電力会社と契約解除! 電気代0円で生活する“ソーラー女子”の実態 セミナーも開催決定!

アニメ・マンガ

2017/1/31

    img01
    『ソーラー女子は電気代0円で生活してます!』(著:フジイチカコ、漫画:東園子/KADOKAWA)

 電力会社と契約を解除した著者の奮闘や生活アイデアを綴った、『ソーラー女子は電気代0円で生活してます!』が2017年1月26日(木)に発売された。

 同書の著者・フジイチカコさんは、東日本大震災の原発事故と計画停電をきっかけに、東京の団地の一室でソーラー発電を試し始め、2012年9月、ついに電力会社との契約を解除。同書は、電気代0円生活を送るフジイの生活をコミックエッセイとして紹介している。

 フジイさんの生活は、ソーラーパネル、エアロバイクを改造した人力発電機などの「自分で作り出した電気」でまかなわれている。また、太陽熱で調理ができるソーラークッカーや炭を使ったアイロンなど、どれもこれも工夫に満ち溢れたものばかりだ。

    img03

 内容は、「ボルトとアンペアとワットって何が違うの?」といった“ソーラー女子のはじまり”から、「夏を乗り切る、猛暑対策セット」「非電化製品に置き換えられる?」などの“衣食住と春夏秋冬”といった楽しい自家発電ライフを紹介。また、“ソーラー女子のこれから”の章で紹介される「地域電力って何?」「オフグリッド概念図」といった情報もタメになるはず。

 そのほかにも、自ら編み出したエコグッズや工夫の数々を紹介。単なるエコロジー本としてではなく、日常生活の参考として役立つアイデアが満載の同書で、「必要な電気は自分で作る」という自給自足の生活を目指してみてはいかが?

 また、2月28日(火)にはフジイさんによるセミナー「知って得する!ソーラー女子の省エネ・エコの知恵とワザ」が開講される。フジイさんの試行錯誤と学びを生で聴ける機会を逃さないようにしよう。

セミナー内容(予定)
1、はじめに、自己紹介
2、ソーラー女子の電気代0円生活
※動画やスライドによる上映あり
3、おサイフと地球にやさしい省エネ・エコの知恵とワザ
※スライド上映&レジュメ&ぽたりんやソーラークッカーなど実物が見られます
4、感想・質疑応答&まとめ

■「知って得する!ソーラー女子の省エネ・エコの知恵とワザ」
日程:2017年2月28日(火)
時間:13:30~15:00(受付開始13:00)
※終了時間が若干前後する可能性があります
募集人数:30名~80名※先着順
会場:角川第1本社ビル 2階ホール
住所:東京都千代田区富士見2-13-3
⇒詳細はこちら(http://store.kadokawa.co.jp/shop/k/k301701000309/

フジイチカコ
北海道生まれ。2011年の東日本大震災の原発事故と計画停電をきっかけに節電に嵌り、東京の自宅でソーラー発電を試しはじめ、2012年9月、ついに電力会社との契約を解約、電気代0円生活を送りはじめる。自宅では、ソーラーパネル、発電エアロバイク、ソーラークッカー、ソーラーライト、炭アイロンなどを使用。2014年には第二種電気工事士の資格を取得。取材も多岐にわたり、朝ズバ!、やじうまテレビ、緑ノコトノハ、羽鳥慎一モーニングショー、朝日新聞、毎日新聞、ジャパンタイムズ、週刊女性など多数。本職は、染織作家。

※掲載内容は変更になる場合があります。