デーモン閣下、5年ぶりのソロアルバムに芥川賞作家・羽田圭介が歌詞提供で話題に!「一体どんな曲になってるんだ…」

エンタメ

公開日:2017/1/24

 デーモン閣下が、5年ぶりとなるソロアルバム「EXISTENCE」を2017年3月15日(水)にリリースする。同アルバムには閣下の書き下ろし楽曲のほか、芥川賞作家・羽田圭介が歌詞を提供した楽曲が収録されるとあり「芥川賞作家のヘヴィメタルってめちゃくちゃ気になるwww」「一体どんな曲になってるんだ…」「信者としてこのコラボはなかなか胸アツ!! 早く聴きたい!!」とかなりの注目を集めている。

 羽田圭介は2015年に『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞。デーモン閣下率いる「聖飢魔II」のファンであることは以前から公言しており、芥川賞発表の連絡を待つ間は、なんと閣下の真似をした“悪魔メイク”で待機していたという。これをきっかけに交流が始まり、今回のコラボに至った。

 アルバムには他にも、同じく芥川賞作家である長嶋有、『テラフォーマーズ』の原作者・貴家悠が作詞を手掛けた楽曲も収録される。この2人も同じく聖飢魔IIの大ファンであることで有名なため、「信者が閣下のために書いた歌詞ってかなり期待できる」「めっちゃ羨ましいいぃぃ!! けど楽しみ!!」と羨望と期待が渦巻いているようだ。