お店みたいに美味しい「家おやつ」を自分の手で! 時短テクと身近な食材であっという間にできるスイーツレシピ

暮らし

2019/7/23

『世界一親切な大好き! 家おやつ』(藤原美樹/主婦の友社)

 初心者でもカンタン! 失敗なく作れる! しかもお店みたいに美味しい! そんな夢のようなおやつレシピ本が、ヒットとなっている。その名も『世界一親切な大好き! 家おやつ』(藤原美樹/主婦の友社)。おうち料理研究家「みきママ」こと藤原美樹さんが、何度も何度もくり返し試作して完成させたレシピ集だ。徹底した「がんばりすぎない作り方」で、写真を見たまんま作ればいい親切設計がウケている。

時間がなくても驚きのワザで時短できる!

 一般的には冷蔵庫から出して「室温に戻す」手間のかかるバターや卵、クリームチーズ。この本では電子レンジでほどよくチンして、ロスタイムをカットした。待っている間に気分が変わってしまうこともなし。

家にある道具と身近な材料で本格スイーツが作れる!

 聞いたことのない材料があると、作るのを先のばししがち。この本では、たとえばベイクドチーズケーキの土台となるのは市販のビスケット。わざわざ製菓コーナーを探す必要も、気負いもなし。

工程写真を見たまんま、本格ベイクドチーズケーキ

 泡立てぐあい、生地の状態、焼き色など、工程写真やアドバイスを確認しながら作れるので、お菓子作りに慣れていない人でも迷いなし。

【材料】
クリームチーズ…200g
砂糖…70g
卵(M~L)…2個
生クリーム…200ml
レモン汁…大さじ1と1/2
薄力粉…30g
ビスケット…15枚(83g)
バター(食塩不使用)…50g

【作り方】
①ポリ袋を二重にしてビスケットを入れ、80~100回たたき。こまかくなるまで砕く。

②耐熱ボウルにバターを入れ、ラップをせずに電子レンジ(600W)で40秒加熱してとかし、ビスケットに加える。

③全体がなじむまで、もむ。

④型に入れ、手で押さえながら敷き詰める。

⑤耐熱ボウルにクリームチーズを入れ、ラップをせずに電子レンジ(600W)で20~30秒、泡立て器がスッと入るまで加熱し、なめらかになるまでまぜる。

⑥砂糖、とき卵、生クリーム、レモン汁を順に少しずつ加え、そのつどすりまぜる。なめらかになったら薄力粉をふるい入れ、粉っぽさがなくなるまでまぜる。

⑦型に流し入れ、190度に予熱したオーブン下段で40~50分焼く。竹ぐしを刺して生地がつかなければとり出し、1時間ほどあら熱をとって完成。

ケーキから焼き菓子、パン、和菓子まで50以上

 本格的なスイーツが買うよりも安く、手早くできるので、ちょっとしたストレス解消にもなる。子どもや友だちに「また作ってね! 」と絶賛されて、自分でも感動するほどの美味しさ。ぜひ試してみてほしい。