双葉社チャンネル

双葉社チャンネル

双葉社 最新ニュース・レビュー

安達祐実デビュー35周年を飾るヴィジュアルブック! 美しさの秘訣は「人と比べないこと」? 意外な愛読書も

『YUMI ADACHI A to Z』(安達祐実/双葉社)  安達祐実を見ていると、生き抜いている人、という印象を受ける。酸いも甘いもかみ分け、人生の…

537741双葉社チャンネル

パンツにブラ紐、わざと見せてる!? あけっぴろげJCギャルと地味系男子のちょいエロな日常

『わざと見せてる? 加茂井さん。』(エム。/双葉社)  チラリズム。これは全男子がピクリと反応する言葉だろう。見えそうで見えない、でも見えそう。そんな男心を…

534626双葉社チャンネル

担当編集者を殺してしまった売れない作家。“ゴーストライター“として起死回生を狙う男の行く末は?

『指名手配作家』(藤崎翔/双葉社)  担当編集者というものは、ときにやさしく、ときに厳しい存在だ。こちらを褒めて気分良く仕事ができるようにしてくれることもあ…

534812双葉社チャンネル

竜宮城で密室殺人!? 新しい昔話『むかしむかしあるところに、死体がありました。』

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(青柳碧人/双葉社)  日本人なら誰でも知っている、桃太郎や一寸法師、鶴の恩返しなどの昔ばなし。「むかしむか…

534429双葉社チャンネル

『キミスイ』作者・住野よるが描く、中学校の卑劣ないじめ…読者は『よるのばけもの』をどう読んだのか?

『よるのばけもの』(住野よる/双葉社)  どうして、人は集まると、誰かを爪弾きにしたくなるのだろう。誰かひとりを敵とみなすことで、結束しようとしてしまうのは…

534098双葉社チャンネル

モンキー・パンチの『ルパン三世』を生んだ「漫画アクション」に、あの人気作が38年ぶりに復活!『気分はもう戦争』が描く荒唐無稽&リアルな架空戦記

『漫画アクション No.9 2019年5/7号』(双葉社) 「漫画アクション」がいかにして誕生したかを克明に描き出したマンガ『ルーザーズ~日本初の週刊青年漫…

534105双葉社チャンネル

地雷女&粘着男に追い詰められる! “不倫の真のヤバさ”を描く『蜜と毒~逆恨みの復讐』が怖すぎる……

『蜜と毒~逆恨みの復讐』(柏屋コッコ/双葉社)  大人になって、いくつかわかったことがあります。そのうちのひとつは、世の中、ホントに「ごめん」で済んだら警察…

532746双葉社チャンネル

“捨てられない”姑の遺品、嫁の私が片づけるの?――『姑の遺品整理は、迷惑です』

『姑の遺品整理は、迷惑です』(垣谷美雨/双葉社) 『夫の墓には入りません』『老後の資金がありません』(ともに中央公論新社)など、誰もがどきりとするテーマを中…

531279双葉社チャンネル

男性社会で生きづらい女性たちが、「応援する」ことで立ち上がる! マラソンがテーマの痛快小説『負けるな、届け!』

『負けるな、届け!』(こかじさら/双葉社)  他人のことを「応援する」という行為は、とても難しいものだと思う。多かれ少なかれ、誰もががむしゃらに生きている現…

530461双葉社チャンネル

異色の猫マンガ『ウォーキング・キャット』――生ける屍が徘徊する世界を舞台に、ひとりの男と猫の姿を描く!

『ウォーキング・キャット』(北岡朋/双葉社)  ここ数年、「猫マンガ」の勢いが目覚ましい。自由気ままで気まぐれ、かと思いきや、急にすり寄ってきては甘えてみせ…

530476双葉社チャンネル

ASKA「ダメな自分が憧れている理想像が言葉になって表れている」35年ぶりに散文詩集『ASKA 書きおろし詩集』刊行!【インタビュー後編】

 独自のスタイルで紡いだ55編は、歌詞を書く手法に由来するスタイルのもの、エッセイや紀行文を彷彿させるものなど、様々な詩の世界を読む人に見せていく。心…

524031双葉社チャンネル

ASKA「できれば、この詩を“散文歌”と呼んでほしい」35年ぶりに散文詩集『ASKA 書きおろし詩集』を刊行!【インタビュー前編】

 耳に馴染んだそのフレーズが、唇からこぼれたとき、メロディを奏でる言葉が、自分のなかを巡り、小さな宇宙を形づくるようにどんどん膨らんでいく。ASKAさ…

524027双葉社チャンネル

あの日、やれたかも…? 新エピソードを判定!『やれたかも委員会』3巻は『おとちん』こだまさんとの対談も収録!

『やれたかも委員会』(吉田貴司/双葉社)  男はフォルダごとに保存し、女は上書き保存をする。これは「恋愛」における格言だ。確かに周囲の男性陣を見渡してみても…

526729双葉社チャンネル

『ペンデュラム』『レムナント』の羽純ハナが描く人外BL新作、攻めの正体は、まさかの“あの妖怪”――!!

『妖かしの箱庭に浮かぶ月』(羽純ハナ/双葉社)  2016年のコミックスデビュー以来、各種BLランキングで高評価の獣人オメガバースシリーズ『ペンデュラム』『…

524024双葉社チャンネル

高橋一生×川口春奈 W主演映画『九月の恋と出会うまで』のあまりにも切ない展開から目 が離せなくなる!

『九月の恋と出会うまで』(松尾由美/双葉文庫)  この春、高橋一生×川口春奈 W主演映画に、心がときめかされることは間違いない。映画『九月の恋と出会うまで』…

523191双葉社チャンネル

ゲーセンは一番近所のテーマパーク! 陰で支えるスタッフの悲喜こもごもは…

『ちこはゲーセン一番星!』(とく村長/双葉社)  ゲームセンター、略してゲーセン。駅前やショッピングモールなどに位置し、賑やかな雰囲気を漂わせている。店頭に…

520728双葉社チャンネル

7年におよぶ職場での危険な不倫を官能的に描いた人気作『パーフェクト・クライム』――ドラマも話題!

『Perfect Crime(パーフェクト・クライム)』(月島綾:漫画、梨里緒:原作/双葉社)  トリンドル玲奈と桜田通がセクシーシーンを熱演!? と話…

518740双葉社チャンネル

新たに、未公開分やデート風カットも!! 声優・斉藤壮馬の『SOMA SAITO 本にまつわるエトセトラ PHOTO BOOK』

 声優・斉藤壮馬。第9回声優アワードで新人男優賞を受賞し、『ハイキュー!!』(山口忠役)、『アカメが斬る!』(タツミ役)、『ピアノの森』(一ノ瀬 海役)…

515674双葉社チャンネル

何をやってもダメな男が、社内問題を“文章”で解決! お仕事小説『会社を綴る人』

『会社を綴る人』(朱野帰子/双葉社) 『わたし、定時で帰ります』や『対岸の家事』など話題作を手掛けてきた作家・朱野帰子さんの最新作『会社を綴る人』(双葉社)…

517638双葉社チャンネル

『弟の夫』作者が描く、ゲイであることに悩む高校生の日常

『僕らの色彩』(田亀源五郎/双葉社)  日常で私たちが「色」として認識しているのは、ものが光を反射した結果見えているものだ。赤い光を反射するから熟したトマト…

516321双葉社チャンネル

もっとみる