ヒグチユウコさんの『ほんやのねこ』は、本好きにたまらない絵本!

文芸・カルチャー

2018/11/17

『ほんやのねこ』(ヒグチユウコ/白泉社)

 絵本作家・ヒグチユウコさんが手がける大人気シリーズ、『せかいいちのねこ』『いらないねこ』に続く第3弾『ほんやのねこ』が11月16日(金)に発売された。

 画家や絵本作家として活躍するヒグチさん。東京を中心に個展を定期的に開催しつつ、ファッションブランドをはじめ様々な企業とコラボを展開している。女性を中心に多くのファンに支持されている。

『せかいいちのねこ』『ギュスターヴくん』(白泉社)、『ヒグチユウコ作品集』『BABEL Higuchi Yuko Artwoks』(グラフィック社)、『ふたりのねこ』『ボリス絵日記』(祥伝社)、『すきになったら』(ブロンズ新社)などこれまでも多くの作品を発表してきたヒグチさん。オリジナルブランド「Gustave(ギュスターヴ)」も人気だ。

 そんなヒグチさんの最新作『ほんやのねこ』は、謎めいた女主人が営む不思議な本屋が舞台。ユニークなお客さんが次々とやってきて店は大にぎわいに。おなじみの“ニャンコ”や“ギュスターヴくん”のほか、“ツチグリ”や“ひとつめちゃん”など、人気の生きものたちが登場する。個性豊かなお客さんにあわせて店主が本を選んでいくのだが、そのセレクトが素敵で、本好きのみなさんにはたまらないだろう。シリーズを通して担当している名久井直子さんのデザインにも注目だ。

 待ちにまったヒグチさん最新作『ほんやのねこ』の世界をじっくりと味わってみてほしい。

*「ヒグチユウコ ほんやのねこ スタンプ」LINEスタンプ(全40種)も発売*
URL:https://line.me/S/sticker/4729826
色々なキャラクターが織り成す不思議でカワイイ絵本の世界をまるごと楽しもう!

ヒグチユウコ『ギュスターヴくん』インタビュー【前編】