読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

誉田哲也

誉田哲也 写真=川口宗道
職業・肩書き
作家
ふりがな
ほんだ・てつや

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1969年8月18日生まれ。東京出身の小説家。中学時代からロックバンドを始め、学習院大学経済学部経営学科を卒業後は、家業を手伝いながらプロのミュージシャンを目指す。90年代の後半、ミュージシャンの道は諦め、知人に勧められ格闘技ライターとして寄稿を始める。その後、小説家を目指すために執筆活動を始め、2002年、『ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華』(2003年、学習研究社)で「第2回ムー伝奇ノベル大賞」優秀賞を受賞し、デビューを果たす。2003年には『アクセス』(2007年、新潮社)で「ホラーサスペンス大賞特別賞」を受賞。その後、警察小説シリーズ『姫川シリーズ』の第一作『ストロベリーナイト』(2006年、光文社)は「第9回大藪春彦賞」候補にあがり、2013年には竹内結子主演により映画化(東宝)された。また、青春小説『武士道シリーズ』の『武士道セブンティーン』(2008年、文藝春秋 )は、2009年に「第24回坪田譲治文学賞」候補になった。

27歳の門倉美咲と25歳の伊崎基子、2人の女性警官を主人公とした警察小説シリーズ『ジウ』は、『ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係』(2008年、中央公論新社)、『ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊』(2009年、中央公論新社)、『ジウ〈3〉新世界秩序』(2009年、中央公論新社)の三部作で始まった。その後、スピンオフ作品の『国境事変』(2007年、中央公論新社)、『ハング』(2012年、中央公論新社)、『歌舞伎町セブン』(2013年、中央公論新社)、『歌舞伎町ダムド』(2014年、中央公論新社)、『歌舞伎町ゲノム』(2019年、中央公論新社)が発表された。また、『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』としてテレビ朝日系列でテレビドラマ化された(2011年7月29日-9月23日、全9話)。

その他の著書に、『月光』(2006年、徳間書店)、『世界でいちばん長い写真』(2010年、光文社)、『プラージュ』(2015年、幻冬舎)、『ノーマンズランド』(2017年、光文社)、『ノワール-硝子の太陽』(2018年、中央公論新社)など多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2002年
『ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華』第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞
2003年
『アクセス』第4回ホラーサスペンス大賞 特別賞

「誉田哲也」のおすすめ記事・レビュー

『ストロベリーナイト・サーガ』要潤が演じる“最凶の殺人鬼”が大反響「強すぎて笑う」

『ストロベリーナイト・サーガ』要潤が演じる“最凶の殺人鬼”が大反響「強すぎて笑う」

『ストロベリーナイト』(誉田哲也/光文社)

 6月13日(木)に、二階堂ふみ、亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』第10話が放送された。この回で放送された『ブルーマーダー』は、二部構成のうちの前編。“シリーズ最凶”と言われ、圧倒的な強さを誇る殺人鬼「ブルーマーダー」に視聴者からは「強すぎて笑う」「しばらく国外で傭兵やってた設定とかないの?」などと驚きの声があがっている。

 同ドラマは誉田哲也の警察小説「姫川玲子」シリーズ(光文社)を原作として、2010年から竹内結子主演で連続ドラマや映画が制作された人気作。今回はキャストを一新し再映像化となった。ノンキャリアでありながら、直感と飛躍した思考、行動力を武器に班を率いる女性警部補・姫川玲子(二階堂ふみ)が、班員の菊田和男(亀梨和也)らとともに、数々の難事件の真相に迫る。

 池袋のビル内で、池袋界隈で勢力を持つ暴力団「秋葉組」の組長・河村丈治(湯江タケユキ)が撲殺死体で発見される。残った傷から、犯人はまずターゲットの両鎖骨と脊椎を折り、両腕両足を動かせない状態にした上で殺害すると…

全文を読む

『ストロベリーナイト・サーガ』二階堂ふみのキャラ変に激震「違うドラマはじまったかと笑」

『ストロベリーナイト・サーガ』二階堂ふみのキャラ変に激震「違うドラマはじまったかと笑」

『ストロベリーナイト』(誉田哲也/光文社)

 6月6日(木)に、二階堂ふみ、亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』第9話が放送された。第9話は、2週にわたって放送された『インビジブルレイン』の全容が明かされたあと、新しいエピソード『アンダーカヴァー』を放送するという二部構成。その大胆な構成力に驚きの声が続出している。

 同ドラマは誉田哲也の警察小説「姫川玲子」シリーズ(光文社)を原作として、2010年から竹内結子主演で連続ドラマや映画が制作された人気作。今回はキャストを一新し再映像化となった。ノンキャリアでありながら、直感と飛躍した思考、行動力を武器に班を率いる女性警部補・姫川玲子(二階堂ふみ)が、班員の菊田和男(亀梨和也)らとともに、数々の難事件の真相に迫る。

 2週にわたって放送された今回の事件は、姉を暴力団員の小林充に殺された柳井健斗(寺西拓人)が、暴力団「西堂組」の傘下「極桜会」会長・牧田勲(山本耕史)に、警察情報と引き換えに小林の殺害を請け負ってもらったところから始まった。牧田の舎弟・川上義則が小林を殺害。その後川…

全文を読む

“竹内結子版”ファンも脱帽! 『ストロベリーナイト・サーガ』第7話の出来栄えに拍手喝采「山本耕史ありあり!」

“竹内結子版”ファンも脱帽! 『ストロベリーナイト・サーガ』第7話の出来栄えに拍手喝采「山本耕史ありあり!」

『ストロベリーナイト』(誉田哲也/光文社)

 5月23日(木)に二階堂ふみ、亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』第7話が放送された。第7話は、2013年に竹内結子主演で公開された映画『インビジブルレイン』の前編。放送終了後「本家大ファンだけどこっちも好きだわ」「(今作のほうが)小説に忠実」と称賛する声が続出している。

 同ドラマは誉田哲也の警察小説『姫川玲子』シリーズ(光文社)を原作として、2010年から竹内結子主演で連続ドラマや映画が制作された人気作。今回はキャストを一新し再映像化となった。ノンキャリアでありながら、直感と飛躍した思考、行動力を武器に班を率いる女性警部補・姫川玲子(二階堂ふみ)が、班員の菊田和男(亀梨和也)らとともに、数々の難事件の真相に迫る。

 第7話では、暴力団「西堂組」の下部組織「六龍会」の構成員・小林充(古野陽大)が惨殺される事件が発生。やがて特別捜査本部に「小林充を殺したのは“ヤナイケント 24歳”」とボイスチェンジャーを用いた“タレコミ”の電話が入る。姫川らが捜査をしようとするが、警察上層部は…

全文を読む

通り魔事件に意外な真実!『ストロベリーナイト・サーガ』第6話 犯人の動機に視聴者涙

通り魔事件に意外な真実!『ストロベリーナイト・サーガ』第6話 犯人の動機に視聴者涙

『ストロベリーナイト』(誉田哲也/光文社)

 5月16日(木)に二階堂ふみ、亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』第6話が放送され、犯人の悲痛な動機に視聴者からは「ずっと泣きっぱなし。涙が止まらない」「考えされられるし泣かされる。これは皆に見て欲しい」と感情を揺さぶられたという声が多く上がっている。

 同ドラマは誉田哲也の警察小説「姫川玲子」シリーズ(光文社)を原作として、2010年から竹内結子主演で連続ドラマや映画が制作された人気作。今回はキャストを一新し再映像化となった。ノンキャリアでありながら、直感と飛躍した思考、行動力を武器に班を率いる女性警部補・姫川玲子(二階堂ふみ)が、班員の菊田和男(亀梨和也)らとともに、数々の難事件の真相に迫る。

 第6話では、峰岡里美(黒沢あすか)という中年女性が路上で若い男に刃物で襲われ、近くにいた会社員の男性が巻き添えを食らって亡くなってしまう。入院中の里美の様子を不審に思った姫川が里美の戸籍を調べると、「重樹」という今年18歳になる息子がいることが判明。しかし、重樹には小学校に入学した…

全文を読む

最終回が第2話目に!? 二階堂ふみ×亀梨和也W主演ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』まさかの展開でファンが驚愕!

最終回が第2話目に!? 二階堂ふみ×亀梨和也W主演ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』まさかの展開でファンが驚愕!

『ストロベリーナイト』(誉田哲也/光文社)

 4月18日(木)に二階堂ふみ、亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』第2話が放送され、視聴者からは早くも「最終回はどうなっちゃうんだろう」と期待する声があがっている。

 同ドラマは誉田哲也の警察小説「姫川玲子」シリーズ(光文社)を原作として、2010年から竹内結子主演で連続ドラマや映画が制作された人気作。今回はキャストを一新し再映像化となった。ノンキャリアでありながら、直感と飛躍した思考、行動力を武器に班を率いる女性警部補・姫川玲子(二階堂ふみ)が、班員の菊田和男(亀梨和也)らとともに、数々の難事件の真相に迫る。

 第2話では、多摩川土手から成人男性の左手首が発見される。工務店従業員の三島耕介(堀井新太)の証言と左手首の指紋から、手首は工務店経営者の高岡賢一(寺脇康文)のものと判明。事件当日の朝、耕介が出勤するとガレージの床が血の海になっていたため、高岡の身になにかあったのではと捜していたらしい。

 耕介は幼い頃に、坂林建設で鳶として働いていた父親を転落事故で亡くしており、その後父…

全文を読む

亀梨和也「大切なこのバトンを胸に走り抜けたい」『ストロベリーナイト』二階堂ふみ&亀梨W主演で再ドラマ化!

亀梨和也「大切なこのバトンを胸に走り抜けたい」『ストロベリーナイト』二階堂ふみ&亀梨W主演で再ドラマ化!

『ストロベリーナイト』(誉田哲也/光文社)

 誉田哲也の大ヒット小説「姫川玲子」シリーズが、キャストを一新して再びドラマ化されることが決定。二階堂ふみと亀梨和也のダブル主演とあって、話題になっている。

 原作となる小説は、ノンキャリアでありながら27歳で警部補に昇任した敏腕女刑事・姫川玲子の活躍を描いた作品。2010年には初のテレビドラマ化もされ、竹内結子と西島秀俊が出演。2013年には映画版も公開されている。

 ドラマは「ストロベリーナイト・サーガ」として制作され、姫川役を二階堂、姫川の部下であり相棒・菊田和男を亀梨が演じることが明らかに。また“ガンテツ”と呼ばれる姫川の天敵・勝俣健作役として、江口洋介の出演も決定した。ストーリーは原作でも人気のエピソードに加え、青い仮面の猟奇的殺人鬼を追う『ブルーマーダー』を初の映像化。「『ブルーマーダー』すごく好きだから早く見たいなぁ」「新しい姫川班はどんな演技を見せてくれるんだろう」と期待の声が後を絶たない。

 二階堂は姫川を演じるにあたって、「初めての刑事役でドキドキしております。原作ファンの方々にも楽しんで…

全文を読む

高杉真宙主演で誉田哲也『世界でいちばん長い写真』実写映画化決定! ファンからは期待の声続々

高杉真宙主演で誉田哲也『世界でいちばん長い写真』実写映画化決定! ファンからは期待の声続々

『世界でいちばん長い写真』(誉田哲也/光文社)

 実話を基にした青春群像小説『世界でいちばん長い写真』が、高杉真宙主演で2018年に映画化されることが分かった。この発表にファンからは「カメラ男子の真宙くんとひまわり畑なんて素敵な映画になる予感しかない!」と大きな反響を呼んでいる。

 同作は、『武士道シックスティーン』や『ストロベリーナイト』などの作品で知られる誉田哲也の小説が原作。仲良しだった親友が転校してしまい日常の輝きを失ってしまった宏伸が、祖父の経営する古道具屋で360度回転するカメラを発見したことから、目標に向かって進み始める姿を描いている。山本新一が実際に開発した360度回転パノラマカメラと、ギネス認定されたパノラマ写真を題材にしていることも話題となった。

 原作者の誉田は“世界一長い写真”を目の当たりにした際に「自然と涙があふれ出た」ことを明かした上で、小説に写真は載せられないものの「写真そのものを映像で観せられるわけですから、感動するに決まってます。面白いに決まってます」とコメント。原作ファンからも「写真が余韻を残す大好きな小説だから映画…

全文を読む

歌舞伎町が再び血に染まる…誉田ノワールの真骨頂『歌舞伎町ダムド』ついに文庫化!【インタビュー】

歌舞伎町が再び血に染まる…誉田ノワールの真骨頂『歌舞伎町ダムド』ついに文庫化!【インタビュー】

『ジウ』の戦慄から6年――伝説の殺し屋集団〈歌舞伎町セブン〉が、新宿の裏社会に現れた! 誉田ノワールの決定版として話題を呼んだ『歌舞伎町セブン』。そのシリーズ第2弾『歌舞伎町ダムド』が、2月に文庫化された。歌舞伎町が再び血に染まり、〈ジウ〉サーガのすべてがここにつながる。誉田哲也さんのインタビューとともに、シリーズの魅力をご紹介!

『歌舞伎町ダムド』 中公文庫 720円(税別)

ほんだ・てつや●1969年、東京生まれ。2002年デビュー。03年、『アクセス』でホラーサスペンス大賞特別賞受賞。警察小説「姫川玲子」や「ジウ」シリーズ、青春小説「武士道」シリーズなど、ジャンルを超えて高い人気を集めている。

 水銀の如く研ぎ澄まされた針で相手を即死させる凄腕の暗殺者・陣内陽一、現役暴力団組長・市村光雄、歌舞伎町随一の酒屋の娘・斉藤杏奈。彼ら7人からなる伝説の殺し屋集団〈歌舞伎町セブン〉が、新宿の裏社会を翔ける。目的は金ではない。新宿の街を、人を守るために。 『歌舞伎町セブン』のルーツは、誉田さんの少年時代にあった。

「『必殺仕事人』シリーズが中学の頃から大好…

全文を読む

「誉田哲也」のおすすめ記事をもっと見る

「誉田哲也」のレビュー・書評をもっと見る

「誉田哲也」の本・小説

妖の華 (文春文庫)

妖の華 (文春文庫)

作家
誉田哲也
出版社
文藝春秋
発売日
2010-11-10
ISBN
9784167780029
作品情報を見る
幸せの条件 (中公文庫)

幸せの条件 (中公文庫)

作家
誉田哲也
出版社
中央公論新社
発売日
2015-08-22
ISBN
9784122061538
作品情報を見る
武士道シックスティーン (文春文庫)

武士道シックスティーン (文春文庫)

作家
誉田哲也
出版社
文藝春秋
発売日
2010-02-10
ISBN
9784167780012
作品情報を見る
歌舞伎町ゲノム

歌舞伎町ゲノム

作家
誉田哲也
出版社
中央公論新社
発売日
2019-01-18
ISBN
9784120051593
作品情報を見る
ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)

作家
誉田哲也
出版社
中央公論新社
発売日
2009-01-01
ISBN
9784122051065
作品情報を見る
ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

作家
誉田哲也
出版社
中央公論新社
発売日
2008-12-01
ISBN
9784122050822
作品情報を見る
主よ、永遠の休息を (中公文庫)

主よ、永遠の休息を (中公文庫)

作家
誉田哲也
出版社
中央公論新社
発売日
2016-03-18
ISBN
9784122062337
作品情報を見る
ヒトリシズカ (双葉文庫)

ヒトリシズカ (双葉文庫)

作家
誉田哲也
出版社
双葉社
発売日
2012-04-12
ISBN
9784575514933
作品情報を見る

「誉田哲也」人気の作品ランキングをもっと見る