文芸・カルチャー

“喪失”を通して“光”の眩しさを教えてくれる道尾秀介の連作小説『鏡の花』

“喪失”を通して“光”の眩しさを教えてくれる道尾秀介の連作小説『鏡の花』

『鏡の花』(道尾秀介/集英社)  失ってから初めて、その大切さに気づく。よく使われる言い回しだが、これは裏を返せば、自分では気がついていないだけで、何の変哲もないような毎日でも、実はかけがえのない大切なものと生きているのかもしれないということだ。  道尾秀介の『鏡の花』は6つの世界を描く...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

TEAM NACS 20周年記念特集
2016年11月5日発売  定価650円


ページの先頭へ