双葉社チャンネル

双葉社チャンネル

双葉社 最新ニュース・レビュー

「『母親ってこうあるべき』という“べき論”から解放されるともう少し自由に生きられる」ビジネス書のカリスマ・和田裕美が描く初小説は、母と娘の成長物語

 外資系の会社で世界2位の営業成績を収め、著書の販売累計は220万部超。そんな営業職のカリスマ、和田裕美さんのエンタメ小説『タカラモノ』(双葉社、『マ…

576358双葉社チャンネル

大人女子のバイブル的一冊!「LIFE’s」ディレクター吉田怜香さん5年ぶりのスタイルブック『32』

『32』(吉田怜香/双葉社)  インスタグラムなどで話題を集める、ライフスタイルショップ「LIFE’s」のディレクター・吉田怜香さん。アパレルブランド「…

575589双葉社チャンネル

社長なのに意思決定の権限がない? 月収200万円の社員も? 中卒で元不良少年の社長が年商70億円企業を作れた理由

『中卒の僕が「年商70億円企業」を作れた理由 ビジネスの常識を“解体”する思考力』(渋谷巧/双葉社)  ビジネスは学歴で勝負するわけじゃない。人と関わり合いな…

574800双葉社チャンネル

「彼を14歳のまま終わらせない」痛みと切実さが胸に迫る! 青春タイムパラドックス『まぼろしまたね』【試し読み】

『まぼろしまたね』(糸なつみ/双葉社) 私はまだ14歳だから R指定のついた暴力は見たことがない 私はまだ14歳だから 友達の命が消える瞬間なんて見た…

568873双葉社チャンネル

「掃除好きの妖精さんなんていないんやから!」芸人妻・野々村友紀子が訴えかける、“夫が知りもしない家事”とは?

 家事とはなにか。そう聞かれれば、大多数の人は「炊事・掃除・洗濯・育児」と答えるだろう。もちろん、それは間違いではない。ただし、これはあくまでも大雑把…

568891双葉社チャンネル

現代なら炎上必至!? 高畑勲も魅せられたあの『じゃりン子チエ』が笑って泣ける!【試し読み】

『じゃりン子チエ』(はるき悦巳/双葉社) 『じゃりン子チエ』(はるき悦巳/双葉社)というタイトルはもちろん知っていたし、大口をあけて笑う豪快な女の子が主…

568553双葉社チャンネル

アウシュヴィッツ収容所という地獄で見出した恋と希望――実話をもとにした抵抗の物語

『アウシュヴィッツのタトゥー係』(ヘザー・モリス:著、金原瑞人・笹山裕子:訳/双葉社)  好きな仕事をみつけて成長したい。さまざまな経験を積んで、世界を…

567923双葉社チャンネル

日本人女性は髪で損してる! 1日5秒のブラッシングやドライヤーで「美髪力」をあげる方法とは?

『美髪力! 1日10秒で「キレイ」な私』(美香:監修 /双葉社) 〈日本人の女性はあまりにも髪に対して無頓着すぎる〉〈何もしなくても美しい髪をキープでき…

568051双葉社チャンネル

ゾーキン片手にお掃除をする猫が可愛すぎる…! ホンワカ楽しめる1人と1匹のマンガ『猫の手を借りてる』

『猫の手を借りてる』(ごじょうふみえ/双葉社)  猫というのはとても魅力的だ。ご飯を食べたり、眠ったり、遊んだりしているだけで、人間の心を温かくさせる。…

567810双葉社チャンネル

眠り続ける患者と“23年前の通り魔事件”をつなぐ衝撃の真実とは? 知念実希人、渾身の超大作!

『ムゲンのi』(知念実希人/双葉社) 『崩れる脳を抱きしめて』『ひとつむぎの手』で2年連続本屋大賞にノミネート。女医を主役に据えた本格ミステリー「天久鷹…

566785双葉社チャンネル

「『大切な人のために』という決意が、交差し、ねじれ、爆発する」「涙せずにはいられない」──書籍化すぐに『鬼人幻燈抄』続刊希望コメントの嵐!

『鬼人幻燈抄 葛野編 水泡の日々』(中西モトオ/双葉社)  小説『鬼人幻燈抄 葛野編 水泡の日々』(中西モトオ/双葉社)は、江戸から平成の世までを駆け抜…

566115双葉社チャンネル

読み手の価値観を揺さぶる、クライム・サスペンスが登場! 大勢の命を救うため、「凶悪犯罪者予備軍」はどうするべき?

『無敵の人』(きづきあきら+サトウナンキ/双葉社)  「無敵の人」というネットスラングがある。これは、社会から孤立し、信用や地位、財産などを持たない人の…

564491双葉社チャンネル

『なつぞら』のモチーフになった女性アニメーターの幻の児童書が39年ぶりに復刊! その内容とは?

『おかしえんのごろんたん』(おくやまれいこ/双葉社)  NHK連続テレビ小説『なつぞら』は、私たちの朝の時間に爽やかな風を吹き込んでくれる。広瀬すず演じ…

563457双葉社チャンネル

高橋留美子、浦沢直樹、押見修造、田亀源五郎……。数々の作家たちに影響を与えてきた、偉大なマンガ原作者・狩撫麻礼とは?

『漫画原作者・狩撫麻礼 1979-2018 《そうだ、起ち上がれ!! GET UP, STAND UP!!》』(狩撫麻礼を偲ぶ会/双葉社)  2018…

562790双葉社チャンネル

愛され続けてついに連載35周年! ずっと変わらない『鎌倉ものがたり』の魅力とは

『鎌倉ものがたり(35)』(西岸良平/双葉社)  この夏、話題の映画が多く上映されている。『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』もそのひとつで、総監督と脚本…

559727双葉社チャンネル

「うんこ」の話!? 63歳住所不定の奇才が描く、誰も見たことのない野卑で美しい世界

『純子』(赤松利市/双葉社)  赤松利市。この作家がずっと気になってたまらなかった。馳星周氏が手がけた『不夜城』(KADOKAWA)のハードボイルド感に感動…

559731双葉社チャンネル

学校が恐怖だった僕が、教師になろうと思った理由――『青に、ふれる。』⑤

 生まれつき顔に太田母斑(おおたぼはん)と呼ばれる青いアザを持つ女子高生・青山瑠璃子。アザのことを気にしすぎないよう、周りにも気を使われないよう生きてきた。新た…

558617双葉社チャンネル

学校に行けなくなったのは中学1年生の冬――「居場所」『青に、ふれる。』④

 生まれつき顔に太田母斑(おおたぼはん)と呼ばれる青いアザを持つ女子高生・青山瑠璃子。アザのことを気にしすぎないよう、周りにも気を使われないよう生きてきた。新た…

558597双葉社チャンネル

人の顔がわからない。どれも同じに見える。でも……『青に、ふれる。』③

 生まれつき顔に太田母斑(おおたぼはん)と呼ばれる青いアザを持つ女子高生・青山瑠璃子。アザのことを気にしすぎないよう、周りにも気を使われないよう生きてきた。新た…

558576双葉社チャンネル

初めてだった――。先生がアザのあるあたしの顔をあんなに…『青に、ふれる。』②

 生まれつき顔に太田母斑(おおたぼはん)と呼ばれる青いアザを持つ女子高生・青山瑠璃子。アザのことを気にしすぎないよう、周りにも気を使われないよう生きてきた。新た…

558366双葉社チャンネル

もっとみる