注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
260件

子どもの記事一覧

「話せない、聞こえない」―先天性サイトメガロウイルス感染症の息子と母の愛を描く“ほっこり日常”4コマ

『話せない、聞こえない。それはさておき、息子カムは今日もゆく。』(しおり/セブン&アイ出版)  インスタグラムで話題の育児漫画を書籍化した『…

頭のよい子に育てるために、3歳から15歳のあいだに「今すぐやるべき」生活習慣

『頭のよい子に育てるために3歳から15歳のあいだに今すぐ絶対やるべきこと』(川島隆太/アチーブメント出版)  学校の成績だけでなく、将来の仕…

子育てに模範解答はない!! 日々の暮らしの中で学ぶ、子どもの心の病気や障害、そして子どもとのかかわり方

『子どものための精神医学』(滝川一廣/医学書院)  精神疾患や障害を個性と捉える考え方があるが、私は賛同できない。20年間ほど毎年のように小…

海辺のラブホテルに辿り着いたシングルマザーと訳ありの老オーナー。生命の「罪と罰」を描き出す衝撃作

『血と肉』(中山咲/河出書房新社)  生きることは血を流し、血を流させることである。それが頭では分かっていても、男性は実感することはできない…

毎晩1時間超“悪夢の寝かしつけ”が→10分に!! 驚きの変化をもたらした、“寝かしつけ方法”とは!?

 「子どもが寝たがらない」「夜泣きがひどい」「横にいてやらないと寝ない」――乳幼児のママたちに話を振ると、子どもの眠りに関する恨みつらみが出…

スマホやテレビで「おとなしくしている子」はキレやすくなる!? 脳科学的な理由

■騒がない子は本当に「いい子」なの? 「あら、いい子にしてるわね」と幼児がほめられるのは、たいていおとなしく座っているときだ。「静かにできる…

たった1日で「大人な字」が書ける!? 子どもの名前書き、連絡帳、提出書類がサマになる美文字を書く秘訣とは?

◆子どもの入園・入学で、字コンプレックス勃発!?  きれいで読みやすい「大人な字」が必要だと感じるのは、いつでしょうか? 私の場合、娘が小学…

おうちで料理をしながら子どもの「段取り力」と「説明力」を伸ばす方法とは?

『声に出して読みたい日本語』の著者で知られる齋藤 孝氏の『賢い子に育てる最高の勉強法』(KADOKAWA)  ゆとり教育からの脱却で、学業の…

1歳半の子ども“あるある川柳”がおもしろい! 「いっさいはん あるある川柳コンテスト」入賞4作品発表

 2016年11月に刊行した絵本『いっさいはん』の大好評を受け、岩崎書店が「いっさいはん あるある川柳コンテスト」を開催し、応募作の中から入…

学校の「クラス分け」って、何基準?

 新しい学年が始まって、そろそろ一週間。新しい担任の先生の発表に、クラス分けの発表……悲喜こもごもの始業式や入学式だったかもしれませんね。そ…

難関中学合格率60%超えの人気講師が教える、「10歳の壁」を越える“すごい勉強”

『合格する親子のすごい勉強』(松本亘正/かんき出版)  難関中学合格率60%超の人気塾講師が、家庭でムリなくできる勉強法を公開した『合格する…

勉強ができる子が机に向かう前にしていることとは? 灘中合格者日本一の学習塾で支持率トップ講師が教える、たった5分の前準備で学力を伸ばす方法

『たった5分の「前準備」で子どもの学力はぐんぐん伸びる!』(州崎真弘/青春出版社) 「ちゃんと宿題したの?」「しっかり勉強しなさい!」こんな…

実は「ママ」「まんま」じゃない! 赤ちゃんの「はじめての言葉」ランキング1位は?

■科学的な調査でわかった「初語」ランキング! 「うちの子がはじめて話す言葉って、いったい何だろう」  赤ちゃんを持つ親なら、当然気になるのが…

小学校入学直前、「子どものことが不安」な母親が87、6% 大事なのは子どもの力を信じること!

 いよいよ入学を直前に迎え、子どもたちは新生活への期待にワクワク。しかし、親の心中は「うちの子は大丈夫か」と不安にドキドキ。そう楽観的とはい…

思わず子どもに向けて振り上げた手、どうする? 幼少期に虐待を経験した女性の育児奮闘記

『ワタシはぜったい虐待しませんからね! ― 子どもを産んだ今だから宣誓!』(主婦の友社)  どんなにあやしても泣き止まない。イヤイヤ期の反抗…

「元ジャンプ作家が育児に精を出してみた」“ミスフル”作者が描く育児エッセイが話題に!

(C)鈴木信也/集英社  無料のWebマンガ誌「少年ジャンプ+」で、2017年3月22日(水)から鈴木信也による「元ジャンプ作家が育児に精を…

「卵子提供で1男1女の母親に」―子供に出生の経緯を伝えるための言葉を綴った“家族の物語”

『ずっと これからも―卵子提供で家族になった物語』(著:早坂バジル、絵:湯浅宣之、解説:白井千晶/babycom)  卵子提供で母親になった…

早期教育がかえって脳の発達を阻害する!? 0~5才までにするべき脳育てとは

 昔の子どもは、小学校に入ってからひらがなを覚えた。もちろん今だって、小学1年生は「あいうえお」から習い始めるのは変わらない。しかし今、約9…

ブータンに日本の給食は届くのか? ベテラン「給食のおばさん」が新天地ブータンで子供たちとふれあった記録

『給食のおばさん、ブータンへ行く!』(平澤さえ子/飛鳥新社)  おかずが豊富でデザートまでついてくる日本の給食は、世界でもトップクラスの充実…

最近増えているイクメンブルー。憂鬱にならずに「パパを楽しむ」ためのコツ

『「パパは大変」が「面白い!」に変わる本』(安藤哲也ほか/扶桑社)  いつのころからか急激に「イクメン」がもてはやされるようになった。初めの…

道徳ってなんだろう? イタリア人日本文化史研究家とともに迫る

『みんなの道徳解体新書』(パオロ・マッツァリーノ/筑摩書房)  学習指導要領一部改訂に伴い義務教育課程においての教科とされることが決定した「…

仲の良い“ママ友”の子どもが「いじめる側」と「いじめられる側」になったら…

『不自由な絆』(朝比奈あすか/光文社) 「女ともだち」の存在は複雑だ。仕事・結婚・出産など人生の岐路を経て、たとえ学生時代の親友でも関係が微…

子どもが好む絵本の構造パターンとは? 絵本に求められる役割と、その物語の意味

『科学的に元気になる方法集めました』(堀田秀吾/文響社)  絵本と言えば、誰しも子どもの頃に一度は読んだことがあるだろう。その経験から「絵本…

なぜ、児童相談所にも格差が生まれてしまうのか――その現状と解決策とは

『ルポ児童相談所-一時保護所から考える子ども支援』(慎泰俊/筑摩書房)  日々起こる子どもたちを巻き込んだ事件や事故の数々。親の虐待、貧困、…

自分の子ども、孫が絵本の主人公に!? TSUTAYAが「世界で1冊だけのオリジナルお名前入り絵本キャンペーン!!」を開催

 絵本の主人公になれる「世界で1冊だけのオリジナルお名前入り絵本キャンペーン!!」が2017年3月19日(日)から全国のTSUTAYA店頭で…

「スマホ育児」していませんか? スマホ依存によるママのイライラ、子供のイヤイヤを解消する方法

『スマホ育児に注意! 親子のためのモーツァルトCDブック』(篠原佳年/主婦の友社)  ご飯を作っている最中に、子どもが「ママ、遊んで」と言う…

あいさつ、笑顔、思いやり… よい習慣が楽しく学べる「マンガタイプのしつけ絵本」の大人気シリーズ“りんごちゃん”

『りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち』5巻(著:太田知子、監修:明橋大二/1万年堂出版)  あいさつ、笑顔、思いやり、社会のルールなど…

寝かしつけの悩みが解決! 子どもが自分からベッドへ行く〇〇な方法とは?

 夜9時を回ってもまだ元気いっぱい!「寝なさい!」と何度言っても、なかなか寝てくれない……または、眠いなら眠ってくれればばいいのに、グズグズ…

子どもと一緒に「手づくり」を楽しもう♪ 身近にあるもので気軽にできちゃう! 

『親子で手づくり 素材と道具と作り方カタログ 2017年春夏号』(フェリシモ出版)  さまざまな手づくりの分野で活躍中の作家33名による68…

それ違法PTAじゃない? PTAを改革して、ラクにたのしくする方法

『PTAをけっこうラクにたのしくする本』(大塚玲子/太郎次郎社エディタス) 「PTAはみんな入らなくてはいけない!」そう思っていませんか? …

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ