貯蓄に必要なのは「使わない」より「賢く使う」習慣づけ! 一生役立つ“お金の基本知識”

ライフスタイル

2017/7/7

 お金に対する基本知識を学んで、お金に関する不安を解消できる『いますぐはじめて一生役立つ お金の教科書』が2017年7月3日(月)に発売された。

 ローンの返済、子どもの学費、老後の生活資金など、お金に関する不安は何年経っても消えないばかりか、年々膨らんでいるという人も少なくない。一方で「家計の金融行動に関する世論調査 2016年」によると、年収300~500万円未満の人で現在貯蓄がまったくできていない人は約3割もいることが判明している。その原因は“そもそも貯蓄に回せるお金がない”、“十分な収入があっても給料日前になると手元に残るお金がほとんどない”など、貯蓄を継続できなかったり、貯蓄は難しいと挫折する人が多いことが挙げられるだろう。

 同書は、1万人以上の家計を改善してきた横山光昭の全面監修による、ずぼらでも知識ゼロでもお金が貯まる方法がわかる「お金の教科書」。主な内容は、いますぐに始められる貯蓄のキホン、世代&世帯別の強い家計の作り方、3000円からはじめる投資方法、節税効果の高いNISAや老後資金の不足を準備するためのiDeCoなど。コツコツと確実にお金が貯まる方法をわかりやすく、図を使って解説している。

    img02

 また、横山が実際にアドバイスしてきた家計改善例も掲載。世代&世帯別にどの支出を具体的にどう見直せばよいか、内容も金額も掲載しているので見直しポイントがよくわかる。

    img03

 他にも、「支出の中身を『消費・浪費・投資』に分ける」「3大固定費をカットする」「収入を決まった割合に振り分ける」「使う口座・貯める口座・増やす口座を作る」「ほったらかしでも貯まる投資信託の自動積立を使う」など、すぐにマネできるルールも多数紹介している同書。新しいマネーバイブルで、お金の不安を吹き飛ばそう。

img04

横山光昭(よこやま・みつあき)
家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。株式会社マイエフピー代表取締役社長。家計の借金・ローンを中心に、盲点を探りながら抜本的解決、確実な再生をめざす。個別の相談・指導では独自の貯金プログラムを生かし、リバウンドのない再生と飛躍を実現し、これまで10,000人以上の赤字家計を再生した。業界でも異端児的活動で、各種メディアへの執筆・講演も多数。代表著作は『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』。また、NHK、TBS、フジTVなどへの多数出演しており、雑誌、新聞、ラジオでも活動している。Webサイトの日本経済新聞社などで連載を公開中。全国の読者や依頼者から共感や応援の声が集まる、庶民派ファイナンシャルプランナー。

※掲載内容は変更になる場合があります。