのではないでしょうか。グレーゾーンとも…

期待の新人がそっと描く、懐かしくアンニュイな世界
『夜とコンクリート』(町田洋/祥伝社)

 町田洋の『夜とコンクリート』は、第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作『夏休みの町』を収録した短編集。懐かしさを感じるタッチと…

日常の澱のようなものを静かに描き出す短編連絡集【第150回直木賞候補作】
『あとかた』(千早茜/新潮社)

スノーボールという玩具がある。 球体のガラスの中にミニチュアの家がしつらえられており、逆さにしたり振ったりすると、白い澱のような小片が優雅に…

透明萌え! 全く姿の見えないカノジョと過ごす、ウルトラクリア・ラブコメディ!?
『のぼさんとカノジョ? (1)』(モリコロス/ノース・スターズ・ピクチャーズ)

小説とマンガ。両者は永遠のライバルです。ビジュアルによる作品である漫画。イメージによる作品である小説。前者はある種テレビ的で、視覚情報が豊富…

つらいことや悲しいことのあったとき美しくリリカルな森雅之の作品を読もう
『惑星物語』(森雅之)

つらいことや悲しいことがあって、気持ちがくぃーんと落ち込んだとき。さあどうするかですよね。 よくこういうことを言います。パアッと遊んで発散し…

アシスタントの過酷すぎる日常を描いたマンガが続々登場!

『アシさん』(タアモ/小学館)  3月8日に発売された『アシさん』(タアモ/小学館)もそんな作品のひとつ。少女マンガ家を目指し、マンガアシス…

こんな未亡人と付き合いたい! 話題のロリ未亡人の実力は?

『ほめよめ』(黒渕かしこ/芳文社)  愛する夫に先立たれ、その想いを引きずってか再婚していない女性を俗に未亡人と呼ぶ。  非常に艶っぽい響き…

空前のブームでネコマンガがこんなすごいことに!?

 ネコマンガといえば、大人気シリーズ『くるねこ』(くるねこ大和/エンターブレイン)や『猫なんかよんでもこない。』(杉作/実業之日本社)、ネコ…

「女人禁制」解禁!? 男子マンガのテリトリーを女子高生たちが侵食中!

 アニメ化もしたマンガ『男子高校生の日常』(山内泰延/スクウェア・エニックス)でも、「女子高生は何をやっても経済効果が生まれてしまう人気者」…

クールでスタイリッシュすぎると話題の高校生“坂本くん”とは!?

 今、スタイリッシュすぎる! と話題で売り切れ続出の人気コミックがある。1月15日に発売された『坂本ですが?』(佐野菜見/エンターブレイン)…

ありふれた日々を描いた「日常系マンガ」がひそかな人気

 仕事の整理や大掃除、親戚まわりへの挨拶に帰省ラッシュの波…。それらをくぐり抜け、ようやくほっと一息つけるようになったこの時期。気をゆるめた…

共感を誘う、「普通」と戦うマンガ主人公たち

 美しい容姿に卓越した才能、苦難に挫けず夢を実現する。かつてマンガの主人公の王道は、そんな憧れの存在だった。しかし昨今、読者の嗜好は変化し、…

『日常』1巻&2巻が284円で読める!最新巻購入で特製壁紙がもらえる!

 電子書籍ストアBOOK☆WALKERでは、『日常』の最新8巻の発売に伴いキャンペーンを実施中。…

なぜ人気!? “でしゃばらない”日常系ギャグマンガ

 言うまでもなく、ギャグマンガは、マンガ界の一大ジャンルの一つだ。これまでも、『天才バカボン』や『伝染(うつ)るんです。』といった時代を象徴…

角川BOOK☆WALKER『日常』『涼宮ハルヒの驚愕』など600円→350円! 人気作品感謝価格キャンペーン

角川グループの電子書籍配信プラットフォームBOOK☆WALKERが、角川書店が発行する人気7作品の期間限定感謝価格キャンペーンを開始しました…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ